旧富山村の山々

先週の土曜日、義理の妹夫婦が移住した、
愛知県豊根村に行ってみました。
豊根村…、とはいっても、義妹夫婦が住んでいるのは、
以前からある豊根村ではなく、市町村合併によって豊根村に組み入れられた、
旧富山村(とみやまむら)というところで、
もともとの豊根村からは、かなり離れた山の中にあるとのことでした。

場所は、長野県飯田市と愛知県新城市の中間といってもいい場所で、
義父の話では、ここ飛騨高山などよりも、ずっと険しい山奥で、
しかも、アクセスする道は、細い山道しかない、とのことでした。
もちろん、村内にはコンビニやスーパーなどあるはずもなく、
いちばん近い町(長野県飯田市)に行くまで、
クルマで一時間半もかかってしまうというのです。

義妹のご主人は、それまで、奈良でお仕事をしていたのですが、
ここ豊根村旧富山村地区で、山村留学にきた子供たちの世話をしたり、
また、人口増加のためのさまざまな施策を行う仕事をみつけ、
今年の四月、一家でこちらに越したのです。

そんなわけで、私たちも、一度、この富山村に行ってみたい、
と、かねてから思っていたのですが、梅雨が明けた今月9日、
一泊二日の日程で、ついに行ってみることにしました。

豊根村への道

ここ飛騨高山から富山村に向かうには、
まず、国道41号線をひたすら南下し、途中、進路を南東に替え、
東濃の恵那市に向かいます。
そこから、上矢作、根羽村などを経由して行くのですが…。
恵那を過ぎたあたりから、道はどんどん細くなり、山の中へと入っていきます。
しかも、夏らしい晴天だった空模様も、いつしかすっかり雲がちになり、
ほどなくすると、ポツポツと雨も降り始めてしまいました。

こうなると、蒸し暑さは耐え難くなります。
この日は、MINIではなく、
エアコンが付いているヨメのクルマで出掛けたわけですが、
その選択は正解でした。

細い山道を行く

こうして延々と山の中を走り、道に迷うなどのアクシデントにも見舞われましたが、
高山を出ておよそ5時間後、ようやく、目的地に到達することができました。

たしかに、この旧富山村は、聞きしに勝る山の中でした。
なにしろ、平地というものがありません。どの家も、山の斜面に、
へばりつくように建っているという感じです。
義妹夫婦が住む家は比較的平らなところにありますが、
そこは谷を宅地造成したような場所で、道路よりも、谷底を流れる川のほうが近い、
といった場所でした。

でも、ここまで山の中だと、秘境といった雰囲気で、
なんだか、楽しく(?)なってしまいます。
家も、大きいとはいえないまでも、さほど古くはなく、
なかなか快適そうに見受けられました。

ここで、この日は、みんなで食事をして、一晩、泊めていただきました。

次の日は晴天。
朝からジリジリと焼けるような陽射しが照りつけていました。
この日は、村内の名所を案内してもらうことに…。

旧富山村地区中心

こちらが、旧富山村の中心となる集落です。
平地がないので、家々は山の斜面に建っています。
日本のチロルと呼ばれる長野県飯田市下栗地区の眺めにも似た、
すばらしい景観です。

山の斜面に家々が…

現在、この旧富山村地区の人口は、130人強とのことです。
市町村合併によって富山村と統合される前は、日本一小さい村、とも、
呼ばれていたといいます。

静岡県の看板

この村は県境が入り組んでいるようで、クルマで少し走ると、
すぐに静岡県に入ってしまいます。

こちらが、その静岡県側にある、大嵐(おおぞれ)という駅です。
こんな山奥(失礼)なのに、なんと、駅があるのです。
しかも駅舎は新しいものです。
もちろん、無人駅なのですが…。

大嵐駅

この駅は、前後をトンネルに挟まれています。
まさに秘境駅という感じですね。
こういう山里の駅、好きです。

というわけで、一泊二日の旧富山村への旅を終えたのですが…。
じつは、この日の午後あたりから、私の体調に異変が起こっていました。
手や額がやたら痒いのです。

帰宅して翌日の月曜になると、手足はまだら模様に。
しかも、肌はぼこぼこの凹凸ができてしまいました。
そうこうするうちにどんどん症状は悪化し、
一気に全身が真っ赤になってしまいました。

あわてて皮膚科に駆け込んだのですが、
医師も「これは重症だねえ」と、つぶやく始末。
しかも、悪くすればショック状態になる可能性があるとのことで、
今後の経過如何では、入院してもらうことになるかもしれないというのです。
(しかも、このとき、熱も出していました)

それにしても、このような強いアレルギー症状を起こした原因は何なのか…。
私にはまるで思い至りません。
私はいままで蕁麻疹を起こしたことはなく、食物アレルギーもありません。
実際、旧富山村でも、ごくごく普通の食事しかしていません。

ただひとつだけ思い当たるのが、旧富山村に着いたその日に、
虫除けスプレーを吸い込んでしまったことです。
このおよそ30分後から、喉が痛くなり、結局この日は、
床に付くまで痛みは取れませんでした。
(ただ、このときは、風邪でもひいたのか、と、思っていたのですが)

調べたところ、この虫除けスプレーには、
DEET(ディート)という成分が使われており、
ほとんどの場合、人体にとって安全であるものの、ごく希に、
アレルギー症状を引き起こすことがあるというのです。

医師にもその話をしましたが、結局、
私の症状の原因についてはわからずじまいとなってしまいました。

その後、熱は38度7部まであがり、体中ひどいことに。
が、火曜、水曜をピークに、症状は改善に向かい、いま、
こうして、ブログを書けるまでに回復しました。
(まだ、全快とはいきませんが)

それにしても、今回は、思わぬアクシデントがありましたが、
旧富山村は、とてもいいところでした。
また、村の光景を見てみたいものです。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/367-b298ec9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)