ミニカーの空箱

ラジコンメーカーとして有名な「京商」の1/64スケールミニカーが、
サークルKサンクスのオリジナル商品として、定期的に販売されています。

今月の10日、その新シリーズが店頭に並ぶこととなりました。

今回のアイテムは、フィアットとランチア。
車種は双方からチョイスされた10種で、
カラーバリエーションも含めると、全部で27種類にもなります。

フィアット、ランチア、ミニカーシリーズ

残念ながら、10日の発売日に、コンビニに行くことは出来ませんでしたが、
翌日の11日に、私たちは、夫婦で、近くのサークルKサンクスへと向かいました。

今回のラインアップに、ウチのヨメはコーフン気味。
というのも、そのなかに、フィアット500チンクエチェントが含まれているからです。
(ヨメの愛車は、このフィアット500チンクなのです)

サークルKサンクスにも、チンクに乗って行きました。

そして、店内に足を踏み入れると、私たちは、
まっさきに食玩の並べてある棚に向かい、
目当てのミニカーの箱をみつけるやいなや、それらを手に取り、
たがつすがめつ眺めまわします。

というのも、このシリーズはブラインドボックスに入っており、
事前に中身を知ることは出来ません。
ヨメはブルーのフィアット500を欲しがっていますが、
単純にいって、目当てのモノを引き当てる確立は、27分の1です。
(念力で箱の中身が見えないものかと思っちゃいますネ)

一方の私は、ランチアデルタか、
アリタリアカラーに塗装されたランチア・ストラトスのラリー車が、
欲しいと思っているのですが…。

というわけで、さんざん迷った挙げ句、
夫婦それぞれ2個ずつミニカーを買い、さっそく、クルマのなかで、箱を開けました。
(店内から、店員さんが失笑しながらこちらをみていましたが、
 そんなことにはかまっていられません!)

で、まず、ヨメの箱の中身は…。

願いもむなしく、チンクは出てきませんでした。
出てきたのは、フィアットディノスパイダーというクルマと、
ランチアラリー037。

あまりの悔しさに唇を噛み締めるヨメ。
そんなヨメを尻目に、
私は、自分の買った箱を開けると…。

ランチア・ストラトス

出ました!。アリタリアカラーのストラトス!。
もう、感涙です。カッコいい。しかも、塗装のクオリティも非常に高いです。
さすが京商!。

残る一方の箱を開けると、今度はピレリカラーのストラトスが…。
(これは、あんまり欲しくなかったんですが…)

ピレリカラーのストラトス

これで、私としては満足だったんですが、ヨメは気持ちがおさまりません。

というわけで、今度は、別のサークルKサンクスに…。
でも、またまた、チンクはでてきません。
またしても、ヨメ、憤慨です。

なので、再度、さらに、別のサークルKサンクスに向かいます。

店に乗りつけるクルマはチンクなので、目立つことこの上なく、
しかも、夫婦揃って、ミニカーの箱の前にたって、
ああでもない、こうでもない、というのですから、もう、傍目には、
かなりヘンなカンジです。

が、苦労の甲斐あってか、三軒目の店で、ヨメはついにチンクをゲット。
あいにく、ブルーではなかったのですが、
まあ、チンクをゲットできたことに、ヨメも、どうにか、溜飲を下げました。

ヨメのチンク

それにしても、ミニカー欲しさに夫婦でコンビニ行脚をするなんて、
私たちは、筋金入りのおバカ夫婦です。

そして、あとには、たくさんの空箱が残されたのでした…。


関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/38-c8ea86fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)