灯台ごしに日本海を臨む

3月最後の日曜は、あいにくのお天気でしたが、先週の日曜(4日)は、
朝から、青空が広がる、絶好の行楽日和でした。
というわけで、日曜は早起きして、ドライブに出掛けることとなりました。
今回の行き先は、能登半島にある、能登金剛というところです。
ここには、巌門(げんもん)という海岸沿いの洞窟のほか、
巨岩、奇岩、断崖があり、北陸屈指の景勝地のひとつとなっています。

が、ヨメは早起きしたものの、私がちょっとお寝坊…。
というわけで、結局、家を出たのは、9時45分くらいになってしまいました。
(これでも、我が家の休日の出発時間としては、早いほうです)

羽咋のMINI

今回の出動車は私のMINI。
福井の一乗谷に行ったとき以来の、MINIでの遠出となりました。

もっとも、今回は、一乗谷の時よりも、はるかに、ロングドライブとなりました。
もちろん、ETCなんていうハイテクな装備のないMINIですから、
下道オンリーでのドライブとなります。

というわけで、そのコースですが…。
まず、ここ飛騨高山から、国道41号線に乗り、富山市に向けて北上。
富山市で、MINI専門店に寄り、オイルエレメントをゲットして、
次に、北陸の大動脈である、国道8号線に乗り、高岡市を目指します。

そして、高岡市から、国道160号線に乗り、氷見市へ。
そこから西に伸びる国道415号線に乗り換え、能登半島を横断します。
途中、景色のいいところで、家から持参したお弁当を広げ、ちょっと休憩。
こうして、ようやく、能登半島の根元西側にある、羽咋市に到着しました。
(この羽咋市への道のりだけでも、かなりの距離でした)
さらに今度は、北に進路を取ります。

能登の道

それにしても、とにかくいいお天気。
クルマもさほど多くなく、快適に走れます。
高速道路が、土日祝日に限り、ETC搭載車は上限千円になってから、
一般道はすいすいと走れるようになった気がするのですが…。

能登の海岸

適当なところでMINIを止め、海岸に降りてみました。
やっぱり海はいいですね。気分も晴れ晴れします。

さて、今回の目的地は、能登金剛なのですが、そのまえに、現存する灯台としては、
日本最古と言われている、旧福浦灯台に行ってみることにします。

が、この灯台へと至る道がわかりづらい…。
民家街へ入ってしまって、その後、おっかなびっくり進んでいると、
小さな矢印看板を発見。
で、指示通り、細い道に乗り入れると…。今度はすごく急な下り坂に。
しかも、さらに道は細くなっています。
こんなところに来てしまってだいじょうぶか、と、とても不安になりました。

途中、クルマを止め、前方を偵察しつつ、進みます。
(こんな下り坂の先が行き止まり、なんてことになっていたら、
 シャレになりません)

で、そのまま進んでみると、どうにか、駐車場まで行き着くことができました。

細い道

ですが、ホントに肝を冷やしました。
なんといっても、この道の細さです。
(写真で見るより、実際の現場は、もっと細く狭く感じます)

MINIだったから通ることができましたが、
エスティマやランクルだったら、通れないかもしれません。
もし、旧福浦灯台に行くことがありましたら、くれぐれもご注意を。

日本最古の灯台

そしてこちらが旧福浦灯台。
この灯台は、明治9年に建造されたものとのことですが、
同地では、1608年から、すでに、
火をたくことで、闇夜を行く船の航行の安全を図っていたと言います。

灯台と言えば、円筒形といったイメージがありますが、
こうした、平面構成の灯台というのは、目新しく興味深いです。

能登金剛

さて、灯台を後にして、ついに目的地である能登金剛巌門に到着。
ここまで、ホントに長い道のりでした。

その巌門の模様は、また次回に…。







コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/302-319798d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)