戦艦三笠

日露戦争時、旅順の太平洋艦隊を失ったロシアは、
日本海における制海権を確保するべく、バルチック艦隊を日本に差し向けました。

1905年5月27日、東郷平八郎率いる日本艦隊は、
地球をほぼ半周してやってきたこのバルチック艦隊を、対馬沖の海原で迎え撃ち、
激戦の末、ほぼ壊滅させるという大戦果を上げました。
日本が、日露戦争において、からくも勝者の地位を確保できたのは、
この「日本海海戦」での、華々しい勝利があったからに、ほかなりません。

この戦いで、日本海軍の旗艦を務めた戦艦を「三笠」といいます。

その実物大レプリカが、加賀の日本元気劇場というところにある、とのことで、
17日の日曜、見学にいってきました。

ここ飛騨高山から日本元気劇場までは、
直線距離にすれば、さほど遠くはありません。
ですが、一般道を行くとなると、富山県回りか、福井県回りを余儀なくされ、
どのルートを通っても、いささか、大回りを余儀なくされます。

今回は天候にも恵まれたため、MINIでの北陸行きを予定していましたが、
いざとなったら高速道路利用ができる、ETC付きのヨメ車で、
出掛けることにしました。
(MINIでのオデカケは、次におあずけです。ざんねん)

荘川の道

といいつつも、あまりにもいいお天気のため、
行きについては、急遽、一般道を使ってみることにしました。
今年は酷暑の年でしたが、ここのところめっきり涼しく、
(というか、すでにもう寒いです)
空も秋らしいものになってきました。

こうして、順調にドライブし、大聖寺というところまで行き着いたのですが、
ここから先の道は、リサーチ不足。
当初は、大聖寺のあたりまでくれば、日本元気劇場に行くための看板が、
ひとつくらいはでているだろう、と考えていたのですが、
そんなものはどこにもなく、本格的に道に迷うことに。

というわけで、慣れないカーナビを使ってみたのですが、
それでも道を間違える始末。
(指示された箇所のひとつ手前で曲がってしまったり…)
アナログ人間の私は、カーナビよりも、地図のほうが重宝するかもしれません。

そうこうするうちに、なんとか、日本元気劇場に到着。
予定では午後2時少しすぎに着けるのではないかと思っていましたが、
結局、3時過ぎの到着となってしまいました。
高速を使えば、お昼前には充分着いたはずなのです。
下道ドライブは選択ミスでした。

そんなことはさておき、入場料を支払い、すぐに戦艦三笠に向かってみます。

三笠が逆光で

こちらがその勇姿。
ただ、すでに西に日が傾きかけていて、完全な逆光。
しかも強烈な日差しです。
写真がうまく撮れません。

三笠甲板

こちらは、船首甲板。
錨を巻き上げる装置(キャプスタンというのでしょうか)などが見られます。
この三笠は、NHKドラマ「坂の上の雲」で使用される、いわはオープンセットで、
昨年と今年、すでに収録が行われているそうです。
ですので、いわばハリボテなのですが、
甲板にはしっかりと板が張られ、その再現度は、なかなかのものです。

三笠艦橋

順路に従い、次は艦橋へ。
ところが、残念なことに、最上部には上げれませんでした。
ここに上がって、靄の向こうから現れたロシア戦艦スワロフを想像し、
東郷平八郎気分を味わいたかったんですが…。

主砲と甲板を臨む

艦橋の脇から、艦首を臨んでみます。
この船は、駐車場に作られているので、周囲には、海どころか、
水はまったく見られません。
想像力でもって、この光景に、海原を重ねるしかありません。

煙突とZ旗

こちらは、三笠の煙突です。
明治時代の船は、石炭を燃料としていましたが、
その石炭の積み込み作業は、当時、かなりつらいものだったと、
司馬遼太郎の「坂の上の雲」には、書いてありました。

ちなみに、マストに上がっているのは、Z旗です。
レプリカとはいえ、三笠上にZ旗を見るのは、ちょっと感激です。
皇国の興廃、この一戦にあり、各員、いっそう奮励努力せよ…。

登場人物たちと

ドラマ坂の上の雲に登場する各俳優さんたちのパネル写真も、展示してありました。
秋山真之役のモッくん、東郷平八郎役の渡哲也、島村速雄役の舘ひろし…。
そこに混じって記念撮影です。

寸劇「日本海海戦」

また、この三笠を舞台にして、寸劇も行われました。
寸劇は、日本海海戦の模様を再現したもので、
ちょうどこのときは、ネボガトフ艦隊が降伏をするとき場面を、演じていました。

右舷幅砲

その後も船上をくまなく見て回り、気がつくと、もう夕焼けが…。
こうして、三笠をめぐる旅は終わりました。

さて、その後は、夕暮れの海を見に行き、今度こそ、
高速で帰ることに。

が、途中、ジャンクションでの乗り換えを間違え、
富山市に行ってしまうことに。
…と、まあ、失敗だらけの一日でした。

本日、天気晴朗ナレド、波高シ…。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/330-d553f2ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)