秋の宮村散歩道

さて、早いもので、今年もあと一日を残すのみとなりました。
今年は、なんだか、とても早く過ぎてしまいました。
どうやら、年齢を重ねていくにつれ、時の経過というものが、
しだいに早く感じられるようになるようです。
子供の頃の一年って、すごく長かったものですけどネ。

そんな2009年ですが、
仕事的には、ちょっと実りが少ない年になってしまいました。
世の中、不景気ということで、このような傾向は私だけではないのかもしれませんが、
いずれにしろ、こんなことでは、いけません。
来年は、気合いを入れて、いっそう奮励努力しなければならないようです。

というわけで、毎年恒例ですが、今年も、
この一年の道のりを振り返ってみたいと思います。

といっても、今年は、毎年恒例の旅行にもでかけることができず、
思い出という点においても、ちょっと少ないかもしれません。
来年は、また、どこか遠いところに、泊まりででかけたいです。

善光寺と回向柱

といいつつ、ふりかえれば、さまざまな事柄が脳裏をよぎります。
そのなかで、まず思い出されるのは、長野県の善光寺です。
今年は、この善光寺が、七年に一度の御開帳の年でした。
というわけで、新型インフルの蔓延が叫ばれ始めた四月末、
MINIで、長野市まで行ってみました。

御開帳の時期とあって、やはりたいへんな人出でした。
そのため、お戒壇巡りはあきらめることなってしまい、
ちょっと残念でしたが、秋にもう一度善光寺を訪れ、
このときはようやく、お戒壇巡りを体験することができました。

そうそう、そういえば、この春の善光寺訪問のとき、
山門あたりで、谷村新司らしき人を見かけたのですが…。
はたして、本人だったのか…。

この数週間あと、長野県南部にある、元善光寺にも出掛けることとなりました。

さて、思い起こせば、今年の夏は、来る日も来る日も雨ばかりでした。
まあ、そんなわけで、酷暑の日は少なく、真夏といえども過ごしやすかったわけですが、
そのかわり、夏の思い出は、ちょっと少なくなってしまったかもしれません。

ガガーリンの宇宙船

そんななかでも極めつけなのが、北陸のコスモアイル羽咋で見た、
ガガーリンが乗っていたという、旧ソ連の宇宙船の実物。
この宇宙船に乗って、ガガーリンは「地球は青かった」という、有名な言葉を残したのです。
これには、ちょっと感動でした。

夏の花火

そして、数少ない夏の思い出のもうひとつは、下呂の花火でしょうか…。
この日ばかりは好天で、花火を思いっきり満喫できました。
冬の花火も風情があっていいのですが、やっぱり、花火といえば夏ですね。

那谷寺の参道

ただ、秋は、いろいろ出掛けてみましたね。
こちらは、北陸の那谷寺。
奇岩遊仙峡という、アトラクション的な趣をもつ小山もあり、
なかなか楽しめました。

戸隠にて

また、昨年に続いて、戸隠神社にも行ってみました。
この場所は、ほんとうに、何度訪れても飽きません。
私としてはイチオシの、すばらしい場所です。

日本のチロル

そしてこちらは、日本のチロルと呼ばれている、
長野県南部の下栗というところです。
急峻な斜面に、家々が点在していて、とても興味深い光景です。

またいってみたい場所のひとつですね。

三重県庁

そして、まだつい最近の話ですが、
明治村にも行ってきました。

こうして、一年の最後を締めくくる記事を書いていると、
やっぱり、ブログを書いておくということは、備忘録として、
とても意味があると思ってしまいます。

いつ、どこにいったのか、そのとき、何があったのか、
各記事を読めば、いろいろな思い出や出来事がよみがえってきます。
ときに、ブログを書くのをやめてしまおうかと思うこともありますが、
(なにしろ、私はズボラなので…)
可能な限り、コツコツと続けていきたいと思います。

それでは、みなさま。よいお年を。






コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/285-dd2b63e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)