あづみの公園の眺め

今年は、連休前に、納期のあまりない仕事が入り、
そのため、長期間にわたって休むことができなくなりました。
なにしろ、連休中にチェックが入り、その修正が、
休み明けとなっているからです。

もっとも、この連休中に、どこかに旅行するといったことを、
以前から計画していたわけではありませんし、
仕事が入るというのは、なによりありがたいこと。
というわけで、今年は、連続した長い休みをとることはせず、
4月29日と、5月4日を、終日お休みすることにしました。
そして、昨日の4日は、日帰りながら、お出かけをしてみることにしました。

今回の行き先は安曇野に決定。
とはいえ、いままで、安曇野には何度もいっています。
ですが、そんな安曇野にも、まだ行ったことがないスポットが多数あり、
この日は、それらまだ見ぬ名所をいくつか巡ってみることにしてみました。

出動するクルマはヨメ車。
本来ならMINIで出掛けたいところですが、
MINIはいまだ問題の解決に至っておらず、結局、ヨメ車での出動となりました。
(運転ももちろんヨメです)

この日の天候は晴天。
ですが、黄砂のために、なんとなくガスがかかったような空模様で、
しかも、クルマの窓を開けて走っていると、埃っぽくて、
喉が調子が悪くなるような、そんな感じでした。
とはいえ、5月に入ってからというもの、雨やはっきりしないお天気が続いており、
こうした状態でも、この日は貴重な晴天でした。

私が住むここ飛騨高山から安曇野に行くには、
国道158号線に乗って、東の平湯温泉方面に向かうこととなります。
この平湯温泉にある安房トンネルを通って長野県側に入り、
その後、波田町というところで進路を北にとり、安曇野を目指すことになります。
連休ということで、国道158号線沿線の駐車場には、
上高地に入るための観光客が止めたクルマが、そこかしこにあふれていましたが、
道そのものは、さして渋滞することもなく、いつもの日曜と同じように、
苦もなく走ることができました。

安曇野の最初に目的地は、烏川渓谷緑地というところです。
ここは安曇野市の西の山側にあるとのことで、
しかも、水辺エリアと森林エリアの二カ所に別れているそうです。

烏川渓谷緑地に向かう道

こちらが、その烏川渓谷緑地(水辺エリア)に向かう道です。
ゆるやかに蛇行する広々とした道の向こうに、雪をいただく山が垣間見えるという、
まさに最高の景観です。
気持ちも晴れ晴れする思いです。
黄砂がなかったら、もっと素晴らしい眺めだったと思います。

が、この道はやがて細い山道となり、
ほどなくして、烏川渓谷緑地に到着しました。
あたりは深い森の中といった雰囲気です。

烏川渓谷緑地は、森のなかを流れる川に沿って、遊歩道が延びている、
というかたちになっています。
天気のよいGW後半の休日、ということもあり、あたりには、
行楽客の姿も多数見受けられました。

人面岩

こちらは、人面岩と呼ばれる巨岩です。
たしかに、よく見ると、岩の凹凸が人の顔のように見えます。
光の加減によって、もっとはっきり人面に見える状態にもなるのですが、
うえの画像では、あまりそのようは見えないかもしれません。

この岩の姿をよく見られるよう、谷にはバルコニー状の張出しがありました。
それにしても、流れる水がきれいですね。
水音も心地よかったです。

谷川沿いの遊歩道

こうして渓谷沿いに遊歩道を進んでいくと、
やがて道は、国営あづみの公園との境界に達します。

国営あずみの公園は有料の公園で、本来であれば、
料金所がないこちらの側からは、園内に入ることはできないようです。
ところがこの日は、あづみの公園は無料開放されているとのことで、
境界にあるゲートも、大きく開かれていました。
これはラッキー、というわけで、さっそく、園内に入ってみることにしました。

あづみの公園内1

さすがに有料の公園ということで、園内はとても美しく整備されていました。
メンテナンスも行き届いているようです。
しかも、各所で、コンサートが開かれていて、多くのお客さんで賑わっていました。

池が続く

段々畑のように浅い池があり、下流の池に向かって、順々に水が流れています。
空を映す池がいくつも連なる眺めは、美しさとともに、
どこか懐かしい、牧歌的な雰囲気に満ちていました。

チューリップ畑

園内はかなり広く、遊歩道沿いには、チューリップ畑もあり、
カメラを向ける人もそこかしこにいました。
これだけチューリップが並ぶと、壮観ですね。

ただ、チューリップ畑はここだけではなく、ほかのお花畑も含め、
園内の数カ所に点在していたようでした。

こうして、あづみの公園内をひとしきり巡って、
クルマを止めた、もとの烏川渓谷まで戻ってきました。
お散歩には、いいコースです。
(ですが、この公園巡りで、思いのほか時間を使ってしまいました)

その後はふたたびクルマを走らせ、今度は、
満願寺というお寺を目指すこととなったのですが、その模様は、
また次回に詳しく書きたいと思います。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/355-09b6fb73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)