白馬のジャンプ台

抜けるような青空に恵まれた三連休。
ここ飛騨高山では、秋の高山祭が開かれ、大勢の観光客で賑わったようです。
そんな行楽日和の日曜日、私たちは、地元の祭りをよそに、
白馬まで、MINIで出掛けることにしました。

たしかに、高山祭の呼び物である豪華絢爛な祭屋台(山車)の引き揃えを見てみたい、
という気持ちもあったのですが、秋の穏やかな日差しのなかを、
風を受けながらドライブしたい、という誘惑には、勝てませんでした。
(だいいち、祭は二日間あるわけですから、その翌日でも、見物は可能です)

そんなわけで、この日は早起きに成功。
この調子なら、かなり時間に余裕を持って、家を出られる、と思っていたのですが、
どういうわけか、結局、出発は10時くらいに…。

まあ、いつものことなのですが、これでは、
いったいなんのために早起きしたのやら、という感じです。

とにもかくにも、この日は絶好の晴天。まさに雲一つない空。
これ以上はないというほどのドライブ日和です。

今回の目的地は、先にも述べたように、長野県の白馬です。
もちろん、ここには、いままでにも何回か行ったことがありますが、
今回は、さらに北へ進んで、海まで…、
新潟県の糸魚川市まで出てみる、というコースをとってみることにしました。

絶好の晴天

というわけで、まずは東の長野県を目指して、国道158号線を走ります。
その途中、飛騨と信州を結ぶ『安房峠』を通ってみるつもりだったのですが、
いざ、安房峠に行こうとすると、渋滞に出くわすことに…。

トンネルが造られたいま、細く険しい峠を通ろうとするクルマはほんのわずか。
普通なら、その峠を目指す道が渋滞するわけはないのですが…。

安房峠の入口手前には、上高地に行く行楽客のための駐車場があり、
どうやらこの渋滞は、その駐車場に入るためのクルマが引き起こしているようです。

連休の中日でしかも希に見る晴天…。
となれば、上高地を目指す人はいつもよりかなり多いはず。
ですが、ここまでの渋滞を引き起こしているとは、まさに予想外でした。

というわけで、結局、安房峠行きをあきらめ、トンネルを通って信州へ。
予想外の事態に、ちょっと残念な気持ちになってしまいました。

そのあと、158号線を松本市に向けて走ったのですが、
上高地を目指す行楽客のクルマが、
道のそこかしこにクルマが路上駐車していました。
これほどの数の路上駐車を見るのは初めてで、上高地の混雑ぶりがうかがわれました。

が、松本に向かうクルマは、さほど多くはなく、
比較的スムーズに安曇野に入ることができました。

安曇野にて

安曇野に入ったところでちょっと休憩をして、
ふたたび、白馬を目指して、真っ青な空の下を走り抜けました。

木漏れ日のなかを

このあたりの道は、木漏れ日が美しく、すがすがしい気持ちになります。
こんな道を、どこまでもずっと走り続けたいですね。

そして、木崎湖、青木湖を横目に見ながら、白馬に到着。
上高地の先例があるため、こちらもさぞかし人が多いことだろう、
と、予想していたのですが、そこまでの混雑はなく、
かといって適度な賑わいもあり、ほどよい雰囲気でした。

オリンピックのジャンプ台

こちらは1998年の長野オリンピックで使用されたジャンプ台です。
日の丸飛行隊の晴れ舞台となった場所です。

こちらにきたのは、ちょうど五年ぶりになるのですが、
いまみても、この施設の巨大さに圧倒されます。
しかも、選手が滑り出すスタート地点は、遥かな高みにあり、
高所恐怖症の私には、あの地点に立つことを想像するだけで、
足がすくむ思いです。

ジャンプ台手前の電光掲示板

ジャンプ台の手前は広い芝生となっており、
腰を下ろして談笑する人、散策する人など、秋晴れの一日を、
みなそれぞれに楽しんでいるようでした。

さて、ここからさらに北に進んで、いよいよ糸魚川に向かいます。
白馬から糸魚川までのルートは、八年ほど前に通ったことがあるのですが、
以後、まったく走ったことがなく、そのためか、風景の記憶も曖昧です。

このルート、かなりトンネルが多いです。
その昔、通ったとき、これほどトンネルはなかったように思うのですが…。

糸魚川の海

そしていよいよ、海に…、糸魚川に到着。
山深い場所から開けた海に出ると、感激もひとしお、といった心持ちです。
ただ、新潟県に入ってから、少しだけ、薄く雲が出てきました。

糸魚川でのMINI

このあとは、上越方面に走り、弁天岩というところに向かってみました。

弁天岩

こちらがその弁天岩。
この日予定していた、最後の目的地です。

弁天岩には厳島神社という小さな神社があり、そのうえには、
小さな灯台がありました。
海に突き出した橋の先に、小さな島がある光景は、蒲郡の竹島を思わせますが、
この弁天岩は「岩」というだけあってか、竹島よりさらに小さく、
道も狭く急なものでした。

日本海に沈む夕日

こちらは、その島からの帰り道、橋の上から撮った夕日です。
水面を照らすオレンジ色の光。美しいです。

その後は、黒部、魚津、富山を経由して、高山へと帰ってきました。

長い長いドライブでしたが、今度はもっと遠くまで行ってみたいな、と、
思ったりもしています。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/377-6ffd4823
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)