聖ザビエル天主堂

愛知県犬山市には、明治時代近辺に作られた建物を移築して作られた、
博物館「明治村」があります。
明治村は、ここ中部地方においては、かなり古くからあるテーマパークで、
私も、子供の頃、何度か、この明治村に連れて行ってもらった記憶があります。
とはいえ、ここには、遊具などはなく、
子供にとっては、あまり楽しいところではなかったのですが…。
しかし、大人になった今、明治村は、とても魅力的な、
見どころ満載のテーマパークとなっています。

先週の日曜、お天気にはあまり恵まれなかったのですが、
この明治村に、出掛けてみることにしました。
(三年半ぶりの明治村行きとなりました)

オイル交換終了

折しも、MINIはオイル交換を終え、出発準備も完了。
車検時にグリスアップもしてもらったので、雪が降るまでは、ガンガン走れそうです。

ですが今回は、ETC割引を使って高速に乗る予定をたてたので、
ETCがついているテンサンラリーで出掛けることとなりました。
もっとも、このテンサンラリー、じつはクーラントが漏れるというトラブルを起こしていて、
先々週から修理に出ていたのですが、
お出掛けの前には、無事、我が家に戻ってきました。

というわけで、高山インターから高速に乗り、一路、美濃加茂を目指し、
その後、国道41号線を経由して、明治村へと向かいました。

とはいっても、うちはいつものお寝坊をしてしまい、結局、
高速に乗ったのは午前11時近く…。
遠出をするには、ちょっと遅すぎます。
(まあ、毎度のことなんですが)

高速に乗って

高速は空いていて、スイスイと走れました。
日曜といえども、いつも、スカスカの状態のように思います。

が、高速は空いていても、明治村も空いている、というわけにはいきません。
駐車場はすでに満杯に近く、入口からかなり遠い場所に、
やっとで駐車できた、といったありさまでした。

時刻は午後一時、ようやく、明治村に突入します。
折しも、明治村の中の木々は、いまだにきれいに紅葉していて、
秋の彩りを楽しむことができました。
(私が住む地域では、紅葉はとっくに終わってしまっています)

蒸気機関車

園内は広大な面積があるため、交通機関もあります。
そこかしこにバス停があり、また、小振りでかわいい蒸気機関車や、
昔懐かしい路面電車も走っています。
(これらの交通機関の利用は、別途料金がかかります)

旧帝国ホテル

まず、こちらは、帝国ホテルです。
フランクロイドライトによって設計された造形物です。
建造されたのは、明治時代ではなく、大正時代なのですが、
直線を主体にした斬新な造形美は、現在においても、色褪せることはありません。

このホテルは、映画の撮影にもよく使われており、
篠田監督の「スパイ・ゾルゲ」などにも登場します。

聖ザビエル天主堂内部

こちらは、聖ザビエル天主堂と呼ばれる教会の内部。
室内には静かに賛美歌が流れ、いやがうえにも、荘厳な雰囲気をかもしています。
キリスト教徒ではなくとも、敬虔な気持ちになります。
こちらでは、結婚式も行えるといいます。

小泉八雲邸

そしてこちらは、小泉八雲が避暑のために住んだ家だそうです。
小振りで、庶民的な家ですが、いまは、駄菓子屋となっており、
ちょっと俗っぽい雰囲気になってしまっています。

店の奥には、小さな座敷があり、そこに置かれたタンスの中には、
パネル状にした耳なし法一の物語が入れられていました。
ぬらりひょんのイラストなども天井から下がっていて、
どことなくユーモラスながらも、おどろおどろしい空気を醸していました。
こんな部屋で、夜、小泉八雲は妖怪たちを夢想したのでしょうか…。

蒸気機関

また、建物だけでなく、メカものの展示もあります。
こちらは、機械館という建物の中にある、蒸気を動力とする機械です。
レトロな機械には、しびれますね。
こうしたモノを見るだけでも、明治村に来た価値があります。

蝸牛庵

さて、こちらは、幸田露伴の家「蝸牛庵」です。
家の中にはガイドさんがお見えになり、詳しい説明をしていただきました。

また、この家の隣には、西園寺公望公の別荘であった、坐漁荘(ざぎょそう)があります。
この坐漁荘にも、ガイドさんが常駐しており、一日に何回か、案内をしてくれます。

以前読んだ、半藤一利の書籍に、坐漁荘のことが書かれており、
以来、ぜひ、この家の内部を見てみたいと思っていました。
じつは、三年前、この明治村にきた時にも、坐漁荘を案内してもらったのですが、
今回も、お邪魔させていただくこととなりました。

坐漁荘は竹をあしらった古風な住宅ながら、洋間やサンルームもあり、
和と洋がしっくりとなじんだ独自のたたずまいを見せています。

この同じ家の中に、かつては、西園寺公望公が住み、
近衛文麿ら時の有力政治家の相談に乗っていたのだと思うと、
なんだか、不思議な気持ちになります。

ちなみに、その坐漁荘の写真を、不覚にも、撮り忘れてしまいました。
ざ…、ざんねん。無念。

森鴎外の家

さて、こちらは、森鴎外が住んでいた家です。
この同じ家に、夏目漱石が住んでいたこともあるといいます。
趣のある日本家屋で、庭に面した一室には、猫の置物がおいてありました。
美しい日本家屋の見本のような家です。

明治村内

さて、この続きは、次回、また、書きます。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/273-725d31f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)