戸隠神社参道

ここのところ、ずっと仕事ばかりで、
恒例のお出かけもままならない状態でしたが、
今回は、そんな鬱憤を晴らす意味で、ちょっと無理をして時間を作り、
春に続いて、ふたたびの長野旅行に行ってきました。

この旅行、じつは、数ヶ月前から計画していたのですが、
いざ行こうとすると、仕事の面で予想外の事態が発生するなど、
思うように時間を作ることができず、
一時は、この調子じゃ中止かも、とも思ったのですが、
どうにか、うまく時間を調整することができました。

しかも、お天気も上々。
台風が発生したとの情報もありましたが、こちらについてもまた、
さいわいなことに、旅行期間中に日本に近づくことはないとのことで、
穏やかな秋の空の下を、旅することができそうでした。

そんなわけで、今回の出動車は私のMINI。
ひさしぶりのロングドライブとなりました。

今回は、まず長野市を目指すことになったわけですが、
最短のコースは取らず、ちょっと遠回りしてみることにしました。
ここ飛騨高山から長野市を目指すのであれば、
まずは、岐阜県と長野県の県境の安房トンネルを越えて松本に入り、
そこから国道19号線に乗り換えて北上するのが、一般道を通る場合の、
最適のコースです。
ですが今回は、とりたてて急ぐ旅でもないため、
ドライブがてら、大回りの上田市経由のコースをとってみることにしました。

平湯温泉のあたり

穏やかな天気の中、朝10時少し前に出発。
まずは東の県境である平湯を目指しました。
そこから、トンネルではなく、安房峠を越えてみようと思ったのですが、
あいにく、峠は工事のため通行止め。
仕方なく、トンネルを通って長野県側へ出ました。
たしかに、トンネルを通るとかなりの時間短縮になるのですが、
景色を楽しむということはなく、ちょっと物足りない思いもします。

その後は、松本に入り、ほんの少し国道19号を北上。
次いで、国道143号線に入って、一路、上田を目指します。
この国道143号線は、軽井沢に行った時にヨメのクルマで通った道ですが、
これでも国道なのかな、と思わせる、かなりの山道です。
(この道の写真を撮っておけばよかったのですが、残念ながら、
 結局、一枚も取らずじまいでした)
が、この道もMINIは難無く踏破。
上田市に入ってからは、進路を北にとり、長野市を目指します。

長野市に入ったところで、まずはジーンズを買うことにしました。
もちろん、ジーンズなど地元でも買えるのですが、
時間があるこの機会に、お店に立ち寄ることにしました
というわけで、長野市のケーズタウンというショッピングセンターによって、
テナントで入っているライトオンに行ってみました。

当初はリーバイスを買うことにしていたのですが、
店員さんの見立てで、made in Nipponというブランドの品を買ってきました。
細めのもので、ヨメにも高評価。
自分でも気に入っています。
ついでにシャツも買ってきました。
こちらはヨメのお見立てです。

まずは善光寺へ

その後はホテルにチェックイン。
そしてすぐに、まずはチラリと善光寺に寄ってみました。

夜は長野駅周辺をブラブラ。
ゆっくり食事をしたりして、ひさしぶりにのんびりしました。

さて、翌日は戸隠神社へと向かうことに。
当初は、どのルートを通って戸隠に向かうか迷いましたが、
結局、最短の時間で行ける浅川ループ橋を通ることにしました。
が、このループ橋に至る途中で渋滞。
ここで、ことのほか時間を食ってしまいましたが…。

浅川ループ橋を越えて戸隠へ

渋滞を抜ければあとはスムーズ。
お天気にも恵まれ、緑のなかを快適にドライブできました。

戸隠でのMINI

今回は、延々と坂道を昇っても、水温計が上がることもなく、
安心して走ることができました。
ただ、20w-50の粘度のオイルは、この時期にはいまや少し硬いのか、
こころなしか、クルマが重く感じました。

ほどなくして、宝光社に到着。
長野市側から戸隠神社に向かった場合、
この宝光社が、戸隠神社五社(宝光社、火之御子社、中社、九頭龍社、奥社)
のなかで、一番最初に出会うお社となります。
が、この日は土曜日ということもあり、宝光社の駐車場は満杯。
運良く一台だけ空きがあり、そこにMINIを止めることができましたが、
この調子だと、中社、奥社は、もっと混雑しているかもしれません。

戸隠神社/宝光社

と、先のことを心配しても仕方ないので、まずは宝光社を参拝。
が、いつものことですが、この宝光社の石段はキツいです。
もう、息は切れるし、足は上がらなくなるしで、
まさに這々の体で石段を登ります。

こうして、宝光社参拝を終え。
次に目指すのは火之御子社ですが、この火之御子社には、
満足な駐車場はありません。
であるならば、この宝光社の駐車場にMINIを置いたまま、
火之御子社まで歩いていこうか、とも思ったのですが、
歩くには少々距離があり、また、道中はずっと登り坂となります。
そんなわけで徒歩での火之御子社参拝はあきらめ、
(というより、ヨメにより却下された、というほうが正確です)
とりあえず、MINIで、火之御子社まで向かってみることにしました。

が、実際にいってみると、火之御子社にはクルマが一台止まっているのみで、
難無く駐車ができました。これは僥倖といえるかもしれません。

ただ、もともと、この火之御子社を訪れる人は少ないらしく、
そもそも駐車にはあまり困らないのかもしれませんが、
宝光社でさえ混雑していたので、このとき、火之御子社に、
すんなりと駐車できたのは、やはりラッキーだったと思います。

さて、その次に向かったのが中社。
が、こちらの駐車場はすでに満杯。
土曜日の戸隠神社の混雑は、いまや、かなりのもののようです。
では、どうするか…。とにかくクルマを進めると、道案内の警備員さんに、
戸隠スキー場駐車場に向かうよう指示されます。

戸隠神社スキー場

このスキー場駐車場から、シャトルバスが運行されているとのことでした。

そしてスキー場に到着。そこにすぐバスがやってきて、待ち時間なく、
中社へと向かうことができました。

戸隠神社/中社

というわけで、やっとで中社到着。
まさか、バスに乗ってここまでやってくることになろうとは、
当初は、思いもよりませんでした。

そして次に、奥社へと向かおうと思ったのですが、
秋のこの時期、バスは、中社から奥社へと直接向かうことはなく、
鏡池を経由して行くとのことです。

というわけで、バスを待ち、鏡池へと向かうことに。
鏡池にはいままで行ったことがなく、立ち寄ってみたい気持ちもありましたが、
やはり、早く奥社に行きたい、という気持ちのほうが強く、
鏡池では下車しないことに決めました。

立ち寄った鏡池

こちらがその鏡池。バスの中からの撮影です。
戸隠の紅葉はまだいまひとつですが、この鏡池周辺は、
紅葉の始まりを垣間見ることができました。

そしてバスは次の停車場である奥社へ。
こちらも、やはりというべきか、かなり混雑していました。
ですが、駐車場が満杯、という状態でもなさそうでした。

ついに戸隠神社奥社到着

さて、いよいよ奥社参拝へと向かいます。
今年は、春に続き、二回目の参拝となりますが、それでも、
心躍ります。

大好きな参道

大好きな参道です。
春にこの地にやってきたとき、この参道は深い雪に覆われていました。
ですがいまは、いつもの参道に戻っています。
土を踏みしめ、奥へ奥へと向かいます。
戸隠にきてよかったと思う瞬間です。

杉並木の道

そして隧神門を越えると、壮麗な杉並木が目の前に現れます。
この光景を、再び見ることができたことに、感謝の念が込み上げます。

こうして道を進むにつれ、道は登り坂となり、
息も上がってきます。

道は上り坂に

この日は、また紅葉シーズンに入った土曜日ということもあり、
路上には多数の参拝者の姿があり、なかには、転倒する人もいました。
混んでいるなかでは、自分のペースで道を登るのは難しく、
それがために、かえって転倒を誘う結果となっているようでした。

路上にはところどころ石段があるため、いざ転倒となれば、
大きな危険を伴います。
もし、これから、戸隠神社奥社に向かおうとお考えの方がおられましたら、
道中、充分に気をつけてください。
可能であれば、混雑する土日は避け、平日の参拝をお勧めいたします。

こうしていよいよ奥社に到着。
手水舎で手と口を清め、奥社と九頭龍社に参拝します。
この日は参拝客が多いため、列を作って順番を待つかたちとなっていました。
ですので、ゆっくり参拝する、というわけにはいきません。
それでも、ここまできてお社の前に立てるのは、うれしいことです。

当初は、あまりの混雑のため、戸隠神社五社すべてを回るのは、
不可能ではないか、とも思ったのですが、
これですべてお参りすることができ、感激もひとしおです。

そしてふたたび来た道を戻り、あたりを散策していたところ、
ちょうど、戸隠スキー場駐車場へ行くバスがやってきました。
というわけで、ふたたび待ち時間なしで、バスに乗ることができました。
今回は、最初から最後まで、ラッキーでした。

そして、この夜、
善光寺の「十夜会-じゅうやえ」を見学させていただいたのですが、
それはまた次の記事で詳しくご紹介したいと思います。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking
関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/410-063af812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)