停止状態のMINI

昨日の日曜は、あいにくのお天気でした。
ですが、三連休の中日ということで、
ヨメはどこかに出掛けたくて、前日の夜からウズウズしていました。
というわけで、近くの神社に左義長にいったあと、
MINIで、近場をドライブに出掛けてみることにしました。

今回は、とりあえず雪のある地域を避け、
さしてあてもなく、南へ、南へ、と向かってみました。
まずは加子母村というところまで行き、そこから、西へと転進。
国道256号線に入って、白川町方面へと向かったのです。

空模様は、南下すればよくなるものと期待していましたが、
相変わらずよくなることはなく、やがて、小雨がぱらつくようになりました。

茶の里会館

こちらが、お昼に寄った道の駅「茶の里会館」というところです。
クルマの姿はまばらだったのですが、意外と、なかは人がいっぱい。
このあたりは、お茶どころということで、
茶にまつわる品がたくさん並べられていました。
そんなわけで、ここで、昼食をとることにし、茶そばをいただきました。

そのあと、ふたたびMINIを走らせ、きまぐれに、
佐見方面へと向かってみます。

佐見への道

すると、道は一気に山道に。
道幅もグッと細くなってしまいました。
ですが、かなり上のほうまで、民家と茶畑が連なっていました。
地域の人にとっては、重要な生活道路なのでしょう。

茶畑の光景

茶畑のある光景は、なかなかいいものです。
というわけで、ところどころ、MINIを止めて、写真を写したりしました。

そんなわけで、調子良くMINIは走っていたのですが、
いきなり、エンジンストップ。

とりあえず路肩に

とりあえず、ちょうど路肩に広い箇所があったので、そちらへ避難しましたが。
なんと、その後は、キーをひねっても、
充電警告灯も油圧警告灯もつかず、セルも回りません。
つまり、電気がきていないのです。

去年の四月、長野県三岳村で起きた症状とまったく同じ。
あのときは、バッテリーターミナルをいじると、エンジンがかかったのですが…。

今回はターミナルをいじってもダメ。
で、ライトをつけてみると、見事に点灯します。
ということは、バッテリーターミナルが原因ではありまえん。

ヒューズボックス

であるならば、問題はヒューズ。
ヒューズボックスのいちばん上に取り付けられている、
35アンペアのガラス管ヒューズが、切れているのかもしれません。

でも、交換しても、ウンともスンともいいません。
こうなると、お手上げです。

考えてみれば、去年、同じ症状で止まった時、
バッテリーターミナルを少しいじると、エンジンがかかってしまい、その後、
いつもお世話になっているクルマ屋さんに、MINIを持っていったのですが、そのさい、
「もう一度、同じ症状を出さなければ、エンジン停止の原因は、特定できない」
と、いわれました。
そんなことをいわれても、好きな時に同じ症状を出せるわけがありません。
いたしかたなく、JAFの無料レッカーの範囲距離内で、
もう一度、同じ症状を出すべく、MINIを一日かけて乗り回したのですが、
結局、エンジンは快調そのものでした。

というわけで、バッテリーのターミナルがあやしいのだろうと、
勝手ながら結論することに。

たしかに、このMINIのターミナルは、うえから被せるタイプになっており、
問題も起きやすいパーツとして、専門誌などでも紹介されています。

こうして、不安は残るものの、ターミナルを左右からネジでカシメるタイプに交換。
その後、症状はまったく出なかったのです。

なので、やっぱり、バッテリーターミナルが悪かったんだろうなあ、と、
思い込んでいたのです。
でも、今回のトラブルは、おそらく、去年、三岳村で経験したあのエンジン停止が、
根本的な解決を見ないまま、再発したのではないか、と、私は考えています。

山の中

それにしても、場所さえわからない、鳥も通わない山の中。
近くには川が流れていて、天気と季節がよければ、いいところなのでしょうが…。
こんなところで止まってしまうなんて、もう、途方に暮れます。

さいわい、ヨメが、ここに至る少し手前に、バス停があることを憶えており、
そこまで歩いていってバス停の名前を確認してくれました。
それを手がかりにJAFに電話。
それから、30分強で、積載車が迎えにきてくれました。
(このあと、肉体的にも精神的にもバタバタすることになり、
 写真を撮る余裕がありまえせんでした。
 しばし文面だけとなりますが、お読みいただければ、さいわいです)

積載車を運転していた業者さんが、とりあえず、MINIをテスター検査。
すると、ヒューズボックスの端子まで、電気がきていないとのことです。
つまり、この手前のどこかで、なんらかの接触不良がおきているようです。

その場では処置なしなので、金山町というところにある、
この積載車を所有しているクルマ屋さんまで、
MINIを運んでもらうことになったのですが…。

なんと、そこでは外車は修理できないとのこと。

でも、まさか、この場においておくわけにはいかないので、
とりあえず、MINIを荷台に引き上げて、移動。
無事、金山町まで運んでくることができました。

その後、私は、加入している自動車保険に、
無料レッカー50キロがついていることを思い出しました。

それでも、飛騨高山にある、懇意にしているクルマ屋さんまでは、遠くて運べません。
近場ドライブの予定とはいえ、このあたりは、すでに高山から50キロ以上離れています。
なんとか、50キロ圏内で、このMINIを修理できるところはないか…。
というわけで、保険屋さんに電話。
すると、保険会社が設けているフリーダイヤルに電話して相談してみるのが
いまのところの最善の策だと、アドバイスをもらいました。

さっそく、フリーダイヤルに電話し、事情を説明。
そうすると、下呂温泉にある業者さんであれば、MINIを修理できるというのです。
下呂なら、無料レッカー50キロ圏内にもなり、
加えて、方向的に、自宅にも近くなります。

そんなわけで、今度は、下呂の業者さんからの積載車を待つことに。

日もとっぷりと暮れた頃、積載車がきてくれました。

ここで、30キロを移動し、下呂へ。
道すがら、積載車を運転している先方の業者さんに、
エンジン停止に至ったいきさつを説明し、修理を依頼。
私たちは、下呂温泉駅で下ろしてもらい、そこから、JR高山線で、
帰路につくことになりました。

まさか、クルマで出掛けてJRで帰ることになろうとは。
でも、ある意味、思い出深いドライブにはなりましたが。

下呂の町

こちらはそのときに撮った下呂温泉の町です。
いろいろあった長い一日の果ての光景で、なんだか、
妙に感慨深かったです。

高山線

ちなみに、この時にかかったJRの移動代金は、
保険会社のほうで、補填してくれるそうです。
とてもありがたいサービスですね。

というわけで、この日は、ほんとうに長い一日になりました。

でも、考えてみれば、止まったのが、先日の名古屋行きのときでなくて、
ほんとうによかったです。
名古屋の町中でエンジンが止まったら、たいへんです。
それに、深夜の帰り道で同じ状態になったら、もっと、
悲惨なことになっていたかもしれません。

MINIの修理は連休明けからになるそうですが、今回のこの機会に、
なぜ、電源供給が絶たれたのか、その原因を、がっちり特定してもらいたいものです。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
MINICM0. TB0 TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/344-621d9e85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)