久々野トンネルの手前

12月も半ばを過ぎた今月17日から、
日本列島は強い寒波に覆われ、各地に大雪をもたらしているそうです。
もちろん、ここ岐阜県飛騨地方も例外ではなく、
それまで、ほとんど雪など見なかったのに、
一気に、冬景色となってしまいました。

ちょうどそんな折、岐阜市への出張が入ってしまい、
降りしきる雪の中、出掛けなくてはならなくなりました。

悪いことに、この前々日から、どういうわけか、ひどい腰痛を発症。
こんな状態で、雪道を運転するのは、あまりにも気が引けます。
というわけで、今回は、JRを使って岐阜市まで向かってみることにしました。

我が家の真ん前には、JR飛騨一ノ宮駅という、小さな駅があります。
このひとつ北の駅が、高山駅なのですが、
飛騨一ノ宮駅は、無人駅で、急行列車などは止まらず、
各駅停車の列車にしか乗ることができません。
しかも、岐阜行きの本数は一日に数えるほどしかなく、ひとつ列車を逃せば、
もはや、目的の会議に出ることもままなくなります。

出張の日は18日の金曜。
会議は午後5時からなのに、午前10時46分に出発しなくてはなりません。
この日、冷え込みは厳しく、乗り込んだ列車の窓から見る景色は、
一面、銀世界でした。

特急に乗れば、二時間足らずで岐阜に到着できるのですが、
各駅では、ゆうに三時間を超える長旅となります。
ですが、ひさしぶりに各駅停車の列車に乗ってみると、意外と、
退屈しないものでした。
各駅停車って、けっこう、楽しいものですネ。

雪景色

クルマでいつも走っているコースと、JR高山線の路線は、多くの部分で、
隣接し合っているのですが、クルマでは得られない視点が、列車にはあり、
とても新鮮でした。

こうして、列車に揺られ、乗り換えを一度して、ようやく、
岐阜駅に辿り着きました。
岐阜市は、私が住んでいる地域とはまるで違い、絶好の快晴。
風が冷たく、体感温度は低いですが、日差しには暖かみを感じました。
同じ県内でも、岐阜と飛騨高山では、もうまるで気候が違います。

岐阜駅前

岐阜駅手前は、かねてから、ずっと工事中だったのですが、
いまでは、とてもきれいに整備されていて、写真には写っていませんが、
金メッキの織田信長像が立っていました。

こうして、予定の時間までドトールコーヒーで時間をつぶし、会議に出席。
その後は、懇親をかねたお食事会(というか飲み会)になったのですが、
帰りの心配がある私は、早々においとまをさせていただき、
たまたま、数日前から、所用のため岐阜市近郊の実家に行っていたヨメに、
岐阜駅までクルマで迎えにきてもらい、
そのまま、ヨメの運転で帰路につくことにしました。

岐阜市は夜半に入っても空は晴れ渡っていましたが、
北上するにつれ…、岐阜県関市を通過するあたりで、いよいよ雪が降りはじめました。
路面も凍結しはじめ、なんと、RV車の事故を、二度も目撃してしまいました。
四輪駆動車は雪道にも凍結路にも強いはず。
なのに、そんなクルマが立て続けに事故をしているところをみると、
ドライバーは、四輪駆動を過信していたのかもしれません。
とにかく、ちょっとでも油断をすれば、事故につながりかねません。
自宅に着くまで、わずかでも気を抜くことは許されません。
そうこうするうち、飛騨金山に至る頃には、雪が降りしきる状態となりました。

国道41号

道路は完全な雪道。12月に入って、はじめての本格的な雪道です。
かなり運転が厳しい状況です。
実際、路上に大型トラックが立ち往生していたりして、
肝を冷やすこともありました。

渚手前

その後は本格的な吹雪に。
しかし、予想していたよりも早く、無事、我が家に辿り着けました。

というのも、北に進む連れ、道の雪がしっかりと締まり始め、
かえって、運転しやすい状態になったのです。

というわけで、今回も、ヨメ、雪道運転を完遂しました。
(ホントにありがとネ!)

それにしても、これ以上、大雪が降らなければいいがと、
願うばかりです。






コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/282-f4ad9063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)