安房峠のミニ

ここ飛騨高山では、五月下旬に至るまで、ときに肌寒い日もあったのですが、
六月に入り、さすがに汗ばむ陽気が続くようになりました。
そんな梅雨入り前のこの時期、晴れた休日にはドライブに出たい、と、
思うのですが、いまだ息つきの症状が出る我が家のMINI…。
スパークプラグの交換で症状はかなり収まったものの、いまでも、
回転数が2000以下の状態で、少しモタモタ感が出てしまいます。

そんな折り、土曜に名古屋に行くこととなり、MINIでロングドライブすることに。
が、この遠乗りにちょっと不安を憶えたため、
いつもお世話になっているクルマ屋さんに、相談してみることに。

で、症状を詳しく説明すると、おそらく、
プラグが発する火花が小さいのではないか、とのことでした。
その原因として、デスキャップから電気がリークしている、
あるいは、プラグコードから電気がリークしている、
はたまた、イグニッションコイルがもう寿命にきている、
などといった理由が考えられるとのことでした。
(前回の記事の、私の予想とほぼ同じですが…)

また、イグナイターが不調の原因という可能性も、捨てきれないそうです。
(これだったら、最悪かも…)

もっとも、イグナイターが正常でも、きちんとした電圧で電気がそこまで到達しないと、
この機器は、うまく働かないこともあるそうです。

このあたりは、一度じっくりテスターをかけて、追求しなくてはならないようですが、
とりあえず、現状でも、普通に走るので、もう少し症状が顕在化したら、
本格的なチェックと修理をするということで、とりあえず、
現状のまま、名古屋まで行くことにしました。

といっても、自分でできる限りは、いろいろチェックしてみよう、ということで、
各種のコードやコネクタ、カプラーを抜いてきれいにし、接点復活剤を塗布して、
再度、嵌め込むということを、ダメもとでやってみることに。

そのさい、イグニッションコイルからデスビに行くコードを引き抜いたら、
ほとんど何の抵抗感もなくツルッと抜けてしまいました。
これにはかなりビックリ。
もういちど、コードを嵌め込むと、これがまたうまく嵌らない。
すぐにずるっと外れてしまいます。
が、そのうち、カチッとコードを嵌め込むことができ、そうすると、今度は、
抵抗感もなく抜けることもなくなりました。
どうやら、いつのころからか、このコードはきちんと嵌ってなかったような気がします。

その後、発進時に息つきを起こすことはほとんどなくなりました。
とにかく、これで、名古屋までレッツゴーです。

国道41号

こちらは久しぶりの名古屋。
症状はほとんど出ず、よくフケるし、スピードも普段と変わらず出ます。
ただ、この日の名古屋はすこぶる晴天で、気温も急上昇。
常に水温計を見ながらのドライブとなりました。

名古屋では、学生時代の友達とランチをしたりするなど、とても楽しく過ごしました。
そして、夕方、MINIに乗って帰路についたのですが、このときは、
炎天下に丸一日駐車したせいもあるのか、少しもたつきの症状がでました。
(が、そのうち解消)

その翌日の日曜は、ヨメと出掛けることに。
行った先は、先週、雪のため通行止めということであきらめた、安房峠です。

この峠は、このブログで何度も取り上げていますので、
詳しい説明は省きますが、飛騨と信州を結ぶ、数少ないルートのうちのひとつです。
というわけで、今年もやってきました安房峠。

じつは、この峠道を通らずとも、いまでは立派なトンネルがいまではあります。
このトンネルは有料となっているですが、民主党の高速無料化の社会実験として、
この六月から無料化されるとのことでした。
が、その社会実験はいましばらく実施までに時間がかかるようで、
トンネルは、いまも有料のままのようです。

もしトンネルが無料化されてしまうと、交通の難所として名を馳せたこの峠道は、
封鎖されてしまうのかもしれません。
そうならないうちに、なんとしても、この峠を通ってみたかったのです。

緑の道を

こちらが、その安房峠(岐阜県側)の眺めです。
木漏れ日がほんとうに美しいです。

安房峠頂上

そしてこちらが峠の頂上。もう絶景です。
この景色を楽しむために、バイクのツーリングやら、ドライブのクルマやら、
思いのほか交通量が多かったです。

道の脇に雪が

先週、この道は、雪のため通行止め、ということになっていたのですが、
たしかに、道の脇などに、いまだに雪を見ることができます。
六月に一般道で雪が見られるなんて、なんだかすごいですね。

というわけで、厳しい峠道を、MINIは難無く踏破。
息つきの症状も出ず、細くつづら折れになった山道を、グングン走ってくれました。
こうして、長野県側に到着。
その次は、乗鞍高原に向かってみることにします。

乗鞍高原

休みの日には決まってどこかに出掛けるのに、この道を通るのは初めてです。
こちらも、眺めはすばらしいです。

そして、MINIを降りて、山の中の遊歩道に入り、善五郎の滝というところまで、
歩いてみます。

善五郎の滝への道

こちらがその遊歩道。
アップダウンが激しくて、ちょっと息切れしました。
(慣れない山道で悪戦苦闘するヨメ…。
 ほとんど飛び降りるように、木の階段を下りています)

善五郎の滝

歩くこと十分強。
善五郎の滝に到着。
滝は涼しげで、マイナスイオンいっぱい、という感じですが。

ミストがすごい

ものすごいミストです。この場に五分もいれば、ベタベタになりそうです。

こうして、乗鞍高原を散策し、その後、松本方面にに向かって走り、
そのあとは国道19号線に乗って南下し、藪原から野麦峠を目指します。
この峠道も、急峻で細い山道です。

野麦峠頂上

こちらが野麦峠の頂上です。
夕方なので、ちょっとさみしいですが…。

こうして、かなり厳しい道をロングドライブしましたが、
この日は結局、息つき症状は出ませんでした。

やっぱり、MINIは、タフですね。

アイドリングも安定していますし、フケも問題はない…。
2000回転以上に達してしまえば、いかなる場合でももたつきや息つきはでません。
イグナイターが悪いのではなく、やはり、どこかで電気がわずかにリークしていて、
スパークプラグから飛ぶ火花が、少し小さいのかも…。

いずにしろ、もう少し様子を見て、いずれは、チェックと修理に出す予定です。







コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
MINICM0. TB0 TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/313-04977b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)