国分寺節分祭

昨日の2月3日は「節分」でした。
というわけで、今年も、この節目の日に、
飛騨国分寺の節分行事「星祭」に、出掛けてみました。
もっとも、この話題は、毎年、同じ時期に書いているので、
もうすでに、ちょっと食傷気味かもしれませんが…。

星祭とは、立春以後の新しい一年を、
無病息災で暮らせるよう祈る、護摩焚き行事です。
もちろん、節分の豆まき行事も、その最後に行われています。

折しも、節分のこの日は、朝から雪がちらつくなど、あいにくのお天気。
午前10時頃になると、雪も止み、ときおり青空が覗くようになりましたが、
2月のこの時期、冷え込みはやはり厳しく感じられました。
(でも、昔なら、いま以上にもっと冷え込んだと思います)

そんななか、飛騨国分寺の大師堂では、朗々と般若心境の読経のが響き、
護摩を焚きながら、参加者の名を呼び上げて、厄除けの祈願が行われました。
炎と煙が上がるその模様は、なんとも荘厳で、じっと見つめていると、
身の引き締まる思いがするものです。

この行事は、一時間強ほどで終わり、そのあとは住職からのお話があり、
そして最後に、豆まきが行われます。
このときは、いままでの厳粛なムードが一転、
室内はワーキャーの大騒ぎになります。

撒かれる豆の中には、いつも、ほんの少数ながら、銀杏が入っており、
その銀杏をキャッチした人には、寅の絵が描かれた、
絵馬がもらえるということになっていいます。
その銀杏を、なんと、ヨメがキャッチ。
絵馬をいただくこととなりました。

じつは、亥年のときも、ヨメは絵馬をいただいたはず…。
銀杏はたった12個しか含まれていないといいますから、
これは、かなり幸運かもしれません。

冬の三重の塔

ちなみにこちらは、国分寺の三重の塔の光景。
一時は晴れ間がのぞいたとはいえ、天候はその後下り坂。
冷え込みはあいかわらず厳しいままで、
護摩炊きの行われた大師堂の中に至っては、じっとしているのがつらいほど、
寒さが身にしみました。
そんなこともあってか、三重の塔も、
鈍色の空のしたで、いつもより凛としてとして見えました。

冬枯れの大イチョウ

そしてこちらは、大イチョウです。
秋には鮮やかな紅葉を見せるこの木も、冬の時期は、
このような寂しげな姿になっています。
春が待ち遠しいですね。

国分寺の門

というわけで、無事、すべての行事を終え、
例年のように、お札をいただいて帰ってきました。
(古いお札はお清めをしていただきました)
そして、新しいお札を神棚にお祀りし、新しい年の無病息災を、
改めて祈りました。

いよかん

話は変わりますが、節分の前日の晩、
我が家の真下の部屋に住んでいる方から、いよかんをいただきました。
(この方たちとは、駐車場でよくお会いするのです)

しかも、とってもたくさんいただいてしまって、ほんとうに恐縮です。
ありがとうございました。

いよかん、いま、おいしくいただいています。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント

今年は節分のせの字もないままに過ぎてしまいました。
ぎんなんを拾っていいですね。
うれしいことがありそうです。

春はまだまだ、この土日は雪かきをして、車検に行った以外は
ひたすら引きこもっていました。
はやくあったかくなあれ。
ねさま│URL│02/07 23:36│編集

ねさまさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

ねさまさん、たしか昨年も、
国分寺には行けなかったと、おっしゃっていたように思いますが、
やっぱり、今年も、お忙しかったんでしょうか…。
(間違っていたら、すみません)

とにかく、今年も、国分寺、行ってきました。

じつは、僕は、こういう事には、じつは無頓着で、大厄の年も、
な~んにもしませんでした。
そうしたら、エラい目にあってしまったので、後厄の年から、
知人に勧められて、国分寺に行っています。

あっ、でも、僕も、その後は、けっこう引きこもり気味です。
こんなに雪が降ると、休日のクルマでのお出掛けも、
そうそうできません。

ホントに、春が待ち遠しいですネ。
KEN│URL│02/08 20:09│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/293-7da76063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)