ポーツマス講和会議のテーブル1

さて、昨日に引き続き、明治村のレポートです。
こちらは、明治村に移設された旧帝国ホテルの中に展示されている、
ポーツマス講和会議の時に使われたテーブルです。
もちろん、本物のテーブルです。
すなわち、このテーブルから、あの有名な「ポーツマス条約」は生まれたのです。

日本は、この条約によって、ロシアから樺太の南半分を割譲され、
満鉄の経営権や、朝鮮半島の単独支配を勝ち取りました。

こうして日本は、世界に、日露戦争の勝利者として、その名を知らしめました。
同時に、東洋初の列強国として、欧米に認められることとなりました。
それは、明治維新以来目指してきた、国家としての完成の瞬間だったはずです。

いまから104年前、この頑丈そうなテーブルを挟んで、
日本の全権である小村寿太郎と、ロシアのウイッテとが、
激しい外交戦の火花を散らせました。

奉天会戦でかたちばかりの勝利を収めた日本軍は、その後、
対馬沖の日本海で、バルチック艦隊を完膚なきまでに叩き、
ロシアの制海権を消滅させました。

しかし、大国ロシアにはまだまだ継戦能力が残されており、
一方の日本は、すでに作戦の限界にきていました。
そうした状況下での講和会議は、一筋縄では行かなかったはずです。

当時の日本の世論は、戦時賠償金が獲得できなかったということで、
この条約に満足はしませでしたが、日本の国力を考えれば、
確かな外交成果をあげたといって過言ではないと、私自身は感じています。

ポーツマス講和会議のテーブル2

そんな近代国家日本の誕生の場面にかかせない、貴重な歴史的遺物が、
このようにひっそりと展示されていることに、
私は、なにかしら寂寥感を憶えてしまいます。

折しも、いま、NHKでは、司馬遼太郎の「坂の上の雲」の放送が始まりました。
多くの人が、このドラマの放映を機に、明治の日本人の健気さに触れ、
国を賭した日露の戦いにも、目を向けることになるかもしれません。

そうなれば、この展示物も、いまより、ずっとずっと脚光を浴びるかもしれません。
このテーブルには、当時、日本を国家として形作ろうとした人々の、
営々たる血潮が宿っているように、私には思えてしまいます。

西郷従道邸

さて、同じ坂の上の雲ネタですが、こちらは、日露戦役時の陸軍大臣西郷従道の邸宅です。
西郷従道は、いうまでもなく、あの西郷隆盛の弟です。
よけいなことに口出しをせず、ただ黙って事の成り行きを見守り、
有能な部下にすべてをまかせ、責任は自分が取る、
そんな「うどさぁ」としての西郷従道の様子が、坂の上の雲には描かれていました。

また、日露戦役当時、
満州軍総司令官を勤めた大山巌は、西郷隆盛、西郷従道兄弟の従兄弟でした。
大山巌も、西郷の血を引いた、立派な「うどさぁ」だったといいます。
(遼陽会戦の激戦のときも、まったく動じない大山の姿は、微笑ましくユーモラスでした)

が、この西郷従道邸を訪れた頃には、すでに夕方。
案内の人の説明もすでに終わっていて、とても残念でした。
なにしろ、明治村に西郷従道の邸宅があるなんて、まったく知りませんでしたから。

三重県庁

そしてこちらは三重県庁。
館内では、宮廷家具の展示などもされていました。

県庁内の木造階段は、
その昔、飛騨高山にあった、日赤病院のそれを思い起こさせました。
ああ、なつかしい。

が、このあたりでタイムアウト。
もう、閉園時間となってしまいました。
閉園時間は意外と早く、四時半だったと思います。
とはいえ、今の時期、この時刻だと、しだいに薄暗くなり始めます。
まだまだ、見ていない箇所がたくさんあり、やはり、
早い時間にこないと、明治村をくまなく回るのは、とても無理のようです。
(すべてお寝坊が悪いんです)

というわけで、早足に明治村を横断して、駐車場に向かいましたが、
さすがに園内は広く、移動にも時間がかかります。

その間にも、あっちも見たかった、こっちも見たかったと、
悔やまれるばかり…。

次回こそは、もっと早起きをして、この明治村に、やってきたいものです。








コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/276-790a8245
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)