高山昭和館

飛騨高山の歴史文化施設(観光施設)の探訪も今回が最終回。
というわけで、フィナーレを飾るのは、高山昭和館という施設です。

昭和館は、いまから二年前にオープンした、いわばかなり新しい施設で、
飛騨高山という地域性とはあまり縁がありませんが、
高山観光の目玉である古い町並みにほど近いためか、
いまでは、休日ともなれば、なかなかの賑わいを見せているようです。

昭和館外観

その昭和館の外観がコチラ。
建物の前には、バーハンドル方式の古いミゼットや、ガソリンポンプ、
往年の映画スターの写真などが、ちょっとゴチャゴチャと並べられています。
ちょっと乱雑な感が否めませんが、整然とした陳列より、味わいがあるかもしれません。
ミゼット内のキャラクター人形も、微笑ましい(?)です。

懐かしいクルマ

建物の入口部分には、昭和の名車が並んでいます。
ミゼット、スバル360、マツダキャロルが、ミニカーのように並べられています。
こちらには、あともうひとつ、マツダT2000オート三輪があるはずなのですが、
このときは、残念ながら、出払っているようでした。
ちなみに、このクルマゾーンまでは、無料で入れます。

昭和の路地

そしていよいよ、昭和館の内部へ。
こちらは、入ってすぐ右手のところにある、細く薄暗い路地です。
私事で恐縮なのですが、私は路地というモノが大好きです。
出掛けた先で、魅力的な路地に出くわすと、思わず写真を撮ったりしています。
路地には、その先がどこに続くのか、という、
イマジネーションを無限に想起させる力が宿っています。

この路地はレプリカですが、細く、暗く、
なにかしら淫靡な雰囲気が漂っていて、楽しい感じです。

昭和エロス

そして、次の曲がり角を曲がると、アパートらしき窓の向こうに、女性のシルエットが…。
これぞ昭和エロスですね。
やっぱり、暗く細い路地の先には、こういうビジュアルが欲しいです。
この施設の館長のセンスが忍ばれます。

昭和のストリート

路地を抜けると、昭和の町並みに行き当ります。
床屋さん、郵便局、お医者さん、オモチャ屋さんなどが、軒を連ねています。
エンジン付き自転車や木星電柱、などなど、小物もそれぞれ凝っています。

昭和の茶の間

こちらは、昭和の食卓です。
展示方法がちょっとゴチャゴチャしすぎていますが、
どの品も、年代を経ているためか、エイジングの影響が色濃く出ていて、
古き良き時代の雰囲気が出ています。
畳も適度にヤラれていて、いい感じです。

昭和エロスがここにも

こちらは、カメラ屋さんのなかです。
これは八ミリ作品なのでしょうか…。
とにかく、こちらにも、昭和エロスの片鱗が垣間見えます。
よくよく見ると、谷ナオミなどという文字も見えました。

レトロなスクーター

こちらは古いスクーターです。
車種名はちょっとわからないのですが、
時代を感じさせるデザインですネ。
今見ると、こうしたデザインは、レトロフューチャー的ですらあります。

荷台に荷物が縛り付けられているところなども、
芸が細かくて、グッドです。

教室も再現

この施設、思いのほか大きくて、二階には、古い農家や、
学校の教室などが設えられていました。
教室には、古い顕微鏡や楽器、教材などが雑然と置かれていて、
臨場感(?)を盛り上げています。

また、一階には、小さいながらも映画館までもがあり、驚きました。
とにかく、チープながらも盛りだくさんの施設でした。

高山観光の主たるものは、歴史ある建物や町並みですが、
こうした、遊び心満載の施設も、楽しいものです。

昭和体感-高山昭和館-

というわけで、その後は、藤井美術民芸館、高山市制記念館、などを見学しましたが、
これだけ見て回るだけで、もう、ヘロヘロになってしまいました。
他にも、この日、無料解放された施設はたくさんあったのですが、
とてもとても、一日で回りきれるものではありません。

来年は、今回見て回れなかった施設を、重点的に見学したいと思っています。
また、この催しの趣旨に賛同し、施設を無料開放していただいた方々には、
たいへん感謝しております。

このような催しがなければ、地元の文化観光施設には、足を踏み入れることも、
あまりありませんでした。
今後も、この催しを続けていたでけるよう、切に願うばかりです。







コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/279-91282407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)