日本のチロル

さて、世の中は、シルバーウィークということで、
行楽地はどこもたいへんな賑わいを見せているようです。
私の住む、ここ飛騨高山も、その例外ではなく、
市の中心部付近では、他県ナンバーのクルマで大渋滞となっていました。
(休みの期間中、町中をクルマで通り抜けるのは、骨が折れそうです)

と、そんな連休も、我が家では関係のないことなのですが、
世が連休で浮かれているとなると、やはり、長い休みとまではいかないまでも、
ちょっとくらいはどこかに出掛けてみたくなってしまいます。

折しも、先週の土曜、半月近くにわたって、
修理のため入院していたMINIが、ようやく、我が家に戻ってくることとなりました。
これで、連休中、MINIでお出掛けができそうです。

というわけで、修理屋さんまでMINIを受け取りに行き、そのまま、
わずかながらテストドライブそしてみることにしました。

桜野のミニ

エンジンは好調で、秋晴れの空のもと、気持ちよく走っていたのですが、
40kmほど走ると、また、足回りから異音発生。
つまり、まったく治ってないのです。
というわけで、そのまま、受け取りにいった修理工場にUターンと相成りました。

が、結局、どこが悪いのかわからないとのことで、とりあえず、
右前輪のハブベアリングを交換することになりました。
ただ、すでに連休に入っているため、部品を取ることはできず、
休み明けから作業に入るということになるとのことです。
すなわち、この連休にMINIに乗ることはかなわなくなりました。
ちょっとショックです。
それよりもなによりも、MINIが直るのかどうか、いささか不安です。
異音が出るのは走行40?50kmを超えたあたりからです。
それ以前には症状はまったく出ません。
(異音が出てからも、運転に支障をきたすようなことは何も起こらないのですが)
もし、ハブベアリングの不具合なら、走り出した当初から症状が出てもよさそうですが…。

…と、そんなわけで、昨日の月曜、本来ならMINIで出掛けたいところだったのですが、
またしても、ヨメのクルマで出掛けることになりました。

今回の行く先は、日本のチロル、と呼ばれている、
長野県南部の「下栗の里」-しもぐりのさと-です。

この下栗の里というのは、急峻な山の斜面に、
まるでへばりつくように集落がある場所とのことで、
斜面のそこかしこを畑や農地として利用しているといいます。

先日、この地が、テレビ番組で取り上げられていて、
それを見て以来、ぜひ行ってみたいと思っていたのです。

下栗の里があるのは、長野県飯田市の東、ということで、
まずは、飯田を目指してクルマを走らせます。

ここ飛騨高山から飯田を目指すとなると、そのコースはほぼ二通りにしぼられます。
ひとつは、岐阜県坂下町を経由し、妻籠、清内路、昼神を通って、飯田に至るコース。
もうひとつは、木曽福島を経由し、権兵衛トンネルを抜けて伊那に至り、
そこから南進して飯田を目指す、というものです。
今回は、道中の眺めの楽しむため、後者のルートを選択しました。

伊那の風景

こちらは、権兵衛トンネルを抜けた風景です。彼方に見える街は伊那です。
すばらしい眺めですね。
岐阜県北部では、このような広大な高地のような光景は見られません。
まさに、信州ならではの美しい眺めです。

その後、飯田に入り、県道18号線を通って上村に至ります。
そこから、地図や道路標識を見ながら、まずはしらびそ高原に行ってみます。

道はとたんに険しくなり、しかも、かなりの上り勾配となります。
(先週も、こんな道ばかり走っていたかも)

しらびそ峠

こうして、ようやく到着したのが、しらびそ峠。
連休中とあってか、観光客も多数見受けられました。

しらびそ高原

そしてこちらが、しらびそ高原です。
高原というだけあってさすがに寒く、しかも、この周囲には、
巨大な天体望遠鏡を据え付けてキャンプの構えをしている方々が、
多数、お見えになりました。
たしかに、このあたりなら、満点の星空が期待できそうです。

そんなしらびそ高原を早々にあとにして、一路、目的地に向かいます。
こうして、やっとの思いで、下栗の里に到着しました。
(思えば、かなり長い道のりでした)

下栗の里に到着

さすが、日本のチロルといわれるだけあって、とても興味深い光景です。
山の斜面はどこも急峻なのですが、そんな場所でさえ、
畑として利用されているようです。

彼方には山々が織り成すように連なり、思わず、じっと見入ってしまいます。

斜面が畑に

こちらは、どうやらそばの実のようです。
写真ではいまひとつ臨場感が伝わらないかもしれませんが、とても美しい光景でした。

しかも、この地は、まだ観光地化されておらず、「見られる」ということを想定して、
過度に作り込まれていない、素朴な味わいがあります。

斜面に点在する集落

驚いたことに、この集落は、斜面にそって、はるか下方まで続いています。
道はクルマがやっと一台通れるほどの幅しかなく、
しかも、つづら折れの急カーブが連続しています。
なぜ、このような地に人が住み着くこととなったのか…。
そんなこの集落のルーツを、ぜひとも知りたくなりました。

山道を行く

こちらは、道沿いから山並みを見たショットです。
眺めとしてはすばらしいのですが、人が生活するには、厳しすぎる場所だと思います。

本来であれば、この集落をくまなく見学したいところでしたが、
なにしろ、集落の途中にはクルマを止められるような場所がなく、
(集落の最上部にしか駐車場はありません)
しかも、道が細いため、後方からクルマがきても、道を譲ることもできず、
そのまま、ノンストップで走り抜けなければなりませんでした。
加えて、すでに時刻は四時過ぎ。谷あいの集落には、すでに陽もさしません。

というわけで、断腸の思いで、この場をあとにしました。

もう一度、この日本のチロルの風景を、満喫したいものです。

信州 遠山郷 下栗の里




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/261-7d930ab8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)