下呂の町

昨日は、ほんとうに久しぶりに、好天に恵まれました。
空の青さが目にしみました。

さて、そんな夏らしい天気となったこの日は、
ここ飛騨高山からクルマで一時間ほどの距離にある「下呂温泉」という温泉街で、
夏の花火ミュージカル、と銘打たれた催しが行われることになっていました。

花火ミュージカルとは、音楽にあわせて花火を打ち上げるもので、
下呂温泉では、毎年、8月と12月に行われています。
(こうしたかたちの催しは、下呂だけでなく、各地で行われているみたいですネ)

といっても、私はこの日、あるイラストのお仕事の「返事待ち」状態…。
お昼にラフを提出したのですが、それで作業を進めていいのか、
はたまた修正が発生するのか、結果を待っていたのです。
連絡が入れば、翌日の午後六時に、最終的な画像を納品しなければならないため、
本来であれば、そのまま自宅に待機して、連絡を待たなくてはなりません。
が、夕方になっても、先方から、メールも電話もないため、この調子では、
今日の連絡はないのだろうと判断し、思い切って出掛けちゃうことにしました。

下呂温泉に向かうには、国道41号線をほぼ真南に走ることとなります。
現地に到着したのは、午後七時くらいだったのですが、
すでにもう、下呂市が用意した無料駐車場(学校のグラウンド)は、
満杯になっているとのことでした。
もっとも、花火会場からかなり離れている場所まで行けば、
空いている駐車場はあるといいますが、そこはあまりにも遠いのです。

あたりはまだ明るく、花火が始まるまで一時間強の時間があります。
時間にはけっこう余裕をみて家を出たつもりだったのですが、
どうもその考えは、甘かったようです。

聞けば、花火とあわせて、夏祭りも行われるらしく、なるほど、
クリスマスの時の花火ミュージカルよりも、人出は段違いに多いようです。

昨年のクリスマス花火ミュージカルの模様はコチラ

というわけで、仕方なく有料駐車場にクルマを入れ、下呂市の中心へ。
町中は、カップルや家族連れなどで、ごった返していました。
やはり、このくらい賑やかだと、お祭り気分も盛り上がってきます。

花火を見るための会場へは、飛騨川にかかる大きな橋を渡らなければなりませんが、
その橋のあたりは、あまりにも人が多く、それにまだ、いくらかまだ時間もあるので、
しばらくのあいだ、逆の方向に…、
坂道に面した小さな川沿いを、散歩してみることにしました。

夏祭りの町

このあたりは、ホテルやみやげ物屋さんが、軒を並べています。
赤みを帯びた街灯が、あたりをほんのりと染め、温泉街らしい風情を醸し出しています。
このあたりは、また日をあらためて、散歩に行きたいですネ。

祭提灯

そしてこちらは、通る道すがら見つけた、提灯の群れ。祭気分を盛り上げてくれます。

こうして、散策を終え、ふたたび、飛騨川にかかる大橋のたもとまで戻ってきたのですが、
当然のことながら、人混みはさきほどよりさらに増していて、橋の周辺にさえ、
近づくのが困難となりました。

というわけで、ふたたび町中をブラブラしながら、さほど人が多くない、
適当な花火見物ポイントを捜すことにしました。

そうして行き当ったのが、小高い位置にある駐車場。
そのすぐ下には、眼下の道路に降りるための、細い階段と小径があり、
このあたりからだと、花火を間近で見られそうでした。
(すでに何組かのカップルが、周辺に陣取っていました)

そして8時を迎えると、開会のアナウンスが流され、
と、思う間もなく、上空へに向かって、色とりどりの光が、いくつも登っていきます。

花火が始まる

どうやら、この場所は花火の打ち上げ現場から思いのほか近いようで、
ドンドン、という炸裂音が、腹の底まで響いてきます。

というわけで、大迫力の花火を満喫することができました。

夏の花火

BGMは雑多というか、バラエティに富んでいます。
J-POPに始まり、ビバルディの春、津軽三味線がうなる曲、
そして、ウイアーザワールド、ABBAのダンシングクイーンなどなどです。
そして、冬場にも使われていた、ホルストの「木星」も、やっぱり流されていました。

乱れ飛ぶ光

冬の花火もいいのですが、やっぱり、夏の花火は格別ですね。
こうして、およそ一時間のあいだ、しっかりと花火を堪能してきました。

本来なら、このあと、夏祭りに繰り出したかったのですが、
渋滞が始まる前にすぐさま帰宅することに。

煙る町

クルマを止めた駐車場に行く道は、なんと、花火の煙で真っ白に。
なんだか、幻想的な風景になっていました。
(でも、やっぱり、夏祭りに行きたかったです)

ちなみに、ラフの返事は、帰宅後にありました。
今日、修正作業をして、夕方、無事納品しました。






コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/254-bbb391e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)