上田城への道

夏の忙しさも、ここにきて、ようやく峠を過ぎた感があり、
日常の生活にも、少しばかり時間に余裕が出てきました。
そんなわけで、昨日の日曜(7月29日)は、
ひさしぶりに、遠出してみることにしました。

とはいえ、この酷暑のなか、エアコンのない、
しかもオーバーヒートの危険があるMINIでは、
とても出掛けられず、結局、ヨメのクルマでのドライブとなりました。

今回、目的地としたのは、真田昌幸、真田幸村親子の居城であった信州の上田城。
そして、さらに時間と気持ちに余裕があれば、上田から足を伸ばして、
軽井沢まで行ってみようということになりました。

梅雨は開け、いよいよ酷暑日が続くようにあり、この日曜も、
厳しい暑さの到来が予報されていました。
が、長野県は晴天となるものの、雷注意報が広く発令されており、
ときには、雨になるものと思われました。

ですが、やはり、上田城には行ってみたい、ということで、
目的地はそのままに、朝10時、飛騨高山を出発することとなりました。
出動車はヨメのプジョー。運転もヨメの担当です。

まず、国道158号線に乗り、ひたすら東の長野県を目指します。
県境の平湯温泉で、安房峠に乗り入れます。

今年最初の安房峠越え

安房峠を通るのは、今年においては、今回がはじめてです。
今年は、なにかと忙しくて、ドライブの回数自体が減ってしまったため、
この夏の時期に至るまで、安房峠を訪れることがなかったのです。

木漏れ日を見ながらの峠越え

のぼり始めた当初は、さほど陽射しがなかったのですが、
しだいに陽の光が差し始め、美しい木漏れ日が見られるようになりました。
トンネルの開通とともに、交通量が激減したこの峠道ですが、
それでも、この美しい景観を楽しみたい人たちは少なからずいるようで、
細い道のそこかしこに、停車しているクルマが見受けられました。
(ただ、見通しの悪い細いカーブでの停車は危険です)

天候はやがて快晴に

こうして、安房峠を過ぎ、まずは松本市を目指します。
空はいよいよ晴れ渡り、陽射しもますます強くなってきました。
エアコンをかけてさえなお、ムッとする暑さを感じてしまいます。

松本市の市街地に入る手前で、国道19号線へと乗り換えて北上します。
次に目指すのは、上田市へと至る国道143号線への分岐点です。

松本から上田に行くためには、三才山トンネルを通るのが、
最も効率がいいのでしょうが、三才山トンネル、および、
その手前にある松本トンネルは、有料道路のため、
今回は、国道143号線を通ってみることにしました。

このルート、じつは十年ほど前に通ったことがあるのですが、
当時の記憶はもうあやふやで、しかも、道路環境も変わっており、
「こんな道だったっけ?」と思うこともしばしば。
が、やがて道が細く曲がりくねった山道になると、記憶も蘇ってきました。

青木村の道の駅「あおき」にて

経由地である青木村で、小休止。
こちらには、以前にはなかった道の駅がありました。
ロングドライブのさいは、トイレに苦労することもあるのですが、
そんなさいに、道の駅の存在は大助かりです。

上田城到着

こうして、ほどなく上田城に到着。
いうまでもなく、城はすでにないのですが、櫓などは復元されていて、
かつての栄華を偲ばせます。

この城は、真田昌幸、真田幸村親子の居城として知られており、
とくに、関ヶ原の戦いのさいには、
中山道を通って関ヶ原に到達しようとする徳川秀忠の軍勢を、
わずかな兵で撃退したことでも、その名を馳せているのではないかと思います。

結局、秀忠は上田城攻略をあきらめ、急ぎ、関ヶ原へと向かいますが、
天下分け目の関ヶ原の戦には間に合わなくなってしまいました。

その後、真田幸村は不遇の時を過ごしますが、
大阪冬の陣のさいには、ふたたび、豊臣方に付き、
大阪城前面に要塞「真田丸」を構築して、攻め寄せる徳川軍を大いに苦しめ、
また、大阪夏の陣では、最後まで家康に肉薄し、
日本一の兵(つわもの)の名をほしいままとします。

戦国期の歴史には疎い私でも、真田幸村の武功について、
いくらかは知るところであり、これもひとえに、
幸村公の偉大さを物語るものだと思います。

西櫓

こちらは、復元された西櫓です。
シックな色合いがいいですね。

赤備えの兜

真田幸村といえば「赤備え」ということで、
巨大な赤い兜が、真田神社境内に鎮座していました。
兜に付けられた六文銭は、デザイン的に見ても、モダンでカッコいいですネ。

戊辰戦争の碑

上田城本丸の址には、戊辰戦争にまつわる碑が建てられていました。

こうして、上田城趾公園をあちこち見て回ったのですが、
なにしろ、この日は酷暑日ということで、見て回るのもたいへんでした。
夏のお城巡りはともすればちょっと危険かもしれません。
次回、もし、この上田城に来ることがあるとすれば、
そのときは、夏場は避けたいと思ってしまいました。

そんなわけで、上田城を早々に後にし、
次に、いよいよ軽井沢まで向かってみることにしました。
道案内の青い看板に従い、国道18号線を南東にひた走ると、
やがて、路上に、軽井沢町という表示が見えてきました。

そして軽井沢へ

すでに東京まで170キロ強…。
このあたりは、すでに関東圏という雰囲気ですネ。
田舎者の私は、ただそれだけで、うかれてしまいます。

こうして、軽井沢に到着したのですが、その後は渋滞に遭遇。
なかなか前に進みません。
時刻はすでに夕方…。
時間はムダにしたくないところですが、いうまでもなく土地勘はありませんし、
カーナビがあるとはいえ、不用意に脇道に入るのも得策とは思えず、
ジリジリと貴重な時間を過ごすこととなってしまいました。

静かな森

そうこうするうちに、どうにか旧軽井沢に到着。
が、駐車場も思うように空いておらず、路上で不意に止まるわけにもいかず、
とりあえず、旧三笠ホテル方面へ。
このあたりまでくると、人通りはぐっと減り、
あたりのたたずまいは静かで落ち着いたものとなります。

三笠ホテル

とりあえず、旧三笠ホテルに行ってみますが、見学時間はなんと午後4時半まで。
このとき、すでに4時半過ぎ…。
タイムオーバーで見学できませんでした。

十年近く前、私はひとりでこの旧三笠ホテルを訪れたことがあるのですが、
そのときもタイムオーバーで見学できず…。
はからずも、今回も同じ過ちを繰り返すこととなりました。
(進歩のない私です)

その後、私としては、旧軽井沢をブラブラと散策したいと思っていたのですが、
長時間の運転に疲れ、また、人混みを好まないヨメから拒否されてしまい、
すったもんだの末に、結局、このまま、帰ることに…。

多大な時間をかけ、この軽井沢までやってきたのに、
滞在時間は十分ほどに過ぎません。
(私は、人の集まっているところが大好きです)

緑のなかを流れる川

ちなみにこちらは、旧三笠ホテルそばの川のあたりです。
静かな森の中にカフェもあり、とてもいい雰囲気です。
今回は、このまま涙を呑んで帰ることとなりましたが、
いつか、この軽井沢を心ゆくまで満喫してやる、と、
眼下の景観を眺めながら、心に強く誓うのでした。

旧軽井沢

こちらは旧軽井沢の中心部。
夏休み期間中であり、日も長いため、まだまだ多くの人が出歩いていました。
タンデム型の自転車に乗って街を走る人も多数…。
そんな楽しそうな人たちの姿を見ていると、ふたたび、私の胸には、
次回こそは、この軽井沢をイヤというほど満喫してやる、という思いが
ふつふつと込み上げるのでした。

帰りは、行きとはルートを変え、佐久、岡谷、を経由してみることにしました。
というわけで、国道18号線を離れ、佐久にさしかかったのですが…。

突然の豪雨

佐久に到着する頃から、急激に空が暗くなり、まもなく、大粒の雨と雷鳴が…。
短時間のうちに急激に雨は強くなり、道は雨水で溢れ返ります。
MINIだったら、ディスビに水がかからないかと、肝を冷やしたと思います。
それにしても、天気予報はズバリ的中ですね。

その後、雨脚は急激に弱まったり、また強くなったりを繰り返しましたが、
稲妻の黒々とした雲間を頻繁に照らし、いままでの青空がウソのような、
破壊的な空模様になりました。

しかしながら、進むにつれ雨は止み、空に明るさが戻ってきました。
このまま岡谷方面に向かって進むつもりでしたが、途中でビーナスラインに入り、
松本へと降りることにしました。

ヴィーナスライン

ビーナスラインに到着した頃は日の落ちる寸前という状態で、
見る見る闇が迫っていました。
しかも、雲も低く垂れ込めていて、景色なんてまったく見えませんでした。

その後、松本市まで行き、波田町、安曇野市を経由し、岐阜県へと帰ってきました。
ひさしぶりのロングロングドライブで、とても楽しかったです。
帰宅時間は午後10時少し前…。
走行距離からみれば、かなり早い帰宅かも知れません。

暑い夏を過ぎたら…、夏休みの混雑期を過ぎたら…、
今度こそ軽井沢を満喫したいです。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/405-7bfd4d58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)