松野湖の光景

冬になると、MINIでドライブに出掛けることは、
当然というべきか、めっきり少なくなってしまいます。
なにしろ、雪道を延々と走るのは、ちょっと気が滅入りますから…。
ですが、それよりも、もっと気を滅入らせるのは、路上に撒かれる融雪剤です。

塩化カルシウムである融雪剤は、クルマのボディの大敵。
すでに各所にサビを発生させているわがMINIにとって、
この融雪剤は、可能な限り避けたいものなのです。

そんなこともあって、この時期、
MINIでのドライブの機会はますます失われるのですが、
いくらMINIが大事だからとはいえ、ずっと車庫に入れたままにしておくのも、
やっぱり、なんだかよくないように思います。
前々回も書きましたが、クルマも、人の身体と同じで、適度に動かさないと、
調子が悪くなってしまうように思います。

というわけで、先週の日曜、久しぶりに天候にも恵まれそうだったので、
思い切って、MINIを出すことにしました。

といっても、今回も北には進まず、
(なにしろ、北にある富山方面は大雪らしいですから)
南に進路をとることにしました。

今回の行く先は、岐阜県瑞浪市にある、鬼岩公園というところです。

宮峠を行く

今回も、我が家のすぐ南にある「宮峠」の画像をアップしてみました。
この峠は、急カーブが多く、冬場は路面凍結もあるなど、危険が多い道です。
実際、この日、反対車線の路面は、まだ凍結状態にありました。
(ただ、路面に雪の姿はなかったです)

こうして、国道41号線をひたすら南に進み、
下呂市、美濃加茂市、を経由して、国道21号線に入り、
およそ2時間と少しで、目指す鬼岩公園に到着しました。

この鬼岩公園は、今月8日に、坂折棚田にドライブしたさい、
偶然、発見したのですが、その時は素通りしてしまい、
今回、はじめて訪れることができました。

鬼岩公園到着

こちらがその鬼岩公園の駐車場なのですが、なんとなく、
寂れたさみしい雰囲気が漂っていました。
冬場ということもあるのか、好天にもかかわらず、お客さんもちらほら、
といった感じでした。

駐車場脇の歩道橋を渡り、鬼岩公園へと足を踏み入れましたが、
近くには廃墟となったホテルがあったりと、
ますます、寂れた雰囲気が強くなります。
ですが、この独特の雰囲気、きらいではないです。

遊歩道を行く

こうして、鬼岩公園の遊歩道へと足を踏み入れたのですが、
残念ながら、岩屋めぐり、というコースは、閉鎖されていて、
踏破することは叶いませんでした。
ですが、遊歩道自体は通行可能だったので、どんどんと先へと進んでいきます。

遊歩道は、渓谷にそって伸びています。
道は昇りばかりで、しかも思いのほか急です。

巨岩

そして、各所に、このような巨岩が点在しています。
この巨岩が、鬼岩公園といわれる所以らしいです。

遊歩道を見下ろす。

それにしても、かなりの上り道です。
ふと振り返ると、思いのほか高低差があることに気づかされます。

岩の下を通ることに。

先へと進むうちに、道のメンテナンス状況は悪くなり、
同時に、コースも厳しくなります。
ここは、岩の下に歩道が伸びていました。
ですが、このような場所は、探検気分でちょっとワクワクします。

遊歩道には、ところどころ脇道があるのですが、その多くは、
立ち入り禁止となっていました。
とはいえ例外もあり、この洞窟の中へ伸びる歩道は通行可能でした。

鬼の洞窟

洞窟のなかは真っ暗なのですが、
近づくと人感センサーによるライトが点灯し、内部を照らしてくれました。
洞窟の中には鬼の像が祀られていました。

長い坂道

それにしても、歩道は延々と続きます。
やがて、道幅の広い上り坂へと出ましたが、そのころには、
ヨメはもうヘトヘトになっていました。

遊歩道のゴール「松野湖」

といいつつも、なんとか長い坂を昇り切ると、目の前の視界が開け、
目の前に湖が現れます。
それにしても、たいへんな好天です。
気持ちはいいのですが、風があり、とても寒かったです。

ここから、別ルートを通って帰路につこうとしましたが、
どうやら通行止めらしく、結局、今来た道をひきかえし、
戻ってきました。

この鬼岩公園は、昔は、大いに賑わっていたのかもしれません。
ですがいまでは、時代に取り残されてしまったような感があります。
とはいえ、寂れた雰囲気にもまた趣があり、味わい深いものがあります。

また、いまでも営業している温泉旅館やホテルもあり、
この静かな雰囲気に魅力を感じる人も、少なからずいるようです。

MINIで帰路に。

とにかく、巨岩を巡るトライアルは楽しいものでした。
もっと季節がよくなったら、またドライブがてら、この地を訪れたいものです。
(ただ、ヨメは、もう来たくない、といっていましたが…)




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/388-5d2c20bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)