善光寺御開帳

いよいよゴールデンウイークに突入しましたネ。

というわけで、かねてから行こうと思っていた、長野の善光寺に、
昨日(30日木曜)、行ってみました。
今年、善光寺では、七年に一度の御開帳(ごかいちょう)が、五月末まで催されており、
どうしても、この時期に、いってみなくては、と、思っていたのです。

善光寺行きの日を30日にした理由は、
連休中とはいえ、この日は、土日でも祝祭日でもないいわば平日であり、
ある程度は、混雑を回避できるのでは、という思いがあったからです。

というわけで、出発予定日の前日である29日に、
MINIのオイル交換を行い、長野市までのドライブに備えました。
(ちょうど、オイル交換をしなければならない距離数になっていましたし…)

さて、当日は朝から絶好の好天。
ネットやニュースの天気予報によると、全国的に終日晴れるとのことで、
行楽には、まさにうってつけの日となりました。

ところが、私もヨメも朝から寝坊…。
結局、出発は8時半を回ってしまい、ちょっと遅いスタートとなってしまいました。
(といっても、まあ、寝坊はいつものことですが…)

安房トンネルを超えて

さて、ここ飛騨高山から、善光寺のある長野市に向かうには、
まず、国道158号線に乗って、ほぼ真東に進路を取って、
岐阜県と長野県との県境にある温泉地「平湯」を目指すこととなります。

平湯には、安房トンネルという、ふたつの県をまたぐ長いトンネルがあり、
ここを抜けて、松本方面へと向かいます。
いつもは、このトンネルを通らず、細く急な峠道を通って長野県に行くのですが、
いまの時期は、峠はまだ、積雪のため閉鎖されており、トンネルが唯一のルートです。

松本市に着いたら、今度は国道19号線に乗って、北を目指します。
もちろん、松本市から長野市までは、高速道路を使って行くことが可能ですが、
私のMINIには、ETCなどというものはついておらず、料金割引の恩恵は受けらないので、
(まあ、もっとも、この日は割引のない平日ですが)
一般道である国道19号線に乗って、一路、長野を目指すことにしました。

長野への道

この日、国道19号は、渋滞などまったくなく、
極めてスムースに走ることができました。
空は青く、左手には北アルプスを臨むことができ、
とても、爽快な気持ちになります。

そして正午を少し回った頃、ようやく長野市に到着。

さて今度は、駐車場を捜さなくてはなりません。
とりあえず、善光寺の裏手にある善光寺駐車場のあたりに行ってみますが、
やはり、クルマの列ができています。
平日とはいえGW。
しかも御開帳の時期ですから、いつもの休日より、人出は多いようです。

そんなわけで、市内をグルグルすること15分ほど。
ようやく、長野駅と善光寺の中間のあたりに、無事、クルマを止めることができました。
(車高の低いMINIは、駐車場によってはマフラーの触媒あたりを擦ることがあるため、
 駐車場選びには、毎回苦労します)

それでは、いよいよ善光寺へと向かいます。

表参道に行くと、たくさんの観光客の姿がありました。
この通りには、明治時代に建設されたと思われる古い西欧風建築物が多くあり、
ついつい、あちこち、見入ってしまいます。

善光寺山門

仁王門くぐって山門へ。
以前、善光寺を訪問したさい、この山門は修復中で、
味気ない覆いが架けられていましたが、今回は、
その威容をしっかりと見ることができました。

しかも、いま、この山門へも一般客が入れるようで、山門の上部の階には、
観光客の姿が、そこかしこに見えました。

善光寺と回向柱

ついに、善光寺本堂へ。
あたりはいよいよ混雑を極めてきます。
平日といえども、連休の中日は、やはり多くの参拝者で賑わっています。

本堂の前に立てられている木の柱は、
回向柱(えこうばしら)と呼ばれるものです。
この回向柱に触れることで、善光寺ご本尊とのご縁が結ばれるとのことで、
参拝客の多くは、この柱に触れようと、長い行列を作っていました。
もちろん、私も触れてきました。

その後は、拝観料を支払って本堂のなかへと入り、
七年に一度、開帳される前立本尊(まえだちほんぞん)を参拝します。

ここから先は、撮影禁止のため、画像はありませんが、
とにかく、本堂のなかはすごい人です。
まるで、通勤電車並みの混雑です。

それにしても、本堂は、重厚ですばらしい建物です。
天井も、柱も、建築後の長い年月を物語るかのように、どれも黒く煤けたように見え、
ストイックな雰囲気をかもしています。

結局、本堂のなかに入って一時間ほど待って、
ようやく、前立本尊を参拝することができました。
周囲を照らす赤みを帯びた蝋燭の光が、とても厳かで、かつ幻想的で、
喧噪のなかにあってさえ、どこか、心休まる思いがします。

さて、その後は、お戒壇巡りへと進むのですが、こちらは、
さらに待ち時間が長くなるとのことです。
しかも、このとき、ヨメは腰痛を悪化させてしまい、
(ただじっと突っ立っていると腰が痛くなるというのです)
結局、今回は、残念ながら、お戒壇巡りをパスすることとなりました。

その後は、あらゆるお経を納めてあるという経蔵(きょうぞう)や、
資料館を見て歩きました。

少し人もまばらに

というわけで、気づけば夕方。
あれほどいた人も、だんだんとまばらになってきました。
というわけで、このあとは、ブラブラとお土産屋さん巡りです。

善光寺名物の一味や、般若心経が書かれた手ぬぐいなどなどを、
いろいろ、買いました。

というわけで、表参道を歩き、途中、コンビニで飲み物を買って、
クルマに乗り、帰路についたのですが、なんと、ヨメ、ここで、
野菜ジュースをこぼしてしまい、着ていた白い服に、ぶどう色に大きな斑点を、
ふたつほどつけてしまいました。

これもまた、忘れられない(?)思い出になりました。

そんな話はさておき、善光寺には、ほんとうに、行ってよかった、と、思います。
次回の御開帳は七年後ですが、また、ぜひ、行きたいものです。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/233-380e4edf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)