日本海の眺め

先月の終わり、長きに渡って入院していたMINIが、ついに我が家に帰ってきました。
これほどの長い入院ははじめてのことで、MINIのいないあいだは、
ちょっと寂しい思いをしていました。

入院の原因は、以前の日記でも触れましたが、フロント足回りからの異音でした。
当初は、ハブのキャッスルナットを増し締めすることで、
音が出なくなったとのことでしたが、その後、
50kmほど走ると、ふたたび、異音が出るようになりました。

やっかいなのは、これだけの距離を走らないと、症状が出ないことです。
そのせいか、入院後も、原因の特定に手こずり、ただ時間だけが過ぎていく、
といった状態でしたが、結局、諸悪の根源はハブベアリングらしいとのことで、
部品交換後は、症状はなくなりました。
(ただ、今回は、その他にもラックブーツを交換したりと、あちこち、みてもらいました)

当初は、ステアリングラックが疑われ、(そうなると重症ですが)
ちょっと肝を冷やしましたが、時間こそかかりましたが、この程度で済み、
何はともあれ、ホッとしてます。

修理を終えたMINI

季節もいよいよ秋めいてきて、これからはドライブできそうです。

そうこうするうち、私たちにとって三回目の結婚記念日である、10月1日を迎えました。
毎年、この日は、旅行に出掛けていたのですが、あいにく、今年は、私も、ヨメも、
仕事などで時間がとれず、残念ながら旅行はおあずけとなってしまいました。

さらに、昨日の日曜は、ヨメが出張のため、不在に…。
なのに、お天気はとてもよく、絶好の行楽日和です。

というわけで、ひさしぶりに、ひとりで、ドライブに出掛けてみることにしました。
今回の行く先は、富山です。

富山というところは、地形上の性質なのか、
晴天であっても、うっすらと雲がかかっていることが、私の経験上、多いように思います。
ところが、昨日は、この富山でも、真っ青な空を見ることができました。

富山市内

当初、この富山で、紀伊国屋書店に行ってみようと思っていたのですが、
これほどまでの好天を満喫しない手はない、と思い、急遽、海へと向かうことにしました。
(私を含め、山国育ちの人間は、海にひとかたならぬ憧れがあるみたいです)

というわけで、進路を変え、富山市の西にある高岡市に向かってみます。
高岡市に到着後、今度は、国道160号線に乗って北に向かい、氷見市を目指します。

国道160号線というのは、高岡市から、能登半島にある石川県七尾市を結ぶ道で、
その多くが、能登半島の東側の海に面する形になっています。
海を見ながらドライブするには、絶好のルートです。
天気がいいと、走るのがとても気持ちいいです。

こうして、七尾市まで走り、その後、また来た道を引き返してみました。

氷見の海

その後、氷見市にある、海辺の公園へ。
ここは、海とともに、広い芝生を臨むことができる、
私にとって、お気に入りの場所です。

海の青さと空の青さが、目に染みました。
やっぱり、海はいいですね。

氷見の公園

こちらは芝生。すごくきれいに整備、手入れされています。
画像には映っていませんが、あたりには、家族連れやカップルなどが、多数、いました。
(こんなトコロを一人でウロウロしていると、怪しい人みたいです)

でも、ひとりのドライブも、運転に集中できて、楽しいですネ。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/262-b9cf2e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)