アストンマーチンDB2

東京赤坂サカスから、京都までのあいだを、
古いクルマで走り抜けるイベント「ラリーニッポン」が、
2010年11月5日から始まりました。
そのコースは、箱根、山中湖を通り、能登半島を巡りながら、
四日間をかけて京都に至るというものです。

ラリーニッポン2010

ラリーニッポンのサイトにある「コース/スケジュール」ページを見ると、
二日目の通過地点のなかに、わが町飛騨高山が記されており、
リンク先に高山市の観光情報サイトが…。

というわけで、リンク先に飛んでみると、
そこには、6日の午前11時半頃から、午後2時にかけて、
旧車が集結すると記されていました。

というわけで、今日のお昼に、ちょっと仕事を抜け出して、
(うちは土曜日はお休みではないので)
高山市の町中まで、行ってみました。

折しも今日は、絶好の好天。
ここのところ週末はあいにくの天気だったので、
この秋晴れはうれしい限り。
愛車を雨に晒したくない旧車オーナーにとっても、この晴天は、
ありがたいものだったでしょう。

が、なかなかお目当てのクルマはやってきません。
予定よりかなり遅れているようです。

メルセデス

正午すぎ、ようやく第一号車が到着。
ドイツ車には詳しくないので、よく車種がわからないのですが、
190SLか、300SLでしょうか…。
バンパーがついていないので、よく見る両車輛とは雰囲気が違いますが、
サイドの形状は、190SL、300SLのそれのように思えます。
(詳しい方、教えてください)

MG

続いて、MG。
でも、いつのどんなモデルかわかりません。
MG-TDじゃないし…。
こちらも、詳しい方、教えてください。

その後は、どんどんとクルマが入ってきます。

ジャガーXK120

こちらはジャガーXK120。大好きなクルマです。
グラマラスな曲線がたまりません。
でも、XK150はもっと好きかも…。
(ただ、いまだに、XK150の実車は見たことがありません)

ボルボ・アマゾン

ボルボ・アマゾンもやってきました。
セダンは地味かもしれませんが、それでも、この面構えはインパクト充分です。
このラジエーターグリル、BMWのキドニーグリルを思わせる雰囲気があります。
(そう思うのは、私だけでしょうか…)

このイベントには、東儀秀樹さんも参加されているとのことで、
見物客もものすごく多かったです。
聞くところによると、唐沢寿明さんも参加されていたとか…。
でも、東儀さんには気がつきましたが、唐沢さんには、
まったく気がつきませんでした。

MGA

MINI乗りということで、
どうしても、英車ばかりに目が行ってしまいます。
こちらは、MGA。
カエルみたいでかわいいです。
カニ目もそうですが、この時期の英車は、かわいい感じですネ。
(画像はアップしませんでしたが、参加車のなかに、カニ目の姿もありました)

ブガッティ

そしてこちらは、ブガッティです。
T35でしょうか…。(自信なしです)
それにしても、このブルーのボディカラー、馬蹄形のラジエーターグリル、
どれをとっても、ブガッティ、と、主張している感じで、
インパクトも強いです。
クラシックカーといえども、贅肉を削ぎ落としたフォルムは、
スパルタンで美しいです。

というわけで、ぽかぽか陽気の土曜のお昼を、
旧車見物で満喫してきました。

ちなみに、ラリーニッポン、明日は和倉温泉から金沢を経由して、
長浜に向かうそうです。

東京から京都へ、北陸回りで行くとなると、かなりの長距離です。
長い時間の走行は、苦労も多いかと思いますが、
ぜひ、全車、完走してくれれば、と、願っております。

旅のご無事をお祈りいたしております。

そしてまた、この高山を、ぜひ、コースに入れてください。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


関連記事
  
コメント

あの人ごみの中お逢い出来るとは思ってもみませんでした。
すばらしい車ばかりでしたね☆

展示場所が場所だけに ゆっくりしてもらえない雰囲気でしたね・・・
またこのような機会があったら ぜひまたコースに入れていただきたいものですね。

あの長距離 皆さん無事に完走されたことを祈ります。
ねずみ│URL│11/13 14:13│編集

こんにちは。レスが遅れちゃって、すみません。
(昨日は、MINIで蓼科にいってました。いつものロングドライブです)

そうそう、あの人混みの中で、お会いできるとは思いませんでしたネ。
でも、きっと、この場にきているんじゃないのかなあ、って、思ってました。
なので、お会いできた時は、やっぱり!って、思っちゃいましたヨ。

クルマの展示場所は、やっぱり、ちょっとつらかったかもしれませんね。
でも、ラリーニッポンの開催趣旨のなかに、
日本の歴史的な文化遺産を巡る、といった事柄も入っているようなので、
高山の古い町並みのそばにクルマを集合させることは、
それなりに意味のあったことなのだと思います。

今後もまた、ぜひぜひ、
飛騨地区をこうしたイベントのコースに入れていただきたいですよね。

それにしても、ラリーニッポンって、みなさん、完走できたんでしょうか…。
その後のことをあまり知らないんですが、
いまから、ネットで検索して調べてみます!!。
KEN│URL│11/15 13:37│編集
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/333-4db0b9da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)