宇宙飛行士

さて、昨日の続きです。
井波をあとにして、ほどなく、高岡市に到着。
このあたりから、びっしりと雲が垂れ込めていた空が、快晴となってきました。
その後、国道160号線に乗り、いよいよ能登半島へと乗り入れます。

途中、国道415号線に乗り換え、
今度は、能登半島を東から西へ横断するかたちとなりました。

こうして、目指す羽咋(はくい)に到着したのですが、
なんと、またしても雲行きがあやしくなってきました。
この日は、晴れたり曇ったりと、なかなか、天候が安定しない日でもあったようです。

羽咋での目的地はふたつ…。
そのひとつは、コスモアイル羽咋という博物館。
残るもうひとつは、なぎさドライブウェイという、
海岸の砂浜が、そのまま一般の自動車道になっている場所です。

ですが、時刻はすでに四時に近く、ふたつの目標をそれぞれ満喫するのは、
時間的にかなりキツそうです。
というわけで、営業時間に限りがある、コスモアイル羽咋に行ってみることにしました。

コスモアイル羽咋

こちらが、そのコスモアイル羽咋です。

なんでも、羽咋市はUFO伝説のある町だそうで、
それにちなんで、このような、UFOの博物館を作ったようです。
まあ、なんにせよ、UFO博物館なんて、あやしくいかがわしい感じですが…。
(SF好きの私ですが、基本的に、UFO話は信じていません)
でも、話のネタに、今回、入ってみることにしました。

ちなみに、私は、以前にも、ここを訪れたことがあるのですが、
そのときは、すでに五時を過ぎており、なかに入ることは出来ませんでした。
今回は、やっと、内部を見学できました。

入場料は350円。かなりリーズナブルですネ。

展示会場は二階となっていて、
エレベーターは、ブラックライトで星が浮かぶ演出がされていました。
(この演出のため、エレベーター内は一時、消灯されます)

さて、会場に入ってみると…。

予想はいい意味で裏切られました!!。

私は、当初、UFO写真のパネル展示でもされているんだろう、
と、思っていたのですが、実際には、極めて真面目で、
科学的な展示がなされていました。

マーキュリー宇宙船

こちらは、マーキュリー計画で使われた宇宙船の実物大模型です。
レプリカといえばそれまでですが、ハリボテのような雰囲気はなく、
見応えのある作りとなっています。
展示台の説明によると、実物と同じ素材で作られているとのことです。

狭い船内

宇宙船内も極めてリアルに再現されています。
各メーターに配されたケーブルやコードなども、手抜かりなく作られています。
ただ、船内はかなりせまいですね。
閉所恐怖症の人が搭乗したら、息が詰まってしまうでしょう。

それにしても、この宇宙船を見ていると、
映画「ライトスタッフ」を思い出しますネ。ああ懐かしい…。

ボストーク

そしてこちらは、ガガーリンが乗っていた、
ボストーク宇宙船の大気圏突入用カプセルだそうです。

これは、な…、なんと、本物だそうです!。
「地球は青かった」といったあのガガーリンが乗っていた宇宙船が…、
人類初の有人宇宙飛行に成功した宇宙船が…、
能登半島の、さして大きくもない地方都市(すみません)に、鎮座しているのです。

ガガーリンの宇宙船

これは、大きな感動です。
かつて、明治村で、ポーツマス講和会議に使われたテーブルを見た時にも、
感動しましたが、コレも、それに匹敵する衝撃です。

この宇宙船を貸与したロシア政府の書類も、併せて展示されていました。

アポロ指令船

そして、こちらは、アポロ宇宙船の司令船です。
レプリカだそうですが、ハッチの裏側の複雑なヒンジや、ロック機構、
そして船内を埋め尽くしている装置群は、どれも極めて重厚感があり、
レプリカというよりも、訓練用の実物のようにも見えます。
このリアリティには、思わず目をみはります。

月着陸船

そしてこちらは、月着陸船です。
やはり大きいですね。迫力があります。

この月着陸船を、小学校のとき、図鑑などで何度も繰り返し見たものです。
おそらく、私たちの世代は、このゴツゴツとした不格好な宇宙船に、
一種のノスタルジーを感じてしまうのではないでしょうか…。
(その昔、プラモデルなども出ていましたよね)

惑星探査機ボイジャー

さらにこちらは、木星探査機ボイジャーのレプリカです。
こちらも、おもいのほか巨大です。

宇宙を飛行するストラクチャーのため、
地球上では、支えなしに展示することの出来ない構造となっています。

探査装置を設えたトラスフレームもなんだか弱々しい。
ですが、無重力下では、これでも強度的に何も問題はないのでしょう。

サウンドオブアース

そして、見上げるボイジャーの中央部分には、
太陽系の位置を示した、金色に輝く丸い金属板が…。

この金属板は、遥かな未来、
ボイジャーを回収するかもしれない地球外生命体に向けた、人類のメッセージです。
それにしても、こんなに目立つところに、取り付けられているんですね。

円盤のなかには、レコードが収められていて、地球上のさまざまな言語による、
挨拶の言葉が収録されているといいます。

いま、こうしているときも、ボイジャーは、
太陽系から遠ざかる孤独な旅を続けていますが、
そのボイジャーが、旅路の末に、何者かによって回収される、などということは、
ほとんど、万にひとつもないでしょう。
それでも、この円盤を眺めていると、さまざまな思いが、胸をよぎります。

月探査装置ルナ

さて、こちらは、旧ソ連の月面探査機ルナです。
アメリカの同一のメカニックと比べると、そのデザインラインの違いに驚愕します。

もう、このデザインは、レトロフューチャーと呼んでもいいくらいです。
(こちらは、バックアップ用に作られた本物だそうです)

日本海側の町は、地域的に、ロシアと関係が深いことが多いのですが、
ここ羽咋市も、旧ソ連の宇宙船が多数展示されていることから察するに、
ロシアとなんらかのパイプを持っているのかもしれません。

火星探査機バイキング

そしてこちらは、アメリカの火星探査機バイキングです。
レプリカだそうですが、模型には見えません。

それにしても、米ソ双方が宇宙開発に血道を上げた時代があったのだと、
いまさらながら、思い知らされました。

21世紀になったいま、人類は、宇宙開発という夢を、失ってしまったようにも思います。

ロズウェルの宇宙人

そしてこちらは、ロズウェル事件のさい、米軍に捕獲されたとされる、宇宙人の模型です。
なんだか笑ってしまいますが、こうした、UFOにまつわる、
あやしげなモノの展示はわずかで、大半は、人類の宇宙開発を支えた、
とても貴重なガジェットの展示となっており、
ここコスモアイル羽咋は、ほんとうに、予想以上のすばらしい博物館です。
すごいです。ブラボーです。ハラショーです。
(350円という入場料も、グッドです)

とにかく、期待がほとんどなかっただけ(すみません)に、
大満足できた博物館でした。

というわけで、閉店時間まで館内に留まり続けたため、
なぎさドライブウェイに行くのは、すでに時間的に無理で、結局、
そのまま、帰路に着くこととなりました。

途中、氷見という町のあたりで、海辺に面した公園を発見。
MINIを止めて海を見に生きました。

氷見の海岸

またまた天候は回復。
この日は、天気がいいのか悪いのか、よくわからない日でした。
それにしても、やっぱり海はいいですネ。

とにかく、この日は、瑞泉寺を見て回り、
宇宙船を見て回りと、とても充実感がありました。

ミニのドライブ

梅雨があけたら、また、ドライブに行きたいです。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント

博物館、おもしろそーですね。
ちょうど「デセプションポイント」を読んだとこなので
NASAや宇宙開発に興味をもってたところです。
ねさま│URL│06/10 08:33│編集

ねさまさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

この博物館、とってもおもしろかったです。
遠路はるばる行った甲斐がありました。
でも、いっしょに行ったヨメさんは、ぜんぜん興味がないらしく、
途中で会場から出て行ってしまいました。

ところで、デセプションポイントって、どんな本ですか。
わからなかったので、グールグ検索してみました。
あの、ダン・ブラウンの小説なんですね。
ダン・ブラウンが、NASAや大統領選を題材に小説を書いていたなんて、
なんだか、意外な気がします。
KEN│URL│06/10 19:02│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/243-a30d4bd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)