山之村の花

気がつけばもう8月。
本来なら夏たけなわといったところですが、なんと、東海地方は、この期に及んでも、
まだ梅雨が明けていません。
今日の月曜(3日)は、ひさしぶりに好天に恵まれていますが、
昨日の日曜は、またしても雨でした。

その前の土日(7月25?26日)に、
MINIのオイル交換をしようと思っていたのですが、雨のため、断念……。
というわけで、8月最初のこの土日に、オイル交換を延期したのですが、
またしても…、またしても、雨で断念です。

このように、もう、ずっと、土日は雨に祟られています。

すでに替えのオイルも、廃油パックも、オイルエレメントも、
準備してあるんですが、肝心の交換作業ができません。

まあ、エアコンもなく、
夏場はオーバーヒートの危険にたえずさらされるMINIに乗るのは、
正直いってつらいですし、また、ヨメのクルマもあるので、
そんなに慌ててMINIのオイル交換をすることもないのですが、
骨の折れそうなことは、早くすませて、気分的に、すっきりしたいものです。

次週は、晴れるといいんですが…。

さて、そんな、今回の「雨の日曜」も、
またしても、恒例のオデカケすることとなりました。
といっても、急ぎの仕事をかかえているため、午前中は仕事。
お昼直前からの出発となりました。
(そこまでして行くか、って感じですネ)

あいにくの天気。

それにしても、この天気です。
雨が降り続くうえに、霧まで発生する始末。遠くには出掛ける気力なし。
というわけで、先週同様、県内の近場へドライブとなりました。

というわけで、今回の目的地は「山之村牧場」というところになりました。
そこは、私が住むここ飛騨高山から、クルマでおよそ一時間半くらいの距離にあります。

山之村牧場は、山深い岐阜県飛騨地方のさらに奥深くにある「山之村」という集落にあり、
ソーセージやヨーグルトの手作り体験ができる、といった、
総合的な自然体感型アミューズメント施設として、5?6年ほど前にオープンしました。
ですが、管理会社と地元自治体との対立や、
思うように集客が伸びないなどの理由で、一度は閉園になったといいます。

ところが、その後、地元の有志が出資し合って、再度、オープンにこぎつけたといいます。

もっとも、この山之村というところは、以前から深刻な過疎に悩んでおり、
牧場の閉鎖は、いっそうの過疎化を招きかねません。
そのため、再オープンは、地元の人たちの悲願だったようです。

なにしろ、この村に至る道は、道幅こそ確保されているものの、勾配が急で、
雪の降る冬場は、除雪されてもなお、通行にはかなりの困難を伴いそうです。

山之村の風景

しかも、周辺の町(高山市、飛騨市)などからも離れていて、
まさに、秘境のようなところです。
村落には、白川郷のような合掌造りの家があるのですが、
これが普通の民家なのです。

山之村牧場

で、コチラがその山之村牧場。

あいにくのお天気のため、なんだか少し寂しげに見えますが、
晴れていれば、とても眺めのいいところだと思います。

ちなみに、この施設は、以前、入場料が必要でしたが、
再オープン後は無料になりました。
(ちょっとうれしいですネ)

施設内には、この施設のオリジナル商品である、
ソーセージやヨーグルトなどを販売する売店や、大きなレストランなどがあり、
天候に恵まれれば、楽しめる施設だと思います。

もちろん、牧場だけに、ジャージー牛などの牛も、
あちこちで見かけることができます。

さて、その後は、山を下り、国道417号線を南下。
新穂高温泉を目指して、ドライブしてみます。

かつて、新穂高温泉に行くのは、細い山道を走らなければならず、
運転には神経を使ったものですが、いまでは、
立派なトンネルが整備されていて、難無く、現地に行くことができます。

中尾温泉の足湯

で、あたりをグルグルしていると、なんと、足湯を発見。
しかも、あたりには、私たち以外、誰もいません。
というわけで、さっそく、この足湯に入ってみることに。

ところが、この足湯。熱いです。激熱です。
とても入っていられません。というわけで、下流へと避難します。

こちらは、適度な温度になっていて、
(それでも、足湯としてはかなり熱いほうです)
まあ、はいっていられます。

おりしも、雨はほとんどあがっており、ここで、十分ほど、
しっかり足を温めてきました。
(考えてみれば、二週連続で足湯に浸かっています)

あたりは、そこかしこで湯気が立ち上り、硫黄の臭いが立ち籠めています。
しかも、雲間を通して、焼岳の姿も垣間みることができました。
天気がよければ、さらに景観がすばらしいと思います。

そして、帰宅。
そのまま、また、仕事に戻ったのでした。

山之村のテンサンラリー




●ブログランキングに参加しました。
コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/253-e83033b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)