ドライブ表紙

さて、忙しさも一段落がつき、しかもようやく長い冬も終わり、
これからはカメラをもってMINIでオデカケしたい、と、思っているのですが、
どういうわけか、日曜日のたびに雨か雪が降り、
これではとても、オデカケする気持ちになれません。
そんなわけで、せっかく買ったカメラ「XZ-1」も、
まだ本格的に使うこともなく、机のうえで、出番を待つ日々が続いています。
(今年は、三月になってもいつまでも冬を引きずっている感じです)
来月こそは、オデカケネタが書けるようになれば、と、思っています。

というわけで今回は、bookモノの話題です。
といっても、文芸系などの類いではなく、デザイン本を取り上げたいと思います。

表紙もカッコいい

それがコチラ。
Drive: Vehicle Sketches and Renderingsという洋書です。
内容は、クルマを題材にしたコンセプトアートの画集、
といったかたちになっていて、デザインスケッチからリアルなレンダリング、
また、3Dによるモデリング、レンダリングなども掲載されています。

amazonで2,750円(英語版)だったのですが、内容はもう価格以上で、
まさに、買ってよかった!、と、思わせる逸品でした。

レンダリング

ページをめくるたびに、カッコいい、と、思わず声を上げたくなるほど。
デザインスケッチもところせましと網羅されていて、
ボディラインを決定していく過程もおのずとわかります。

ダニエル・サイモンの「コスミックモータース」も、
私としては感動的な本でしたが、このDriveも、
それに勝るとも劣らない内容を持つ、メカ好きには必携の画集です。
この本をもっと以前に購入していれば、先のPC雑誌トビラ絵も、
もっと違ったものになっていたのではないかと思います。
(資料本って、やっぱりたいせつですね)

じつは、この本、一気に見てしまうのがもったいなくて、
毎日、少しずつページをめくっていました。

今後、私のオリジナル作品作りに、
この画集は、大いなるインスピレーションを与えてくれると思っています。

ダグ・チャンのメカニカ

ちなみにこちらは、
スターウォーズのコンセプトアートやメカニックデザインを手掛けた、
ダグ・チャンの本です。

ただ、こちらは、メカニックの紹介というより、
作画の方法などを示した指南本となっており、期待したものとは、
ちょっと違っていました。
しかも、掲載されたメカは、アート・オブ・スターウォーズ・エピソード1に
収録されていたものと多くが重複しており、作品集として見た場合でも、
私としては、新鮮味にも欠けるものでした。

ただ、記事を翻訳すれば、きっと、
イラスト制作にヒントとなることがたくさん発見できるのではないかと思います。
(私の英語力ではとてもかないませんが…)

いずれにしろ、こうした洋書をネットで買う場合は、中身の確認が出来ず、
かといって、書店で中身を立ち読みすることもできず、
(私が住んでいるのは田舎なので、洋書を店頭に置いている書店などないのです)
購入には、不安も多く感じます。

ですが、満足いくものに出会えると、もう一生モノです。
また、amazon等では、本の中身も掲載されている場合が意外に多く、
本選びのさいには、大いに助かる場合もあります。

今後もまた、同様の洋書画集のレポートを、
このブログにアップできれば、と、思っています。
ご期待ください。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/393-9ff3d31f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)