初雪の光景

秋の日はつるべ落としといいますが、ほんとうに、日の沈むのが早くなり、
11月に入ると、一気に寒さも増しました。
とはいっても、いつもの年なら、まだ、この時期、雪が降ることは希なのですが、
私の住む飛騨高山のはずれ、旧宮村地区には、先日の文化の日に、
早くも家々の屋根が白く染まる程度の積雪がありました。
朝起きて、窓の外の景色を見て、ビックリです。

写真だと、彼方の山の斜面がうっすらと白いだけになっていますが、
もっと朝の早い時間には、家の屋根なども、真っ白くなっていました。

思い起こせば、今年の夏は、雨ばかりの日が続き、梅雨明けもはっきりとはわからず、
結局のところ涼しい夏となりましたが、どうやら、
気温が低いまま季節が推移していくようで、この早すぎる積雪になったように思います。

雪があまり降らない地域の出身であるヨメは、雪が降るとワクワクするようですが、
飛騨で生まれ育った私は、子供の頃であれば喜びもしたものの、
いまでは、晩秋の時期にわずかな雪を見るだけで、ガクッとブルーになります。

まあ、年をとったということかもしれませんが、
近年、雪が少ないとはいえ、やはり、飛騨の冬は厳しいものです。

今年も、雪が少なければいいなと、もう、切に願うばかりです。

今日の光景

ちなみに、こちらは今日の光景です。
夕方に撮影したため、ちょっと暗めの写真となってしまいました。
さすがに、雪はもう微塵もありません。
山々の紅葉も、このふもとのあたりまで降りてきて、
宮川の堤防付近に林立する木々も、きれいに色づきました。
とはいえ、いまや紅葉も盛りを過ぎた感じです。

冬の到来を間近に感じてブルーになるとはいえ、
私は、季節の中でこの秋がいちばん好きです。

やがて雪が降り、すべてがモノトーンになってしまう季節が到来する前の、
一時のはかない彩りが、感傷を誘います。

といっても、ここのところ、
なにかとバタバタしていて、ゆっくり秋の日を満喫することもないまま、
あわただしく時間だけが過ぎていっています。
(このブログもなかなか更新できません)

過ぎ行く秋の美しさを、寸暇を惜しんで楽しみたいものです。

あっ、そういえば、そろそろ、年賀状の準備もしなくては…。
一年って、あっという間ですネ。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/266-4731f4a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)