能登金剛巌門の海岸

さて、昨日の続きです。
青空のなか、MINIで走り抜けること四時間強。
ようやく、当初の目的地であった、能登金剛へと辿り着きました。
(もっとも、途中、旧福浦灯台をはじめ、いろいろと寄り道をしましたが…)

能登金剛とは、およそ30kmに渡って続く、断崖や巨岩の続く海岸の総称で、
松本清張の小説「ゼロの焦点」の舞台となったことでも、
たいへん有名になったといいます。

恥ずかしながら、私はまだ、ゼロの焦点は読んだことがないのですが、
近いうちに、ぜひとも読んでみたいと思っています。
(じつは今日、立ち寄った本屋さんで、
 ゼロの焦点を捜したのですが、残念ながら、見つかりませんでした)

というわけで、駐車場にMINIを止め、
巨岩がひしめく海岸へ…。能登金剛屈指の景勝地「巌門」へと降りてみます。

巌門

こちらが、巌門の、洞窟状の穴が空いた巨岩です。
穴の向こう側には、ちょうどこのとき、遊覧船がいたのですが…。
写真では、ちょっとわかりづらいかも。

巌門内の洞窟

そしてこちらは、巌門の内部を通る、もうひとつの洞窟。
こちらは、通路が設けられていて、通行可能です。
こういう場所を通ると、なんだか、インディージョーンズみたいで、
ちょっとワクワクします。

岩ばかりの海岸

洞窟を通り抜けると、岩ばかりの海岸に出ます。
この黒々とした岩は、まるで、流れ出した溶岩が、
海水に触れて固まったかのように見えるのですが…。

いずれにしろ、まるで、地球ではなく、どこか別の惑星のような風景です。
実際、クレーターにそっくりの凹みまでありました。

こうした岩場ばかりの海岸は、
能登半島に限らず、北陸の沿岸部では多く見られるように思います。

能登二見

そしてこちらは、巌門からクルマで十数分の距離にある、
機具岩(はたごいわ)という場所です。
三重県の二見にそっくりなので、能登二見とも呼ばれているようです。

私は、およそ十年前、この地に、ひとりでふらりと来たことがあるのですが、
そのときは、このふたつの岩越しに、夕日がものすごくきれいに見えたものです。
能登半島の西側の海岸は、天候さえよければ、どこでも、
美しい夕日が見られるようです。

それにしても、十年ぶりに出会った能登二見の光景に、ちょっと感慨深かったです。
ふと、この十年間という時間を、振り返ったりして…。

その後もMINIを北に走らせ、今度は、
日本一長いベンチへと行ってみました。

日本一長いベンチ

こちらがそのベンチ。
たしかに、すごく長いですネ。ギネスモノです。

ベンチもさることながら、この場所からは、
砂浜越しに海が見え、とてもすばらしい景観を楽しむことができました。
打ち寄せる波の音も、耳に心地いいです。

次いで、さらに北を目指したのですが、
あまりにも、あちこち寄り過ぎて、時刻はすでに夕方に…。
というわけで、ヤセの断崖まで行くのは、断念しました。残念。

そして帰りは、能登島を経由するコースを採ってみました。
なんといっても、のとツインブリッジ、能登島大橋、の両大橋を
渡ってみたかったですから。

能登島大橋

こちらがその能登島大橋。かつては通行量が必要な橋でしたが、
いまでは、無料で渡ることができます。

海の上をまっすぐ伸びる道。走ってみると、気持ちいいです。

能登の夕日

ここで、まさに、海に陽が落ちていきました。

こうして、七尾市、氷見市、富山市を経由し、飛騨高山へと戻ってきました。
ほんとうに、長い長いドライブでしたが、
今回も、我がMINIは、しっかりと走り抜けてくれました。
(同じ陽の午前中、富山市のMINI専門店に寄ったことが、遠い昔のように感じられました)

次回も、どこか遠くに行きたいです。
あっ、今回行くことが出来なかったヤセの断崖に、今度は、行ってみたいです。
(そのときまでに、ゼロの焦点、読んでおかなくては…)





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/303-a7ac4f13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)