銀の森

先週末は三連休となり、金曜日、土曜日は、雲ひとつない青空が広がっていました。
ですが、我が家は三連休とはならず、結局、お休みは、
いつも通り、日曜のみとなりました。

が、連休最後のこの日曜は、雨の気配こそないものの、
前日のような快晴ではなく、少し雲の多いお天気となってしまいました。
せめてもう一日、スカッとした青空を臨みたかったのですが、
なかなか、思うようにはいきません。

しかしながらせっかくの日曜ですので、この日も、
MINIで出掛けることにしました。
今回の目的地は、土曜日の朝にやっていたテレビ番組で取り上げられていた、
恵那市の「銀の森」というところです。
(この番組は、中部地方でのみ放送されているものです)

ここは、郊外の緑豊かな場所に、レストランや専門店などが遊歩道で結ばれた施設で、
番組を見る限りでは、ちょっとオシャレでアミューズメント性も高そうな雰囲気です。
というわけで、ミーハーな私たち夫婦は、さっそく、
この「銀の森」に行ってみることにしました。

まっすぐな道

ここ飛騨高山から、同じ岐阜県内の恵那に向かうには、
進路をほぼ真南にとることとなります。
所要時間は二時間強というところでしょうか…。
ですが、まっすぐ目的地に向かっても、なんだかつまらない、と思い、
一度長野県側に出て、それから、南下するという、
大回りなコースをとることにしました。

まずは、長野県側に出るため、開田高原に向かい、そこから、
三岳村、上松町、を、経由して、国道19号に出ます。
国道19号に入った後は、そのまま南下。
連休最終日にもかかわらず、道はすいていて、とてもスムーズ。
と、思っていたら、途中、突然、渋滞に…。

この渋滞、待てど暮らせどクルマの列が動きません。
工事渋滞とも思えないので、もしかすると、
事故などの突発的な事態が起きているのかもしれません。

待っていても埒があかないので、ここでUターン。
どうせ急ぐ旅ではないので、さらに回り道をして、飯田市まで行くことにしました。

飯田の丘で

こちらが、飯田市のそばの高原です。
写真だとわかりづらいのですが、この道は下り坂になっています。
それにしても、眺めがいいですネ。
雲が多いのが難点ですが、それでも、汗ばむほどの陽射しを感じました。

その後は、国道153号線を豊田市方面に向かって南下。
途中、道の駅「信州平谷」というところに立ち寄ったのですが…。
ここはかなり規模の大きな道の駅で、どうやら、宿泊できる施設もあるようです。

木曽馬がいました。

しかも、ここには、木曽馬が何頭かいて、子供を乗せるサービスもしているようでした。
小振りな木曽馬は、かわいいです。
(これだけ小さいと、子供しか乗れないでしょう)

さて、その後は、国道418号線に乗り入れます。

国道418号線

が、この国道418号線はなかなかの酷道。
以前、豊根村に行く時にも、この道は通っていたのですが、
運転はヨメで、そのとき私は助手席で眠ってしまっていたので、
この道のことはよく憶えていませんでした。
でも、森の中を行くのは、ちょっと楽しいです。

その後、恵那の街に到着。
ここからは、とりあえず、恵那峡ワンダーランドを目指し、
その近くにあるはずの銀の森へと向かいます。

銀の森到着

こうして、ようやく到着。
それにしても、ものすごい遠回りをして、やっとの到着です。

時刻はすでに3時を回っており、夕方の気配さえ漂っていますが、
それでも、場内はかなりの人出。
(写真では人が少ないように見えますが、実際には、たくさんの人で
 賑わっていました)
ちなみに、銀の森のサイトはコチラです。

恵那 - 銀の森 Gin no Mori

オシャレなお店

ゆるやかにカーブを描く遊歩道のそこかしこに、専門店が点在しています。
南仏的な建物が、オシャレですね。
こちらは、ジャムなどを扱っているお店でした。
試食も豊富で、そのためのパンまで用意されていました。
至れり尽くせりですね。

カフェ

続いてコチラは、カフェとお店が併設された建物です。
こちらには、さきほどのお店でも売っていたジャムのほか、
さまざまな調味料や出汁などがありました。
お店の雰囲気もよく、ここで、トマトペーストを買ってきました。

遊歩道へ

この施設の裏にも、また遊歩道があり、こちらは森の中へと伸びています。
ただ、こちらには人影もまばら…。
というか、私たち以外、誰もいませんでした。
まさに、プライベート遊歩道状態です。

森の遊歩道

まだ作られて間もないらしく、コンクリートは真新しいもので、
どうも、整備途中という雰囲気です。

その後は、恵那峡にちらりと寄り、帰路に。
が、ここで、道に迷うことに…。
どうにかこうにか、帰り着きましたが、
思えば、長い長いドライブでした。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/375-e743a41d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)