海王丸の姿

今年の梅雨は、思いのほか、
雨の降る日は少なかったのではないかと思います。
ですが、短時間のうちにいきなりドッと雨が降る、といったことはとても多く、
いま思えば、とても不安定な天候だったように思います。

このように、年々、気候が極端になっていくように思います。
そんな考えを裏付けるかのように、梅雨明けとなった途端、
もう、うんざりするほどの、かなりの猛暑となってしまいました。

そんな、日差しが厳しい日曜、
せっかくの休日なので、MINIで、どこかに出掛けてみようということになりました。
といっても、あと300km弱ほど走れば、MINIはオイル交換の時期を迎えます。
そのため、いくらか走行距離を控えたドライブとなりました。

ちなみに、そのMINIなのですが、金沢旅行からの帰りに、異音を発し、
直後、修理工場入りしてしまいました。

異音は、集中豪雨のなか、大きな水たまりにバシャッとハマってから、
発生するようになったのですが、その後、異音はまったく消えてしまい、
結局、その発生の原因はわからずじまいでした。
(ですが、その原因は、あの大量の水だったと思われますが)
が、そのかわりというべきか、マフラーが折れてしまいました。

というわけで、今回、マフラーを溶接で治してもらい、
(錆びていたタイコは、鉄板をあてて溶接して修理)
ラジエーター内部も洗浄、
(このために、ラジエーターを外したらしいです)
クーラントも交換してもらいました。同時に、各所も点検してもらいました。

こうして、MINIはすっかり元気になり、
オデカケしたい気持ちにもなるわけですが、
この日は、午前中から気温がどんどん上昇しており、
もしドライブに出れば、キツい事態になることは火を見るよりも明らかでした。

なのに結局、出発!。
向かった先は富山市なのですが、国道をスイスイ走っているときは、
比較的、快適なのですが、道が混んできたり、赤信号が続いたりすると、
ジワッと水温計が上がってきます。

電動ファンのついていない私のMINIは、
夏場ともなれば、毎回、同じ状態になってしまいます。
なので、そんなときは、いつものようにヒーターをオンに。
これで、水温計の上昇をいくらか防ぐことができます。

もっとも、にっちもさっちも動かない渋滞にハマったりしたら、
こんなことをしても、もはや効果はないかもしれません。
というわけで、市街地が近づいてきたところで、国道をそれ、
空いている郊外の道へ。

木陰で小休止

そして、道すがら、ちょうどいい木陰を発見。
ここで、MINIを降りて、ちょっと小休止です。

こうして鋭気を養い出発。
富山の町中を迂回して、海へと向かってみます。

が、このあとも、ヒーターを切ることはできません。
またたく間に、車内はサウナ状態です。
それでも、水温計を低く保ちたいがために、
ヒーターはずっと稼働中にしておきました。

道行くクルマは、みんなエアコンをかけているというのに、
私たちを乗せたMINIは、エアコンなんてものはないばかりか、
あろうことか、ヒーターをつけているのです。
こうなると、あまりの暑さに、なんだか、ミョーに笑えてきます。
(これは、一種のトリップ状態かも)

ただ、水分補給だけはかかさず、正気を保ちつつ、なんとか運転します。
汗でドロドロになります。

そうこうしながら、富山の海に…。海王丸パークに到着。
このときがおそらく一日のうちで、最も気温が高い時間だったと思います。
とにかく暑い。メチャクチャ暑いです。

暑い、暑い。

日差しの強さが、ご覧いただけるでしょうか…。
カンカン照りです。

フラフラになりながらMINIを降り、海辺のテントへと逃げ込みます。

海王丸

陽光を受け、海王丸が輝いていました。
こうして見るときれいなのですが、日なたの日差しはもう殺人的です。
というわけで、見物もしないで、またしても日陰にレッツゴー。

炎天下で。

ここも、テントのしたです。
日陰に入ると、生き返ったような気持ちになります。
そよ風も気持ちいいです。
いつまでもここにいたい気持ちがしますが、
心を鬼にして、日差しのなかへと出て、海のすぐそばまでいってみました。

その後、海王丸パークをあとにして、
富山市に戻り、あちこちのお店などに寄ったりしながら、
家まで帰ってきましたが、
この日のドライブは、もう、しんどいばかりでした。

夏場のMINIのドライブは、やっぱりキツく、
かなりの覚悟がいりますね。
今回はかなりこたえました。
(というか、年なのかも…)




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/320-2ad8b6a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)