賑わう善光寺

さて、信州旅行記もこれで最後となります。
日曜日の朝、どういうわけか5時という時間に目が覚めてしまった私は、
この機会に、善光寺のお朝事(おあさじ)に行ってみることにしました。
このとき、ヨメも目を覚ましていたのですが、
(私がゴソゴソと支度を始めたので、目を覚ますのも当然かもしれませんが)
前日の戸隠神社での石段昇りがかなりこたえているようで、
とてもこの早朝に善光寺まで行くのは無理とのことでした。

というわけで、私ひとりで、善光寺へと向かいました。
途中、権堂という、長野市の歓楽街を通ったのですが、
この朝まで飲んでいる人がいるらしく、空が白み始めたというのに、
路上には、まだ、嬌声が飛んでいました。

時刻は5時半少し過ぎ…。
それでも、表参道に出ると、キビキビとした足取りで、
善光寺へと向かう人の姿が、ちらほらと見受けられました。

こうして、善光寺前の石畳通りに入ったのですが、なんと、
すでに開いているお店も、わずかですがあり、
人の姿も、思いのほか多く見かけました。
さすが、善光寺のお朝事は有名なようです。

早朝の善光寺へ

何度も泊まりでこの長野にきている私ですが、お朝事に行くのは今回がはじめて。
ですが、このお朝事にこないなんて、やっぱりもったいなかったと、
このときは、いたく感じました。

朝早い時間でも人の姿が

そして、前日の十夜会のときと同じように、本堂前に集まった人は、
徐々に列を作り、お数珠頂戴の準備に入ります。

こうして、今回も無事、お数珠を頂戴し、その後、本堂内へと入り、
お経に聞き入ることとなりました。
朝の凛とした空気の中で行われる法要は、前日の十夜会とはまた違った趣で、
ふたたび、貴重な体験をさせていただきました。

それにしても、この早朝に、善光寺を訪れていた人は、
どの人もとても敬虔な人ばかりで、
善光寺境内の各所にある仏像や、周辺の寺院に、
きちんと手を合わせたり、お辞儀をしたりしていました。
そんな様子を見ていると、こちらも、同じように、
手を合わせてしまいます。

その後、ふたたびホテルに戻り、今度はゆっくりとシャワーを浴びたり、
テレビを見たりしながら、身支度を整えました。
午前10時前にはチェックアウト。
ホテルの駐車場は、チェックアウト後の駐車もOKとのことでしたので、
そのまま、この日二度目の善光寺詣でをすることになりました。

再び善光寺へ

好天に恵まれた日曜の善光寺は、やはりかなりの人出でした。
やっぱり善光寺のネームバリューはすごいです。

そして今回は、拝観料を払って本堂に入り、お参りをさせていただくと、
有名なお戒壇巡りもさせていただきました。
前回と同じように、今回も、お戒壇巡りは賑やかなものでした。

こうして、一連の善光寺詣でをすませると、今度は、
MINIに乗って、妙高高原までドライブすることとなりました。

前回の長野旅行のさいも、妙高高原には行ってみたのですが、
恐ろしいほどの濃霧に覆われていて、何も見ることができなかったのです。
ですが、晴天の今回は、妙高のあちらこちらを、見物できそうでした。

新潟県へ

こちらは、県境です。
妙高高原というのは、なんとなく、長野県にあるようなイメージでしたが、
実際には、新潟県にあるんですね。
(新潟のみなさま、すみません)

当面の目的地は、十年以上前に、ひとりで訪れたことがある、
いもり池だったのですが、案内看板は乏しく、
道に迷ってしまいました。

が、途中で、素敵な場所を発見。
というわけで、速攻、立ち寄ってみることにしました。

妙高高原にて

ここは、妙高高原スカイケーブルターミナルのあたりです。
それにしても、ここまでよく登ってきました。
MINIはがんばりました。

スカイケーブル周辺

このあたりは赤倉という地名だそうです。
はるか山の上にはホテルがあり、このホテルからの眺めは、
さぞかし素晴らしいだろうと思われます。
いつか、泊まってみたいものですね。

その後もいもり池を捜してMINIで走りましたが、折しも、
運良く、いもり池への案内看板を発見。
というわけで、どうにかいもり池に行くことができたのですが…。

いもり池はかなりの賑わいで、駐車場はいっぱいのように見受けられました。
これでは駐車は難しいかな、と思っていたら、空きのある駐車場を発見。
難無くMINIを止めることができました。

いもり池到着

こちらがいもり池です。
独身時代、先代MINIに乗って、このいもり池をひとりで訪れた時のことが、
思い出されました。
いまはヨメといっしょにくることができたわけで、
なんだか、感慨深いものがあります。

素晴らしい眺め

このいもり池は、周囲を取り囲むように歩道が設けられ、
とても美しく整備されています。
湖面には蓮が浮き、なんとも風光明媚です。

こうして、いもり池を満喫し、いよいよ、帰路につくことになりました。

当初は、このまま、上越まで行き、そこから、国道8号線に乗り、
糸魚川を経由して富山市に至り、高山へと帰ろうかな、と、思っていました。
ですが、国道8号線は、滑川から富山までのあいだが、
走っていて、あまり楽しい道ではありません。

ですので、ふたたび長野市まで戻り、そこから、
国道406号線を通って、白馬に行き、大町、安曇野を経由して、
高山へと帰ろうと思いました。

国道406号線

というわけで、長野から白馬へ向かう国道406号線を通ったのですが、
この道、かなりの山道で、しかも延々と続きます。
ドライブコースとも言い難く、結局、時間の無駄にしか、ならなかったようです。

それにしても、今回の旅も、ほんとうにとても楽しく、
また、有意義でした。
ですので、帰り道は、ブルーになってしまいます。

また、二泊くらいの旅行に出掛けたいものです。



コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/412-2bf5a354
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)