フェリオにて

先月末の日曜、富山市の紀伊国屋まで行ってきました。

私が住んでいる飛騨高山には、大きな書店がないため、
時々、こうして、富山市まで出掛けています。
しかも、今回は、いま、話題になっている、村上春樹の小説「1Q84」を、
実際に、手に取って見てみたいという思いもありました。
(地元の本屋さんでは、この1Q84を見かける機会はありませんでしたから…)

それに、Shadeの指南本など、他にもたくさん見たい本があったので、
ドライブがてら、出掛けてみようと思ったわけです。

富山の紀伊国屋は、以前、このブログにも書きましたが、
総曲輪フェリオという百貨店の七階にあります。
私が知る限り、この富山紀伊国屋は、
富山市内で最も規模が大きく、品揃えも豊富な書店だと思います。
洋書の美術書などもあり、とても重宝しています。

富山市に到着したのは、日曜のお昼過ぎでした。
ところが、いつもの日曜と比べ、
今回は、なぜか、市内の交通量がとても多く、町中も賑やかです。
歩道には、出店のカラフルなテントが、ちらほらと軒を並べています。

どうやら、ちょっとしたお祭りの模様…。
というわけで、総曲輪フェリオ周辺の駐車場は、軒並み、満車のようです。

というわけで、市内をしばしグルグルと回り、目的地からは少し遠い、
市役所の駐車場にMINIを止めることに。

富山市役所

こちらが、その富山市役所です。
この場から、総曲輪フェリオまで歩き、目指す紀伊国屋へと行ったのですが…。

話題の1Q84は、特別にブースが設けられているにもかかわらず、
すでに上巻(1巻)はすでに売り切れ、二冊ほど下巻(2巻)が残っているだけでした。
テレビなどで取り上げられたこともあって、さすがに、たいへんな人気のようです。
海辺のカフカが発売された時も、かなり話題になりましたが、
今回はそれ以上かもしれません。

まあ、また十日もすれば入荷するとのことでしたので、
次回を待ちましょう。

その後、あちこち本を見たり、文房具を見て回ったりしました。
(高山にも、こんな本屋さんがあったらうれしいんですが)

総曲輪フェリオの中庭

さて、そのあとは、祭見物に行ってみようということになりました。
なにしろ、外に出ると、すごく賑やかなのです。
そんな華やいだ雰囲気を目の当たりにすると、思わず、寄り道したくなります。

お祭り見物

それにしても、すごい人出です。
富山市のなかで、これほどの人混みに遭遇するのは、今回が初めてかも知れません。
これでは、クルマを止めるのに往生するはずです。

それにしても、豚インフルエンザが日本中に蔓延しつつあるいま、
人混みのなかに入るのは、ちょっと気が引けるんですが…。
(でも、インフルのことを思い出した時には、すでに祭のど真ん中にいました)

前方に鳥居が…

あちこち見て回るうちに、はるか前方に鳥居が見えてきました。
どうやら、このお祭りは、山王祭というらしく、
富山市の日枝神社のお祭りのようです。
(飛騨高山の春祭も、山王祭と呼ばれています)

鳥居をくぐったら、混雑は激しさをぐっと増しました。
もう、デジカメを構えることもできません。
しかも、出店の数もすごいです。
最初は、ちょっとしたお祭りかと思ったのですが、
実際には、かなり規模が大きいようです。

富山市の神社

こうして、ようやく神社に到着。けっこうりっぱなお社ですね。
せっかくですので、鐘を鳴らして、参拝してきました。

その後は、一目散に人混みを抜け、MINIに戻りました。
次いで、クルマで市内を回り、家電量販店などによって、買い物をして帰ってきました。

それにしても、偶然とはいえ、お祭りを見て回ることができて、
ラッキーだったかもしれません。
(心配していたインフルも、もらわずにすみました)



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント

こんにちわ♪
ご無沙汰しております^^*

富山市内《駅付近や総曲輪》にはここ何年も行ってないですねぇ...
久々に行ってみたくなりました^^


MINIも元気に走ってみえるみたいですね!!
来週末は宜しくお願いします☆☆
雨だけは降ってほしくないと祈りつつ、お二人に会えるの楽しみにしています♪♪
tama│URL│06/06 12:10│編集

tamaさん、こんばんは~!。
コメント、ありがとうございます。

僕も、ちょっと前までは、富山といえば、ファボーレあたりに行っていて、
総曲輪のあたりに行くことなんてなかったんですが、
フェリオができてからは、総曲輪にけっこう頻繁にいったりしています。
紀伊国屋は、品揃えも多くて、いいですヨ。

あっ、そうそう、MINIですが、いまは元気に走っていますよ。
(先日は、いきなり電話しちゃってすみませんでした)
来週は、こちらこそ、よろしくお願いいたします。
(来週の模様は、また、こちらのブログでご紹介したいと思います)
ホントに、雨だけは降ってほしくないですよね。
きっともう梅雨入りしていると思うので、晴れることはないかもしれませんが…。
僕たちも、tamaさんにお会いできるのを、いまから、楽しみにしています。
KEN│URL│06/06 19:18│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/239-4fe868b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)