馬瀬のミニ

ついに4月に入りました。いよいよ春の到来です。
というわけで、月初めの日曜、
愛車MINIの冬用スタッドレスタイヤを、通常タイヤに交換しました。
このとき、同時に、グリスアップも行いました。

グリスアップとは、
ビンテージなクルマでは定番のメンテナンスで、
主に足回りの可動箇所に、
グリスガンという工具で、グリスを注入する作業です。
MINIの場合は、前後計八カ所のグリスニップルに、
グリスを注入します。

グリスアップ

これが、前輪のジョイント部へのグリスアップ。
グリスガンの先端をしっかりグリスニップルに密着させ、
渾身の力を込めてグリスを圧入しないと、
所定の部分にグリスが入りません。
非力な私にはけっこうたいへんな作業です。
また、古いグリスを拭き取ったりと、手もドロドロになります。

今回は、ヨメの助けを借りて、グリスアップにいそしみました。
(この作業を手伝うことを、ヨメはいやがるかと思っていたんですが、
 けっこうおもしろがっていました)

タイヤを交換

グリスアップを終え、タイヤもすべて付け替えると、
次いでセルフのスタンドへ行き、タイヤの空気圧をチェック。
その後は、テストドライブに出掛けてみました。

飛騨高山の周囲は、山また山で、ワインディングロードには、
ことかきません。
今回は、清見、馬瀬、という場所へとクルマを走らせてみました。

大規模林道

山々を貫くように伸びる林道。
大規模林道と銘打たれた道ですが、クルマ通りもほとんどなく、
税金の無駄遣いとしか思えません。
(まあ、ドライブには好都合ですが…)

金山への林道

その後は、細い林道へ。
クルマ一台がやっと通れる幅員しかありません。
でも、こんな道を走り抜けるときは、なんだかワクワクします。

キャンプ場の川

そして、山の中の川は水がとてもキレイ。
誰もいないシーズンオフのキャンプ場で、しばし深呼吸です。

MINIは快調。
スタッドレスタイヤを装着していた時には、
わずかな不安定感があったのですが、通常タイヤに替えたら、
そんな感覚もなくなりました。

これから到来する新緑の季節。
まだまだドライブしたいです。



関連記事
MINICM0. TB0 TOP▲
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/35-e181c853
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)