かんてんぱぱで…。

というわけで、昨日の続きです。
かんてんぱぱは、正式には伊那食品工業株式会社というそうです。
その本社は、伊那西部広域農道という、名前こそ農道というものの、
ドライブコースに最適な道に面して建てられています。
昨日の記事でも触れましたが、本社のある一帯には、
かなりの敷地面積で、売店、工場、蕎麦屋、レストラン、
そして、茶房、ホールなど、さまざまな施設が併設されています。

この日は、日曜日ということもあってか、かなりの人出。
ここは、伊那の観光名所的な存在になっているのかもしれません。
山野草園などもあり、休日のひとときを、充分楽しめる施設になっています。

というわけで、まずは売店へ。こちらもすごい人出。
商品はかんてんぱぱで製造している商品のみに限られていますが、
思いのほか多数のアイテムがあります。

森の小径

そしてこちらは、山野草園のなかの遊歩道。
なかなかいい雰囲気でした。

チューリップ畑

チューリップ畑もきれいです。

そのあとは、歩道橋を渡って、本社社屋を横目に見ながら、
かんてんぱぱホールへと入ってみます。
こちらでは、フォトアートギャラリーと、油絵展が開かれていました。
とてもきれいで立派なホールで、入場はすべて無料。
茶房も併設されています。

ベリーガーデンを超えて

その背面には、ベリーガーデンという庭園があり、その奥に、
真新しい建物が建っています。
この建物が、野村陽子植物細密画館と銘打たれた施設です。

野村陽子さんという方を、私はこのときまで存じ上げなかったのですが、
植物の極めて詳細な細密画を創作している作家であるといいます。
もともとは、南箕輪村の出身とのことですが、現在は、清里にて、
創作活動を行っているといいます。

ボタニカルアート展

植物細密画館のなかには、野村さんの手掛けた植物細密画、
いわゆるボタニカルアートの原画や、創作活動の模様を映した映像の上映室、
売店、休憩室などがあります。

植物画は、リキテックス(アクリル絵の具)で描かれており、
雄しべ雌しべや、茎の表面にある細かな毛や、根の形状など、
とにかく、徹底的なディティール追求が行われています。

描かれた作品は、どれも、
対象物と、描き手との、深く濃密な時間の記録ともいえるような、
精緻な仕上がりとなっています。
じっと見つめていると、描き手の、植物への深い愛情とともに、
ハンドメイドイラストレーションの、楽しさ、おもしろさ、
パワーを、ひしひしと感じることができます。

デジタルイラストには、原画などというものはありませんが、
ハンドメイド作品には、一点ものの原画あり、そこには、
描き手の魂がやどっているようにも思います。

こうした作品群を前にすると、自分でも、
手描き作品を仕上げてみたい、という、強烈な想いを抱きます。

今回、この展示館を見つけたのは、まったくの偶然だったのですが、
たいへん有意義な時間を過ごすことができました。

植物細密画ポストカード

最後に、売店で作品のポストカードをいくつか買ってきました。
展示されている作品は、七月に入れ替えられるとのことでしたので、
そのさいには、またこの場を訪れたいものです。

売店の賑わい

そのあと、また売店に戻ってみました。
この時になって気がついたのですが、ここには、寒天ゼリーなどの試食室があるのです。

寒天を試食

こちらがその試食品。ちゃんとテーブルに座って食べることができます。
向かって左が、通常の寒天ゼリーで、右側が牛乳で作る寒天ゼリーだそうです。
この牛乳寒天が、めちゃうまでした。
(でも、おみやげに買ってきたのは、寒天トマトスープでした)

植物細密画館リーフレット

とにかく、思った以上に、かんてんぱぱガーデンは、楽しめるところでした。
ヨメ的にも、大満足だったみたいです。

さて、話は変わって、MINIですが、
今日、修理が完了したとのことで、引き取りにいってきました。
土曜日のテストドライブで、エンジン停止という症状を再現することが出来ず、
故障箇所の完全な特定は無理でしたが、おおよそ、ここが原因ではないか、
という部分は、みつかったとのことです。

そこは、やはりというべきか、バッテリーターミナルでした。

1985年式のウチのMINIは、上から被せるタイプの、
ちょっと特殊なバッテリーターミナルがついています。
コイツには、純正のユニパート製などの海外製バッテリーしか、原則として付きません。
うちのMINIは、そこにデルコのバッテリーを強引につけていたのですが、
結局、微妙に端子のテーパーが合わず、ターミナルがしっかり嵌っているように見えても、
通電箇所はわずかだった可能性があるとのことでした。
実際、ターミナルの内側は汚れや錆が付着しており、
接触不良が強く疑われる状態になっていました。

というわけで、この部分はすべて交換。
ここが、エンジン停止を招いた箇所だったと確実には言い切れませんが、
ほぼ、間違いないと見ていいようです。

とにかく、これからも、MINIには、元気に走ってほしいです。
次回はMINIで、信州に行きたいです。






コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
││04/30 16:43│編集

こんにちは。コメント、ありがとうございます。

情報、ありがとうございます。

ひょっとしたら、その日は、仕事(取材)が入るかもしれないので、
もしかすると、いけないかもしれませんが、たぶんだいじょうぶです。

ぜひぜひ、見に行きたいです!。
KEN│URL│04/30 18:17│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/308-6f19bfdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)