小里川ダムを見上げる

ひさしぶりに、まとまった積雪に見舞われた2010年1月…。
そんな状況下では、MINIでのお出掛けもままならなかったのですが、
ここ数日、気温は高めに推移し、ときには、雨の降る日さえあり、
雪も一段落となりました。

そして、先週末の日曜(24日)は、好天に恵まれることとなり、
この機に、MINIでドライブにでかけてみることにしました。

もっとも、MINIを本格的に動かすのは、去年のクリスマス・イブ以来で、まさに一ヶ月ぶり。
気温が高めの日があったといっても、やはり朝の冷え込みは厳しく、
そのせいか、バッテリーもちょっぴり弱り気味のようです。
セルの回る音も、こころなしか、弱々しく聞こえました。
(もちろん、エンジン始動にまったく問題はありませんでしたが…)

というわけで、いつもより長めの暖気をして、発車。
とりあえず、雪が多そうな北方面は避け、南に進路を取って進みます。

が、進み始めてすぐ、国道41号線における冬の難所のひとつである、
宮峠を超えることに。
この峠は、道幅こそ広いものの、急カーブ続きで、
雪の季節でなくとも事故が多く、そのせいもあってか、
融雪のための塩化カルシウムが、もう、いやというほど撒かれています。

昨年末、私のMINIは、ドア手前の錆を板金屋さんで修理してもらっていますが、
それでも、車体の各所にいまだ錆をかかえており、
このような道を通るのは避けたいところだったのですが。

対向車が巻き上げるしぶきが窓に付くと、そのあとは、
塩化カルシウムの白い斑点が残ります。

このブツブツの斑点を見ているだけで、もう、ブルーになってしまいます。

一ヶ月ぶりのMINI出動

ただ、エンジンは調子よく、問題もなく冬の道を走り抜けていきます。
やっぱり、ひさしぶりのドライブは、楽しいですネ。
しかも、南に向かうほど、あたりの雪はみるみるうちに少なくなり、
路面に神経を使うことなく走れるようになりました。

塩化カルシウムのあと

ちなみにこちらが、窓に付着した塩化カルシウムのあとです。
白いつぶつぶが、視界を遮っています。
はあ?(ため息)

といいつつも、なんとか気を取り直して、岐阜県明智町方面へと向かってみます。
当初の目的地は、三年前に行った、日本大正村というところだったのですが、
途中で、道がわからなくなり、周辺をグルグルすることとなってしまいました。

そのとき、ちょっと楽しそうな道の駅を発見。
コンサートも開かれているようで、すごく賑やかです。
というわけで、さっそく、立ち寄ってみます。

日本一の水車

この道の駅は、おばあちゃん市/山岡というところで、
地元の野菜を販売する売店があるなど、なかなか、見どころも多かったです。

しかも、ここは、ダム湖の湖畔に建てられたいるために、景色もよく、
また、日本一と銘打たれた、巨大な水車も建っています。
画像だと、大きさがわかりづらいと思いますが、たしかに、
かなり大きなものでした。

道の駅・おばあちゃん市・山岡

この道の駅のすぐそばには、ダムがあり、そこは、なんと、
部分的ながら、内部が無料で一般に開放されているというのです。

というわけで、さっそく、ダム内部の見学に向かいます。

小里川ダム

このダムは、小里川(おりがわ)ダムというそうで、
規模としては、それほど大きなものではないのですが、
それでも、ダムの縁から下を見下ろすと、足がすくむ思いがします。

高所恐怖症の私は、なおさら怖いです。
(ヨメはいたって平気なんですが…)

そして、ダムの中央部分にある入口へ。

ダムの内部へ

ここから、エレベーターが下に向かって伸びています。
ほとんどの階は、素通り状態になっているのですが、ダムの中腹にある展望台がある階と、
最下部の階のみが、一般人の立ち入りを許されています。

というわけで、エレベーターに乗り、コンクリートの塊であるダムの内部へと降りてみます。
もう、ワクワク気分です。

まず、展望台のある階で、エレベーターを下りてみたのですが、、
そこは、無機質なコンクリートに囲まれた、通路となっていました。
通路の向こうにあるドアの向こうには、ガラス越しに、
機械室を垣間見えることができましたが、残念ながらドアは施錠されており、立ち入りは禁止。
というわけで、反対側の通路を通り、展望台へと向かってみます。

展望台より

こちらが、その展望台からの眺めです。

巨大なダムを構成するコンクリートの塊が、すぐ目の前に鎮座しています。
こんな視点から、ダムを見たことはいままでになく、
思わず、あたりの写真を撮りまくってしまいました。

そして、ふたたび、エレベーターまで戻り、今度は、最下部まで行ってみます。

ダム内の通路

こちらが、ダム最下部の通路です。もう、秘密基地に来たといった雰囲気で、
ワクワク気分も頂点に達します。

こんな場所にやってくると、昔読んだ、真保裕一の「ホワイトアウト」を、思い出します。
この通路の先に、AK47を持った「赤い月」のテロリストがいるのでは、などと、
いろいろ妄想してしまいます。
(なにしろ私は、妄想族ですから)

それにしても、このダムは新しいものなのか、どの通路も設備も、
真新しくきれいです。

発電機

いったん外に出て、発電機を収めた建物にも入ることができます。
(といっても、入れるのは小部屋のみですが)
ここから、眼下に発電機を眺めることができます。
ダムの大きさの割に、水車も、発電機も、けっこう小振りだと感じました。

そして、ダムの外の広場へ。
下から見上げるダムは、真っ青な空を背に、そそり立っていました。
なんだか、巨大な要塞のようです。

こうして、じっくりとダムを見学したあとは、
近くにある、日本一の狛犬を収めた八王子神社に行ってみることにしました。

日本一の狛犬

こちらがその狛犬。
どことなくユーモラスな表情で、微笑ましいです。

その後は、ショッピングセンターに立ち寄るなどして、帰路につきました。

帰りは9時近くとなってしまい、この日は、「龍馬伝」を見ることができませんでした。
来週土曜の再放送は、忘れず見なくては…。
(ちなみに、MINIは、下回りをすぐに洗車しました)






コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント

KENさん、こんにちは(^^)
おばあちゃん市・山岡までいらっしゃったんですね!
私もツーリングやドライブの途中で、何度も訪れている道の駅です。
以前訪れたときは山岡特産の「寒天」ラーメンなるものがあったんですが、
味の想像がつかなくて、チャレンジできませんでした(^^;
ダムがあることは知っていたものの、内部が見られるなんて知りませんでした。
今度行ってみます!
よりどりきみどり│URL│01/28 12:51│編集

あっ、きみどりさんダ!。こんにちは~!!。
コメント、ありがとうございますぅ~!。

なんと、きみどりさんも、
おばあちゃん市・山岡、行ったことがあるデスカ?。
なんだか、きみどりさんの行くコースと、うちらの行くコース、
似ているかもしれません。
うちでも、きみどりさんのブログ見て、
「あっ、ココ、うちらもいった~!!」とか、いつも思ってマス。

で、話はおばあちゃん市に戻りますが、ここには、
寒天ラーメンなんてモノが、あるんですか??。
うう~ん、ワタクシも、その味、想像できません。
ただ、ヘルシーなカンジがします。
(でも、きみどりさんと同じように、買う勇気、ないかも…)

あっ、そ、そ、ここのダム、内部が見られるんですヨ。
見学できる箇所は多くはないんですが、
それでも、チョー楽しんできました。
次回は、ダム見学、ぜひぜひ、行ってみてクダサ~イ!!。
KEN│URL│01/28 19:35│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/291-d3259027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)