兼六園にて

さて、昨日の続きです。

金沢旅行二日目となる7月2日は、いよいよ、
金沢の最も有名な名勝地である、兼六園へとまず行ってみることにしました。

今回の予定は、行きは歩きで、帰りはバスで、と決めて、
朝9時40分にホテルを出ると、とりあえず、武蔵を経由して、
香林坊方面へと、歩いていってみることにしました。

この日、テレビの天気予報では降水確率50パーセントとなっており、
しっかり傘マークがついていました。
空を見上げると、薄くはあるものの、全天を雲がくまなく覆っている、
という感じです。
ですが、雨の降り出す気配は、当座のところまるでなく、
歩くには絶好の空模様です。

ほどなくして香林坊に到着。
ここにあるアトリオという百貨店にほんのちょっと寄ってみて、
そのあとは、中央公園を通り抜け、兼六園を目指します。

石川県庁

こちらは、中央公園の東にある、石川県町広坂庁舎。
広い敷地の中に、近代的な建物がひときわ際立っています。
町中にもかかわらず、金沢には、広い公園があるなど、
ゆとりのある都市設計がなされています。

このすぐ近くに、兼六園に入る真弓坂があるのですが、
兼六園の正式な表玄関は桂坂とのことで、そちらを目指して歩いてみます。

兼六園への道

その道も、なかなか風光明媚で、これだけの距離を歩いていても、
まったく退屈しません。

そして、いよいよ兼六園のなかへ。
時刻は10時50分。このあたりから、少しずつ、日が差すようになり、
暑さを感じるようになってきました。

兼六園

兼六園は、和の美しさにあふれています。
さすが、その名を日本国中に轟かせているだけありますネ。

苔むした風景

この苔むした雰囲気がいいです。
しばし暑さを忘れてしまいます。
気持ちも落ち着きますね。

というわけで、兼六園内の散策道を可能な限りくまなく通り、
加賀百万石の文化遺産を、しっかりと堪能してきました。

と、気がつけばすでに正午を過ぎています。
というわけで、兼六園のすぐそばにあった、白鳥というお店に入ってみました。

喫茶軽食「白鳥」

このお店の店員さんは、みなさんとっても朗らかで、
店内の雰囲気もよく、そして食事もとてもおいしいのです。
私はカレーを、ヨメは玉子丼を食べたのですが、
双方とも、小鉢がふたつもついてきて、大根の煮物がおいしい。
(もちろん、カレーもほどよくスパイシーでおいしかったです)
しかも、食後には、デザートまでいただいてしまって、
なんだか、恐縮してしまいました。

店内は常連客の方ばかりのようでしたが、
もし、このブログを読んでくださっているみなさんの中に、
金沢観光をお考えの方がいましたら、この白鳥はオススメです。

場所は、兼六園桂坂口のそばの四つ角を、南東に少し行ったところです。

城趾公園にて

その後は、ふたたび兼六園方向に引き返し、金沢城趾公園に入ってみます。
前日とは真反対の方向から、城趾公園に入ったことになります。

ここでこのまま、公園内をあちこち見学したいところですが、
なにせほかにも見たいところがいっぱいなので、
後ろ髪を引かれながらも、この城趾公園をあとにしました。

さて、次は、旧陸軍金沢偕行社に行ってみます。

が、ここで、これだけの距離をせっかく歩くわけですから、
どうせなら、余分な脂肪を燃焼させたい、ということで、
ヘルシアウォーターをどこかで買って、飲みながら歩こう、
ということになりました。

というわけで、まずは兼六園下の交差点まで行き、そこにあった交番で、
コンビニの場所を教えてもらい、そこまで行くことに。
ところが、このコンビニが思いのほか遠い…。
しかも、目的の旧陸軍金沢偕行社から、どんどん遠ざかっていきます。

しかも、このころになると、天気はすっかり回復してしまい、
雨の予報はどこへやら。
空からは、さんさんと日が降り注いできます。

こうして、ようやくコンビニに辿り着き、ヘルシアウォーターをゲット。
その後、気を取り直して、今来た道を戻ります。

そして、兼六坂をヒイヒイいいながら昇り、
とりあえず、石川護国神社に到達。
せっかくなので、参拝したのですが…。

ここで、ヨメ、体力の限界に…。
というわけで、ヨメはベンチに座らせておいて、私ひとりで、
旧陸軍金沢偕行社の建物を捜すことに。

こうして、歩き回ること十数分、ようやく、目指す建物を発見しました。

旧陸軍金沢偕行社

こちらが、その旧陸軍金沢偕行社。
この建物は、明治時代、いわゆる将校クラブだったそうで、
もともとは金沢市の別の場所にあったそうです。

木造建築ながら、バロック風の外観を持ち、明治の雰囲気を今に伝えています。
(ただ、近くで見ると、傷みも激しいです)
そのとなりには、旧陸軍第九師団司令部の建物もありました。

その後、ベンチに残したヨメを迎えにいくと、
ヨメはすっかり体力を回復したようで、ここでまた、
ふたたび徒歩行軍をはじめることに。

次の行き先は、金沢21世紀美術館です。

レンガ作りの建物

その途中で、こんな建物を発見。
こちらは、旧金沢陸軍兵器支廠兵器庫だそうです。
レンガ作りの、重厚でエキゾチックな建物です。
それにしても金沢には、明治期の旧陸軍の遺物も、とても多いように思います。

21世紀美術館

そして21世紀美術館に到着。
ここにやってくるのは、一昨年のロン・ミュエック展の時以来です。
が、今回、この美術館は単なる休憩所的な感じで、
内部を歩いて一回りしただけでした。
ここをじっくり見るのは、また次回にします。

そして午後3時15分、行きに通った香林坊に行き着き、
ついでということで、香林坊109のなかにチラッと入ってみました。
中はギャルだらけで、場違いな私たち夫婦は、すぐに外に出ることに…。

武家屋敷跡へ

そして今度は、武家屋敷跡見学へ。
香林坊のすぐ裏手にありながら、とても静かで、情緒ある通りです。

足軽屋敷のなか

こちらは、足軽屋敷の内部です。
質素かつ簡素な住宅ですが、それほどせまい家屋ではなく、
足軽とはいえ、暮らし向きがそんなに悪かったとは思えません。
(現在の基準から見ても、充分な広さかも)

ここでヨメ、持っていたデジカメを路上に落としてしまいます。
これには、私たち二人とも大ショック!。
ですが、さいわいにも、カメラはなんともなかったようで、
その後の撮影にも、支障は出ませんでした。
ホッとしました。

にし茶屋街

そして今度は片町に戻り、犀川を渡って、にし茶屋街へ。
このときすでに午後5時半。
結局、この日は、降水確率50パーセントにもかかわらず、
雨滴を見ることはありませんでした。

次いで寺町へ行き、あちこちのお寺を見て回ることに。
そこで、お寺よりも興味を惹いたのが、この建物です。

山錦楼

画像だとその巨大さがいまひとつ伝わらないかもしれませんが、
威風堂々たる木造建築です。
近くで見ると圧倒されます。

まるで、千と千尋の神隠しに出てくる、ゆばーばの湯屋のようです。
山錦楼という料亭だそうですが、大正時代に建てられたものだそうで、
いまも、犀川を睥睨するように鎮座しています。

山錦楼の裏側

こちらは、その犀川側からみた山錦楼です。
多面体構造で、玄関側より変化に富んだ外観です。
この建物を見ているだけで、なんだか、不思議な世界に迷い込んだかのような、
そんな気持ちになっています。

その後は、犀川沿いを散歩。
ものすごい距離を歩いたのに、まだ、散歩します。
ここまでくると、もう完全に、足が棒になっていますが、
それすら、あまり苦痛に感じなかったりして…。
(ただ、足の裏が痛かったです)

そして、今度こそ、バスでホテルに帰ろうと思ったのですが、
暮れなずむ香林坊が見たかったので、そのまま、ブラブラ歩いて、
ホテルまで帰ることに。

それにしても、金沢駅からにし茶屋街まで、歩いて観光する人なんて、
きっと、私たちくらいのものでしょうね。

その後、途中通りかかった、近江町で夕食。
なにせものすごい徒歩行軍だったため、この夜は、
スタミナをつける意味で、ステーキを食べてしまいました。

そして、帰り道、なぜか道を間違え、駅とは違う方向に。
というわけで、またしても余計に歩いてしまい、
ホテルに帰る頃には、ヘロヘロになっていました。

それにしても、歩くのが嫌いなヨメが、
よくぞここまで歩いたものだと、ほんとうに感心しました。

裏返せば、金沢の町は、ブラブラ歩きがとても楽しいところだといえます。

この続きはまた次回に…。







コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント

ありゃ・・・
金沢に来てたんですね~
行ってくだされば、マニアックな建物ツアーご紹介できたのに?(w
旧陸軍金沢偕行社は先般、県立美術館の改修工事のおり
現場事務所として使ってました(笑
板張りの床がなかなか重厚でね。いい味なんすよね~
そのまま兵器庫の先に司令官舎があるんですがそこは寄られましたか?
まま、次回はアナウンス下さい。旨いところ。マニアックな見所を
ご紹介いたします♪
しんたろ│URL│08/10 08:54│編集

あっ、しんたろさん、コンバンハ~!。
コメント、ありがとうございます。

そ~なんです。7月1日から3日まで、金沢に旅行に行ってました。
(北陸、好きなんですヨ)
金沢滞在中、ずっと歩いて観光したんですが、
とおっても楽しかったですヨ。
ええわあ、金沢ってカンジです。

あっ、でもって、旧陸軍金沢偕行社ですが、
建物のなかには、入れませんでした。
なので、板張りの床とか、見れませんでした~!。ざ~んねん。

この旧陸軍金沢偕行社って、第九師団創設のときに建てられたとか…。
第九師団って、日露戦争の時、たしか、
乃木希典の第三軍として、あの「旅順」を攻めた師団ですよね。
(まちがってたら、すみません)

で、兵器庫の先に、司令官舍があるとデスカ!?。
気がつきませんでした。

できれば、また、近いうちに(可能であれば今月中に!)、
金沢にイッテみたいなあ、って思ってマス。
(城趾公園、ちょっとしか見れなかったし…)

なので、また、マニアックな名所とか、
ゼヒゼヒ、教えてクダサ~イ。
KEN│URL│08/10 23:00│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/318-b3a8e2f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)