節分祭

今年も、立春がすぎ、暦のうえでは春になったわけですが、
ここ飛騨高山では、まだまだ厳しい冷え込みが続いています。
今年の冬は、大雪のニュースがしきりに報道されていますが、
こちらでは、さいわいなことに、いまのところ、大雪とはなっておらず、
(とはいっても、毎日、小一時間ほど、雪掻きはしなくてはなりません)
ほっと胸をなで下ろしています。

もっとも、大雪の映像をテレビなどで見るにつけ、
雪の苦労がわかっているだけに、ほんとうに、気の毒になります。
この厳しい冬が早く終わってくれることを、願うばかりです。

さて、ちょっと日にちが経ってしまいましたが、
今年も、飛騨国分寺で開かれる節分星祭に行ってきました。

飛騨国分寺のサイトはコチラです

とはいえ、この2月に入って、私の仕事のスケジュールはびっしり…。
国分寺まで出掛けるのは、かなり厳しい状況となってしまったのですが、
やはり、一年の締めくくりとして、この行事には毎年出掛けており、
また、昨年いただいたお札をお炊き上げしてもらい、
新しいお札をいただいてくる、という、我が家にとって、
おろそかにできない大事もあり、結局、無理をおして出掛けることとなりました。

といっても、塩カル(融雪剤)だらけの道路をMINIで走るのは気が引けます。
あとで高圧洗車機で洗車すればいいのですが、
冷え込みが厳しいと、凍結防止のため、ガソリンスタンドの洗車機が使えないこともあり、
結局、この日は、JRで出掛けることにしました。

というわけで、三日の朝は、早起きしたのですが…。
この朝は異様な冷え込み。もう、寒いという感覚を通り越して、
痛い、という感じです。

しかも、凍結防止ヒーターを入れ、
蛇口にはタオルもまきつけていた水道が半ば凍結。
水やお湯がしたたるほどにしか出てきません。
お風呂の引き戸は凍って開かず、浴槽の蓋も凍ってとれません。
ほんとうに、酷い冷え込みです。
(このときの写真を撮っておけばよかったんですが、
 あまりの冷え込みに、写真を撮ろうという意識さえありませんでした)

どうやら、マイナス13~4度にはなったようです。

冷え込みの厳しい朝の光景

そんな冷え込みの中、駅まで歩いたのですが、
空は晴れていて、ほんとうにすばらしい眺め。

寒さ故に、この凛とした景色を眺められるわけですが、
指がちぎれそうなほどに痛かったです。

冬の一之宮駅

そしてこちらは、駅の眺め。
真っ青で雲ひとつない空、大地は白一色…、とても美しい眺めですネ。
ただ、こんな日に限って、列車に遅れが出て、
震えながら、このホームに10分以上立っていました。

ようやく来た列車に乗り、揺られることおよそ数分。
高山駅に到着しました。
わずか一駅だけの旅ですので、ほんとうにあっという間です。

国分寺到着

そしてこちらが、飛騨国分寺の前です。
節分星祭の看板が大きく出ていました。
この看板を見るのは、ちょうど一年ぶり、ということですね。

国分寺三重塔

こちらは飛騨国分寺の三重の塔です。
いつ見ても、美しい建築物です。

その後、本堂に入り、午前10時を回ると、
いよいよ、星祭の始まりです。

般若心経が繰り返し唱えられる中、護摩が焚かれ、
室内は独特の雰囲気につつまれます。

写真を撮りたいところですが、神事のため、撮影は遠慮しました。
国分寺のHPに、画像がありますので、興味がおありの方は、見てください。

いずれにしろ、毎年、節分に、この場にこられるということは、
いままでの一年が、無病息災であった証で、
ありがたいいなあ、と、思うばかりです。

その後は、立春からの一年が、無病息災であるよう、願いを込めて、
豆まきが行われました。
(場内はドッと賑やかになります)

こうして、一連の行事が終わり、今年も、お札をいただいてきました。

最後に、ふたたび、
これからの一年、お見守りをいただけるようお願いし、バスで自宅へと帰ってきました。

ふだんはクルマに乗っているので、列車やバスに乗るのは新鮮で、
ちょっとワクワク気分でした。
(が、帰ってきたら、雪掻きと山のような仕事が待っていました…)




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/390-b2f1bf31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)