わさび畑

昨日の日曜、MINIでオデカケすることとなりました。
今回の行き先は、長野県の穂高町というところです。
すでに何度も信州には行っていますが、捜せば、まだまだ、
知らないスポットがたくさんあるようで、今回は、この穂高町にある、
大王わさび農場というところに、行ってみようということになりました。

先週、ようやくMINIが修理から戻ってきて、
富山までのテストドライブを難無く終えたので、
今回は、ハードな長距離コースを走破してみることにしました。

ここ飛騨高山から、信州に行くためには、北アルプスという障壁があるために、
ルートが限られます。
ひとつは、高山市高根町から木曽福島に抜ける、長峰峠ルート。
そして、もうひとつは、同じ高根町から奈川に抜ける、野麦峠ルート。
(この野麦峠は、映画にもなったとても有名な峠です)
残る三つ目は、平湯温泉から安曇野方面に抜ける、安房峠ルートです。

安房峠にはトンネルがあるため、このルートが、飛騨と信州を結ぶ、
メインのルートといってもいいでしょう。

安房トンネルはとても立派なのですが、我が家では、いつも、旧道の峠を通ります。
なにしろ、コチラの峠は、とても景色がきれいですから。

安房峠

この峠、当ブログではすでに何回も登場していますが、
道幅は狭く、しかも急カーブの連続で、かなりの難所です。
(画像では、道幅が広く見えますが、このような箇所はまれです)

ですが、秋のいまの時期は、紅葉も少しづつですが始まっていて、
格別の美しさがあります。
さらに秋が深まれば、もっときれいになることでしょう。
道はハードでも、通る価値、アリです。

紅葉もちらほら

お天気もよくて、気持ちも晴れ晴れとします。
この景色を楽しもうと思ってか、峠を通るクルマの姿をちらほらと見かけました。
(ふだんは、みな、トンネルを通ってしまうので、この峠にやってくるクルマは、
 少ないのです)
ただ、日差しは強くても、このあたりは標高が高いために、いささか肌寒く感じられます。

こうして、峠を越え、長野県側に出ます。
そして、上高地の入口である「釜トンネル」を右目に見ながら、
松本方面に向かって進んでいきます。が…。

ほどなく行くと、反対車線が大渋滞に。

このあたりは沢渡 - さわんど - といって、
上高地へ向かうバスのターミナルとなっています。
マイカーの侵入を規制している上高地へは、この地で、マイカーを止め、
バスに乗らなければなりません。

ですが、ここの駐車場は、すでにほぼ満杯状態になってしまっていて、
駐車場に乗り入れようとするクルマが列をなし、そのまま、渋滞を引き起こしているのです。
私の走る車線は、さほど渋滞しませんでしたが、びっしりと並ぶ対向車を見て、
好天の日曜に上高地に向かうのは、なかなかたいへんだな、と、思ってしまいました。

さて、その後、波田町の手前で北東に進路を変え、穂高町へと向かいます。

なにしろ初めて訪れる地なので、多少は道に迷うことを覚悟していたんですが、
比較的スムーズに穂高町に着くことができました。
そして、まずは穂高神社へ行ってみることにしました。

穂高神社

穂高神社の奥宮は、上高地の明神池というところにあり、そちらには、
何度か参拝したことがあるのですが、この穂高町にある本宮には、
いままで、一度も来たことはなく、機会があれば、一度、行ってみたいと思っていました。

さて、その穂高神社本宮は、とても立派で、しかも清潔で真新しく、
おりしも七五三ということで、小さい子供を連れた若い夫婦が、たくさんきていました。

そのあまりの新しさに、神社としての趣に欠けるように思ってしまいますが、
新設されているのは、拝殿と呼ばれる部分だけのようで、この拝殿から奥を覗くと、
古めかしい本殿の一部を垣間みることができます。

その次は、日本スイス村というところを目指したのですが…。
いままではスムーズにきたものの、今度は、道に迷ってしまいました。
というわけで、とりあえず、最終目的地だった「大王わさび農場」に、
先に行ってみることにしました。

大王わさび農場

こちらが、その大王わさび農場です。
この施設、思いのほか大規模で、ちょっとびっくりしました。
広い敷地に延々とわさび畑が続いています。
しかも、入場は無料。けっこう穴場のスポットかもしれません。
そんなこともあってか、入場客もかなり多く、
駐車場にクルマを止めるのにも、ちょっと苦労しました。

水が流れるわさび畑

きれいな水がわさび栽培には必要だとのことですが、
そのためか、畑には、常時、水が流れるようになっていました。
わさびのうえには、直射日光をふせぐためか、黒いベールがかけられています。

私は、わさび畑を見るのは、今回が初めてなのですが、
清流の中に積まれた玉砂利状の小石の上に、わさびが、緑の帯となって続く姿は、
いままで見てきた畑とはまったく異なり、とてもすがすがしいものでした。

おそらく、わさびのツンとしたあの味は、
繊細な日本の自然環境が生み出す妙なのでしょう。

これらわさび畑の周囲には遊歩道が伸びていて、
また、各所に橋がかけられていたりするなど、散歩するには、なかなか楽しいところです。
また、すぐそばには、カヌーができる川があったりと、アミューズメント施設としても、
楽しめます。

大王わさび農場のサイトはコチラ。

というわけで、ここで大王わさび農場オリジナルのわさび商品をおみやげに買い、
その後は、日本スイス村へ。
今度は、道に迷うこともなくすんなりと行けました。

スイス村は、土産物屋、ワイナリー、乗馬コースを併設した施設でしたが、
大きな道の駅といったかたちで、さほど見て楽しむものはありませんでした。

このスイス村でもお土産を買い、その後は、安曇野をドライブしがてら、
帰ってきました。
(この安曇野の道は、いいドライブコースです)

安曇野の道

午後3時をすぎたら、気温が急に冷え込んできました。
今年の秋は、深まるのが早い気がします。

そして、最後に、ホビープロショップ・エアベースという模型店へ。
最近、このお店は、私にとっての、信州必須の立ち寄りポイントになっています。
片田舎に位置していながら、素晴らしい品揃えです。

安房でのMINI

こうして、MINIのロングドライブは無事、終了しました。

ちなみに、帰りも、また、安房峠を通りましたが、MINIは難無く走り抜けました。
夜の安房峠は、星を見るための絶好の場所です。
なにしろ、街灯なんて、まったくない山の中ですから。

また、信州、行きたいです。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


関連記事
  
コメント

こんにちわー!^◇^)/
KENさん、こちらこそもぉーすっごいごぶさたしまくりで
すいませーーん。
しかも先日はブログに来て頂きありがとうございました!
そんでもって、旧ブログを突然的に消去してしまってごめんなさい。
リンクしてくださった方々にごあいさつにいかなきゃなきゃです。
実は、ブログが結局二つになっちゃいまして。

◆プチクリエイターともいゆみのやっぱりデザインがお好き!?
http://r-add.seesaa.net/
◆プチクリエイターともいゆみのうひゃうひゃブログ♪夢は絵本作家。
http://ameblo.jp/pupuhouse/

デザインネタはseesaaブログの方になりまする。
やっぱり自分にはseesaaが使いやすいです。
でもアメーバーは交流や宣伝に色々と効果的みたいだし、
カワイイ感じにしたい自分と
カッコイイのが好きな自分と(笑)
いたりで、KENさんもブログいっぱいあるけど
どれもうまく使いわけていらっしゃって尊敬です。
わたしもがむばりまーす。

それにしてもわさび農場いいなあ。
新鮮なわさびの葉うらやますぃ。
下の湖?の写真もめちゃめちゃキレイですね。

また遊びにきますねー。v-238
ともいゆみ│URL│10/13 19:54│編集

ともいゆみさん、こんばんは~!!。
コメント、ありがとうございました!。
なのに、レスが遅くなってしまって、も、スミマセ~ン。

あっ、そ、そ、ともいゆみさんの旧ブログ、最近、
新規の記事投稿がないなあ、と、思っていたら、なんと、いまは、
新ブログ、やってたんですネ。

しかも、な…、なんと、ふたつ、あるんですネ。

じゃ、うちのブログのリンクに、ともいゆみさんのブログを、
ふたつとも、入れさせていただきますデス。

でもって、seesaaブログって、使いやすいんですか!?。
うう~ん、ワタクシ、seesaaブログって、さわったこと、ないんです。
さわったことがあるのは、このFC2ブログとグーグルのbloger、
エキサイトとGooとかです。
でも、どこも、一長一短がある感じで、まあ、そのなかで、
使いやすさは、このFC2かなあ、なんて、思ってマス。

でもって、ウチも、いろいろブログがあるんですが、
このブログ以外のブログは、なんだかどれも、休眠状態みたいになってて、
比較的頻繁に更新しているのは、ココだけです。
トホホデス。

とにかく、ともいゆみさんのダブルブログに、これからも、
遊びにいきますネ~!!。

あっ、そだそだ、本題!。
わさび農園、おもしろかったですヨ。
写真だとそうでもないようですが、じつは、すごい人出でした!。

おみやげに買ったわさびのしょうゆ漬けも、ツ~ンとして、
グッドです!!。
KEN│URL│10/14 21:40│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/264-417ec19b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)