大晦日の宮村

今日は大晦日…。2011年も残すところわずかとなりました。
そんなわけで、今年も、当ブログ恒例の「一年を振り返る記事」を、
印象深い出来事を思い起こしながら、綴っていきたいと思います。

2011年といえば、なによりまっさきに頭に浮かぶのは、
3月11日の震災と、それに端を発する原発事故です。
戦後最大の国難ともいうべきこの災厄によって、
多くの人が、耐え難い悲痛な思いと、塗炭の苦難を味わっただけでなく、
原発事故という人災による追い打ちによって、
震災からの復興が、さらに遠く困難なものとなってしまいました。

この原発の問題は、国民すべてが、今後も長期にわたって、
重大な不安を抱え続けていかなければならないという、
まさに、未曾有の事態となってしまいました。

原発の廃炉までに40年という時間が必要とのことですが、
おそらく、もっと多くの時間が費やされるのではないでしょうか。
その解決を、私は、生きているあいだに見ることはないのかもしれません。

加えて、日本の政治も経済も、閉塞感ばかりが漂い、
外に目を向ければ、ギリシャ危機に端を発するヨーロッパの経済不安や、
北朝鮮の政情不安の懸念など、明るい要素もないという有様です。

ですが、来る2012年は、
希望の光が差す年になってほしいと、切に願っています。

厳しい冷え込みの大晦日

さて、そんな2011年だったわけですが、私の個人的な感想としては、
このような言い方はたいへん不謹慎かもしれませんが、
よい年だったと思っています。
仕事のうえでも、守秘義務があるため、ブログでの公表はできませんが、
新しい展開があり、予想以上に忙しく、充実していました。

というわけで、今年の思い出深い出来事を、
駆け足で振り返っていきたいと思います。

停止状態のMINI

まずは一月に起きたMINIのトラブル。山の中で、突然のエンジン停止です。
まあ、電気がきていないというトラブルですから、
見方によっては単純なものなのですが、その後、
何事もなくエンジンがかかってしまったため、原因が特定できず、
やっかいなことになりました。
結局、今年は、このトラブルのおかげで、その後、五月過ぎまで、
満足にMINIに乗れませんでした。
(今年一番の、マイナスの出来事でした)

素晴らしい杉並木

さて、次の思い出深い出来事ですが…。
七月一日の結婚(入籍)記念日には、長野旅行に行ってきました。
まずは戸隠神社に行き、翌日には善光寺にも行ってきました。

戸隠神社の奥社へ向かうこの参道の眺めは、ほんとうに素晴らしいものです。
このとき、戸隠神社には三回目の参拝となりましたが、
いつ見ても、この光景には、心洗われる思いがします。
また、出来れば来年も、いきたい場所です。

象山地下壕

その後は、松代大本営の地下壕跡も見学してきました。
かねてから、この地下壕の存在は知っていましたが、
実際に見学すると、実際に見学してみると、
こんな山の中に籠ってまで戦争継続をしようとした、
当時の軍部の狂気を、肌で感じる思いでした。

高橋尚子ロードにて

秋以降は、今年前半の鬱憤を晴らすように、MINIで方々へ出掛けました。

光前寺の参道

こちらは、駒ヶ根にある「光前寺」です。
美しい参道が印象的でした。
今年は、この光前寺をはじめ、美しい参道をたくさん見ることができました。
白山ひめ神社や、虎渓山永保寺も、木漏れ日の美しい参道が印象的でした。
この光前寺にも、また、ぜひとも行ってみたいです。

オリンピックのジャンプ台

そして、白馬を経由して糸魚川までドライブ、という、
長距離強行軍もしてみました。

この日は終日にわたって大好天。
まずは安房トンネルを通って安曇野に入り、
そこから、木崎湖、青木湖を経て白馬へ。

白馬で98年の長野オリンピックのジャンプ台を見物した後、そのまま北上。
新潟県の糸魚川の海まで出てみました。
そして今度は国道8号線に乗り、南西に向かって走り、
富山市を経由して、飛騨高山へと帰ってきました。

独身の頃は、このくらいの距離のロングドライブはよくしていたのですが、
さすがに、いまは昔のようにはできないですネ。

クリスマスらしい光景

そして、しめくくりはやはりクリスマス。
イルミネーションの輝く名古屋の街を散策してきました。

とにかく今年一年、みな健康で過ごすことができました。
来年も、よい年であるようにと、
そして、この国の誰もが、心穏やかに過ごせる年になりますようにと、
願わずにはいられません。

それでは、みなさま、よいお年をお迎えください。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/385-9c32dd88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)