大晦日の宮村

今日は大晦日。こちらの画像は、我が家の窓から見える、今日の光景です。
いまのところ、積雪量はさほどではなく、クルマの運転も支障なく行えますが、
このあと、寒波の襲来が予報されており、お正月期間中は、
ひょっとしたら、終日、雪になるかもしれません。
(そうならないことを、願うばかりですが…)

さて、いよいよ、2010年もあと数時間になりました。
この時期、いつも思うことですが、月日が経つのは、ほんとうに早いものです。
(年を重ねるごとに、その思いは、ますます強くなっていくようです)
というわけで、当ブログの、今年最後の記事として、
この一年を、名残惜しみつつ、振り返ってみることにしました。

まず、今年の、いちばんの思い出というと、
結婚(入籍)記念日である7月1日に行った、
二泊三日の金沢旅行でしょうか…。

尾山神社に到着

この時は、金沢の街を、すべて徒歩行軍で観光するという、
離れ業(?)をやってのけました。
ホテルは金沢駅のすぐそばにとったのですが、そこから、
にし茶屋街、兼六園、武家屋敷群、ひがし茶屋街、といった、
金沢市の主要な名所を、歩いて、ほぼくまなく回りました。
(ただ、忍者寺だけは、すぐそばまで行きつつ、
 時間が遅くなってしまったため、辿り着けませんでした)

最終日の三日目こそ、雨に祟られましたが、
そのまえの二日間は、梅雨時にもかかわらず、
天候にも恵まれ、傘も持たずに、終日、歩くことができました。

レンガ作りの建物

金沢という街は、市内のそこかしこに、名所が点在しているので、
交通機関を利用してしまうと、そういった箇所を、
飛ばしてしまうかもしれません。
ですが、徒歩であれば、じっくりと各所を見て回ることができ、
また、街の雰囲気や空気も、存分に味わうことができます。

結婚して以来、いろいろなところに旅行に行きましたが、
この金沢旅行は、そのなかでも、ベストといっていいほど、楽しく有意義でした。

五十間長屋

そういえば、この旅行のあとも、ドライブがてら、金沢城へと行きましたね。
ただ、このときは、猛暑真っ盛りの時期で、城趾公園を歩いて巡るさいは、
もうヘロヘロになってしまいました。
(エアコンの効いた休憩所に入ると、もう、天国でした)

今年の猛暑は、ほんとうに記録的で、そんな時期の金沢城巡りは、
とてもたいへんでしたが、それでも、いま思えば、楽しい思い出です。

能登金剛巌門の海岸

また、今年は、金沢の他にも、能登金剛や気多神社、七尾など、
北陸方面に、とてもよく行きました。
とくに、巌門の景色は、強く印象に残っています。

そして、今年の、我が家にとっての最大のイベントは、
なんといっても引っ越しです。
なにしろ、十年に渡って住んだマンションからの引っ越しということで、
荷物もことのほか多く、しかも、夏場の引っ越しだったために、
作業のたいへんさは、ひとしおでした。

引っ越しの距離はおよそ300m。
距離としては、わずかなものですから、
冷蔵庫などの重量物は、業者さんに運搬をお願いしたものの、
その他の荷物は、可能な限り自分たちで運びました。

大活躍の軽トラ

そのさい、ヨメさんの実家で使っている軽トラックをお借りしたのですが、
この軽トラがなかったら、引っ越し作業は。
さらにもっとたいへんなものになったでしょう。
(この引っ越しのため、9月は、ブログの記事投稿がふたつのみという、
 かなりさみしいことになってしまいました)

とにかく、昼間は汗だくになりながら作業し、
しかも、仕事は夜中までしなければならず、非常にしんどかったです。

我が家

新居は一戸建てのため、いままでにくらべ、なにかと気楽です。

そしていま、新居での最初の冬を、迎えていますが、
階下が駐車場になっているこの建物は、冷え込みが厳しく、
この先、さらに冷え込みが厳しくなることを思うと、少し心配にもなります。

とにかく、金沢旅行と、事務所兼自宅の引っ越し、というこのふたつが、
今年のなかで、とくに印象的な出来事です。

さて、いろいろなことがあった2010年も、いよいよ残りわずか…。
みなさま、よいお年をお迎えください。






コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/341-d83be197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)