分水嶺

さて、気がつけば、風薫る五月も、もう終わりですね。
今月は、ブログの更新がちょっと滞り気味で、反省しきりです。
次の六月は、もう少し、頻繁に更新が出来れば、と、思っています。
(と、思いつつ、できなかったりして…)

さて、今日の土曜日、我が家では恒例の「水汲み」に行ってきました。
ご飯をおいしく炊くためには、まず、水を変えるのが、
いちばん手っ取り早いです。
(炊飯器をもっと良いモノにするというのも、手ですが…)

なにしろ我が家は、山に囲まれているので、水汲み場には、事欠きません。
以前は、ここから北東の方向にある、丹生川町というところの水汲み場に、
よくいったのですが、最近は、位山スキー場のあたりに出掛けています。

この位山スキー場の水汲み場が、我が家からいちばん近いためです。
(我が家からクルマでおよそ10?15分です)

位山への道

その位山スキー場へ行く道が、これです。
木々の間を貫くように、右に左に、道は蛇行して伸びています。

そういえば、私が運転免許を取って間もない頃、夜な夜な、この道に、
クルマの運転の練習に来たことがあります。
日が落ちれば、この道は真っ暗で、ちょっと不気味ですらあるのですが、
当時の私は、そんなことなどおかまいなしに、ひとりで、この道を昇り降りしたものです。
いまでは、懐かしい思い出ですね。

水汲み

そして、この道をクルマで駆け上ることおよそ十五分。
目的の水汲み場に到着です。

水汲み場は林のなかにあり、いつも静かで、私たちの他に、人の姿はありません。
丹生川町の水汲み場などは、国道158線に面しているためか、
必ずと言っていいほど、水を汲む人の姿をみかけるのですが、
ここ位山では、そんなこともなく、毎回、すんなりと水が汲めます。

銘板を嵌め込んだ石碑

また、水汲み場の向かい側には、位山の由来を記した石碑もたっていました。

この石碑のすぐとなりには、分水嶺を示す古い石碑が建っているのですが、
こちらは、まだ真新しいもののようです。

このあたりは、近年になって、スキーシーズンでなくとも、
四季を通して幅広く利用できるよう、高山市が遊歩道などを整備しています。
この石碑も、おそらく、その事業の一環として建てられたのかもしれません。

それにしても、こうして、大地の恵みである清水を、
手軽に持ち帰ることができることは、ほんとうに、ありがたいことです。

ここ位山は、霊験あらたかな山として、知る人ぞ知る山なのですが、
今回も、そんな山に感謝して、ペットボトル四本分の水を持ち帰りました。

今後もまた、こちらで水をいただきたいと思っていますが、
新たな水汲み場も、開拓したいな、とも、思っています。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/237-4ad895a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)