筋肉図/頭部側面

2012年7月に、成美堂出版さまより発売された、
『ぜんぶわかる 筋肉の名前としくみ事典』の、
各種メディカルイラストを担当させていただきました。

今回、私が担当したのは、メインとなる全身の筋肉図1点と、
各章の冒頭に登場するイメージ図18点、
加えて、頭部の各筋肉図28点の、合計47点となっています。
(その他のイラストは、別のイラストレーターの方が、それぞれ担当しました)

昨年(2011年)出版された、同じ成美堂出版さまの、
『ぜんぶわかる 骨の名前としくみ事典』でも、私は、
総計47点のイラストを描かせていただきましたが、今回の、この筋肉の本については、
各章冒頭のイメージイラストが、とても難易度の高い手間のかかるもので、
したがって、前回より、はるかに厳しいお仕事となりました。

筋肉図/頸部

こちらが、各章の冒頭に登場するイメージイラストの一部です。
(このイラストは、頸部の章に登場するイラストです)
イメージイラストは、それぞれの章で解説される筋肉を、
ひとつにまとめたかたちとなります。

なにぶんにも、筋肉という組織は、重なり合って存在しているため、
それらを描ききるには、骨のイラストとは比べものにならないほど、
とても手間がかかります。

筋肉図/胸部

先にも述べたように、骨の名前としくみ事典と同じ出版者さんですので、
前回描いた骨のイラストは、可能な限り、踏襲して使っています。
ですが、これら各章のイメージイラストについては、流用できる骨は少なく、
結局は、今回、新たに描き起こしとなりました。

納期的な面でも少々厳しさを感じましたが、
それでも、なんとか、全体のクオリティを維持したまま、
すべての作業を終えることができました。

筋肉詳細図/側頭筋

こちらは、頭部の章のなかに掲載されている筋肉の詳細図です。
(イメージイラストではなく、解説記事と共に載せられているイラストです)
この頭部詳細図については、骨の名前としくみ事典で制作した、
頭蓋骨のイラストが、広く流用でき、作業も比較的スムーズに進みました。

それにしても、頭部だけで、さまざまな筋肉が重層的に存在しており、
いつもながら、人体の精緻さ、複雑さ、神秘性に、驚くばかりです。

筋肉の名前としくみ事典/表紙

ちなみに、amazonのサイトはコチラです。
● ぜんぶわかる 筋肉の名前としくみ事典

本の正式な名称は、
ぜんぶわかる 筋肉の名前としくみ事典—部位別にわかりやすくビジュアル解説
と、なります。
大きさはA5版です。

FBページ

また、facebookでも、この本のイラストを公開中です。
● facebookページ / 野林賢太郎 / illustrator Kentaro Nobayashi

このfacebookページでは、さらに多くのイラストを、
より大きな画像で紹介していますので、ぜひ、ご覧ください。
(facebookページには、今回のお仕事の他にも、さまざまな情報を掲載しています)

筋肉図/全身像

今後も、こうした、医学専門書籍のイラストを、広く手掛けて参ります。
(現在も、別の書籍のイラストが進行中です)

また、折りを見て、このブログで、
そうしたお仕事の紹介もしていきたいと考えておりますので、
今後とも、ご期待をいただければ、さいわいです。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/406-a46f627f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)