夜祭の屋台

今月の14日、15日の両日、春の高山祭りが、例年通り行われました。
どちらの日も、終日、天候に恵まれ、まさに絶好の祭り日和となりました。

初日の14日の夜には、幻想的な雰囲気に包まれた「夜祭り」も行われるのですが、
今回、この夜祭りに、少し時間を割いて、出掛けてみることにしました。

というわけで、仕事を終えてから、まずは、高山の町中までクルマで行くことに…。
(私がいま住んでいるこの家も、同じ飛騨高山市内にあるのですが、
 市の中心に行くには、クルマで15分ほど走らなくてはなりません)
ところが、今回、ヨメは、外出するのが面倒なのか、留守番をするといいだし、
結局、私ひとりで、カメラ片手に出掛けることにしました。

クルマを、市街地にある実家に置き、そこから、
曵き出される山車(地元では屋台と呼んでいますが)の、絶好の見物場所となる、
陣屋前広場へと行ってみました。

震災後、日本を訪れる外国人観光客の数は、大きく減少しており、
また、自粛ムードの影響もあって、今回の祭りは、
かなり客足が鈍っているのではないかと予想していました。
ですが、いざ、現場に行ってみると、あたりは、大勢の観光客で埋め尽くされていました。
そのなかには、外国人観光客の姿も、そこかしこに見受けられ、
観光都市高山の底力を、あらためて知る思いがしました。

中橋を渡って…

あたりがしだいに宵闇につつまれるころ、無数の提灯を吊るした屋台が、
一台、また一台と、高山市のランドマークともいうべき「中橋」を渡って、
陣屋前広場へと現れました。

ゆらゆらと揺れる提灯の灯りが、きらびやかな屋台をほんのりと照らし、
まだ肌寒さの残る飛騨の夜を、美しく染めていました。

陣屋前広場

この時間になると、陣屋前広場は、
いよいよたいへんな混み具合になってきました。
居並ぶ見物客のみなさんは、みないっせいに、カメラを屋台に向けていました。

それにしても、夜祭りというのは、独特の雰囲気がありますね。
暖かみのある橙色の提灯の灯りは、人の心を揺さぶる、
何かを秘めているのかもしれません。

幻想的な夜祭り

ただ、この夜祭りの光景を写真に収めるのは、なかなか難しいです。
普通にカメラを手で持って撮影すれば、その多くが手ぶれしてしまいます。
とはいえ、フラッシュを焚くと、雰囲気がまるで違ってしまい、夜祭りらしさが出ません。
いちばんいいのは、三脚を立てて撮影することなのでしょうが、
この人混みの中では、それもままなりません。

もっとも、それでも、三脚を立てている人がいましたが、
なんと、私のつま先のうえに、三脚をたてていました。

その後は、場所を変え再度撮影にトライ。

中橋を行く屋台

こちらは、中橋を遠くから写したものです。
高山祭のポスターなどには、この中橋の上を行く屋台の姿を写したものが、
数多く使われています。

それにしても、もう少し、ズームを効かせて撮ればよかったですね。反省です。

古い町並み

いつもは、夜ともなれば、ぱたりと人通りの絶えてしまう古い町並みですが、
夜祭りの行われているこの日ばかりは、観光客の姿を、多数見かけました。
夜の帳のなかで賑わう「古い町並み」も、なんだか、活気があっていいですね。

こうして、ひとり高山の夜祭りを堪能してきました。

その翌日の15日も、チラリと高山祭を見てきました。
とはいっても、仕事のキリをつけて出掛けたのは、すでに3時近くで、
祭りも終わりかけでした。

15日の祭り

しかも、このときに、カメラのレンズにゴミがついていることに気づかず、
撮った写真すべてに、中央に灰色のかすみがついてしまいました。
(画像中央のモヤが、そのゴミです)

これにはちょっとショックで…。
また、来年、写真を撮り直さねば、と、思ってしまいました。

この祭がすむと、高山にも、いよいよ本格的な春の到来となります。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/353-8a00ec8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)