桜とMINI

マイナートラブルに見舞われていたMINIですが、
いくつかの修理を経て、ようやく、安心して乗れるようになりました。
というわけで、テストを兼ね、昨日の日曜、
MINIでドライブを兼ねて出掛けてみました。

出掛けた先は、
私にとって定番のドライブコースのひとつである、信州の開田村です。
こちらのコースは、上り坂あり、下り坂あり、急カーブあり、という多彩さで、
クルマの挙動を試すのには、とても好都合かもしれません。
それに、なにより景色がすばらしく、ドライブするには楽しい道です。

この日は、天気もよく、もはや、暖かいという程度ではなく、
汗ばむほどでした。

MINIは快調で、何事もなく進んでいきます。
修理をしてもらったクルマ屋さんによると、ウォーターポンプに負担をかけないために、
ファンベルトは若干緩めに張ってある、とのことで、
そのために、もしかすると、ベルト鳴きがあるかもしれない、と、いわれていましたが、
そんなこともなく、まったくの正常です。

快適なドライブ

クルマ通りもほとんどなく、快調に飛ばせます。
しかも、傍らには桜も咲いていて、
あたりは、春らしいすがすがしさにあふれています。

その後、進路を王滝村へと取ります。
こちらには、名古屋を含む中京地区に、飲料水などを供給している、
牧尾ダムがあります。

牧尾ダムの桜

牧尾ダムのダム湖である御岳湖を囲む道路に乗り入れ、
車窓から、このダムに隣接する公園に、ふと目をやると、
きれいな桜並木が見えました。

というわけで、すぐさま、この公園にMINIを乗入れてみました。

快晴の日曜、しかも、満開の桜がありながら、この公園にはあまり人がいません。
まさに、花見の超穴場です。
おそらく、花見をする場所としては、人里から離れすぎているのかもしれません。

御岳湖を臨む

しかも、公園からは、御岳湖も臨めます。

というわけで、この公園の桜の下で、もってきたお弁当を広げ、
昼食タイムとしました。

坂道を昇って

その後は、牧尾ダムのダム湖を左に見ながら、さらに奥へ。西へと進んでいきます。
そして、急な上り坂を延々と昇り、おんたけ2240スキー場へ。

二年前の秋、ここに来た時には、ゲレンデのずっと上までクルマで登れたのですが、
今回は、途中で、通行止めにされていました。

おんたけ2240スキー場

予想したほど、雪はありませんでした。
それでも、ゲレンデのそこかしこに、白くうずくまる残雪が見受けられます。
春のゲレンデというのも、また、のどかでいいですね。
彼方に見える御岳の姿もすばらしいです。
陽気に誘われ、あたりをブラブラと散歩してみました。

青空とリフト

役目を終えたリフトが、ひなたぼっこをしていました。

その後は山を下り、今度は、王滝村の自然湖という場所に向かってみます。

自然湖の埋没林

かなり細い山道をひた走り、着いたところがここです。
湖のなかに、木々が半ば水没しています。
五年ほど前、この場所を偶然発見し、ぜひとも、また、来てみたい、と、
思っていたのですが、ようやく、その願いがかないました。

王滝村は、二十年ほど前、
大規模な地震と、それにともなう土石流災害に見舞われたところですが、
その地震が、川を塞き止めて、このような光景を作ったのでしょうか…。

由来はわかりませんが、とても幻想的な光景で、しばし、見入ってしまいました。
(でも、この時は、近くに猿の群れがいて、ちょっと怖かったです)

こうして、テストドライブどころか、山道を一日中走るという、
かなり過酷なドライブとなってしまいましたが、MINIは快調に走り抜けました。

また、信州に行きたいです。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/231-8d5d3431
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)