特集記事トビラ

ここのところ、多忙を極めてしまい、
そのため、ブログアップが少し遅くなってしまいましたが、
先月26日に発売された週間アスキー増刊号の、
特集記事『超速コアi パソコン自作』の特集記事トビライラストを、
担当させていただきました。

トップに掲載した画像が、その、
週刊アスキー増刊号『超速コアi パソコン自作』(1月26日発売)へ掲載の、
イラストです。

今回は、クレーン車が巨大なCPUの蓋を持ち上げ、
内部にある6つのコアが垣間見える、というビジュアルとなっています。
巨大CPUの周囲には水路があり、こちらを流れる水が、
CPUを冷却している、というかたちになっています。
そのため、水路からは湯気が立ち上っています。

超速コアiパソコン自作

このビジュアルのアイデアは、
編集部の方からいただき、こちらで、まずはラフを描き、
細部を詰めていきました。

そのあとは、まずクレーン車のモデリングから始めました。
クレーン車と一口にいっても、いろいろなタイプがあるようで、
今回は、テレスコピックタイプのクレーンをモデルにしてみました。

まずはキャタピラを組み、足回りを作ると、そのあとは、
車体、クレーン本体と組み上げていきます。

クレーン車

作ってみると、クレーン車って、意外とカッコいいことに気づきます。
ただ、こういった重機系のメカは、曲面部分が少ないため、
映り込みがしづらく、3Dのレンダリング画像としての、絵的な「映え」のようなものは、
少なくなってしまうようにも思います。

このクレーン車のアームを立て、作業状態にし、CPUを取り囲むように、
四台配置させます。
このクレーン車とCPUを基準に、ロボット、水路、など、
他の要素を配置していきました。

作業画面

こうして、すべてのパーツが揃ったら、
それぞれを所定の箇所に配置しレンダリング。
レンダリング後、湯気などの処理は、Photoshopで加工しました。

表紙

今回も、楽しくスムーズに作業させていただくことができました。
編集部のみなさま。担当のKさま。たいへんお世話になりました。
ありがとうございました。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/389-960ecd97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)