開田高原のプジョー

今日(18日)は、ヨメさんのプジョーで、
信州へと行ってみました。

それにしても、私たち夫婦は、日曜のたびに、
どこかに出掛けていますネ。

まあ、私が、普段、家にこもってゴソゴソと仕事していますから、
日曜くらいどこかに出掛けて気晴らししないと、
息が詰まってしまいそうなのです。

今回はまず、飛騨高山から南西に進路を取り、
長野県開田高原へと向かってみました。
ここからは、素晴らしい御岳の姿が臨めます。

御岳山

好天にも恵まれ、まさに絶景。
すばらしい景色です。
出掛ける前は、高地に向かうゆえに、道路の凍結を心配しましたが、
路面には、雪や氷のたぐいはほとんどなく、
極めてスムーズにドライブできました。

霧しな

この開田高原はそばの産地としても有名で、
道沿いには、多くのお蕎麦屋さんが点在しています。

せっかくですから、そのうちの一軒に寄って、名物のそばをいただきました。

月見とろろそば

注文したのは、月見とろろそばです。
おいしかったです。
が、以前、岐阜県荘川村(現岐阜県高山市荘川町)で食べた、
月見とろろそばのほうが、おいしかったかも…。

食事を済ませると、ふたたびクルマに乗り、木曽福島まで走ります。
そこから国道19号線に乗って、一路北へ。
ほどなくすると、クルマは長野県塩尻市に入るのですが、
そこからは、国道20号線に入り東へ転進。
岡谷市、及び、諏訪市に入ります。

諏訪湖畔

諏訪湖の眺めも、御岳同様最高でした。
ただ、この日は風が強く、日差しがありながらも、
ことのほか、寒さが厳しく感じられました。

ここで、湖畔に設けられた足湯につかり、ホッと一息。

その後、間欠泉を見物。
青空をバックに吹き上がる温水と、もうもうと立ち上る湯気に、
集まった人たちから歓声があがりました。

…と、ちょうどそこに、なぜか、羊を三匹もつれたオジサンが登場。
オジサン、羊を連れて吹き上がる間欠泉の前を歩いていきます。
居合わせたみなさん、その姿に、カメラを向けます。

で、私も、その姿を、さっそくデジカメに納めようと思ったのですが、
な…、なんと、バッテリー切れ。
間欠泉と羊という、極めて貴重なショットが撮れず、
ナミダを飲むばかりです。

やっぱり、予備のバッテリー、必要ですネ。
はあ?(ため息)

でも、楽しい日曜でした。

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/32-6060bee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)