フローリィへ

さて、昨日の続きです。
志賀原発のPR施設である「アリス館志賀」に入館した人には、
もれなく、近くにある、花のミュージアム「フローリィ」の入場券がもらえます。
フローリィは、通常500円の入場料となっているそうなので、
これはありがたいことです。

そのうえ、アリス館、フローリィ、双方で出題されているクイズに答えると、
解答用紙をフローリィ側に提出すると、粗品がもらえるとか…。
かなりのサービスです。

また、このふたつの施設のあいだには、
無料シャトルバスも運行さているとのことで、
双方の施設のあいだには、密接な結びつきがあるようです。

ただ、このアリス館に来る人は、ほとんどがマイカーを利用しているので、
無料シャトルバスが役立っているかどうかは、ちょっと疑問なのですが…。

まあ、そんなことはさておき、
アリス館志賀をあとにして、クルマでフローリィに向かってみることにしました。

フローリィへ

このフローリィという施設は、日本海を見渡せる広い丘のうえにあります。
能登には不釣り合いに思える南欧風の建物が、ひときわ目をひきます。
それにしても、おしゃれで立派な建物です。

なかに入ると、中央に吹き抜けのホールがあり、向かって右手にミュージアムショップ、
左手にフリースペースがあります。
(このフリースペースは、なにかの工作教室のようなものに利用されていました)
このフリースペースを抜けて進むと、大きな温室に行き当ります。

フローリィ内部

さすが、花のミュージアムというだけあって、温室内は植物がいっぱい。
しかも、なかなかいい雰囲気です。
今後、この施設は、能登の観光名所のひとつになるかもしれません。
(すでに観光名所になっているのでしょうが…)

流れる泉

温室の中央には泉が流れています。
涼しげな眺めですね。
こういうところで、ぼぉ~と佇むのもいいかもしれません。

巨大な温室

天井から降り注ぐ柔らかな陽射しが、緑を輝かせていました。
(花よりも、緑が多いという印象でしたが…)

フローリィからの眺め

また、ここからの眺めも、アリス館からの眺め同様、まさに絶景です。
緑の向こうに見える、青い海と青い空。
すばらしいですね。

アリスの園

建物の外には、アリスの園というイングリッシュガーデン風の庭がありました。
庭の柵には馬車の車輪がさりげなく立てかけてあったり、
また、小径の向こうには噴水があるなど、見て回るのが楽しいです。

これだけの施設となると、植物の手入れもたいへんなのではないかと思います。
入場料の500円はいたしかたないところかもしれません。

アリス園をブラブラした後は、建物に戻り、クイズラリーに挑むことに。
クイズが書かれているボードの前に行くと、たまたま居合わせた人が、
その答えを教えてくれました。
というわけで、答えを書いた用紙を受付に持っていくと、
カフェでのドリンク券に引き換えてもらえました。

カフェカモミール

というわけで、カフェ「カモミール」にいって、休憩!。
ここでは、結婚式も行えるそうです。

このカフェの向こう側でも、一階のフリースペース同様、
カルチャースクールのような教室が開かれていました。
どうやら、この施設は地域の人たちにも幅広く利用されているようです。

やっぱり海へ

こうして、フローリィを堪能した後、羽咋市方面に戻ったのですが、
なにしろ能登まできたのですから、海を間近で見てみたい、ということになり、
通りすがりの海水浴場に降りてみました。
時刻はすでに夕方とあって、ほとんど人影はいませんでしたが、
やっぱり海はいいですね。

その後は、羽咋の「千里浜なぎさドライブウェイ」を走ってみることに。
このなぎさドライブウェイは、海岸沿いの砂浜が道路して認められているところで、
海沿いをドライブできる珍しい道です。
(砂浜に道路標識が立っていたりします)

なぎさドライブウェイ

さすがに、こちらは人もまだ多く、海辺にクルマを止めて、
ベーバキューをしたり、海に入ったりしている人もいました。

その後は、かほく市を経由し、国道8号線に入り、
高岡、富山を経て高山へと帰ってきました。

原子力のPR施設を見学したり、花のミュージアムを見物したり、
渚を走ったりと、なかなか有意義なドライブでした。
また、能登の海岸を、ドライブしたいものです。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/369-8f71bbc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)