秋の一之宮

気がつけば、11月ももう終わり。
早いもので、今年もいよいよあと一ヶ月余りとなり、
いままでよりも、気忙しく感じられるようになりました。

今年は、いつもの年よりもずっといそがしく、
そんなわけで、時の流れも早く感じたものですが、
残り少なくなった2012年を、最後まで、有意義に、
充実して過ごしたいと思っています。

などといいつつも、毎日、バタバタしていて、何を考えるまでもなく、
あっという間に過ぎてしまうのですが…。
(まあ、仕事が忙しいというのは、充実しているといえますが)

ところで、今月は、11月には珍しく、半ばにまとまった積雪があり、
あたりは、真っ白になってしまいました。

11月の半ばに雪

こちらは、私の仕事部屋の窓から見える景色ですが、
もう、完全な冬景色でした。
私が住むここ飛騨高山では、11月に雪が降ることは、決して珍しくはないのですが、
中旬の時期に、ある程度まとまった積雪があるというのは、
例年、あることではなく、今年の雪の状況はどうなるのかと、
ちょっと心肺にもなります。

もっとも、その後は、冒頭の写真のように、すでに雪はかけらもないのですが、
ときならぬ秋の雪に、ちょっとびっくりしたものです。
(朝、通勤する人は、冬タイヤへの交換に苦労したと思います)

雪と紅葉が混在

とはいえ、この時は、雪と紅葉を同時に見ることができ、
思いがけず、秋と冬の混在する景観を楽しむことができました。

そんなわけで、我がMINIも冬支度。
といっても、タイヤ交換ではなく、車体下部やタイヤハウス内に、
錆び止め剤「ノックスドール」を吹き付けておきました。
タイヤを外してのかなり面倒な作業ですが、冬の道は、
クルマには有害な融雪剤が撒かれてしまうため、これをやっておかないと、
どうにも安心して走れません。

このときは、ついでにグリスアップもしましたが、
作業中、両手はアブラまみれとなってしまい、こんな状態では、
カメラを手に取ることはできず、写真を撮ることはできませんでした。
すみません。

まあ、この作業をしたとしても、各所に侵入する融雪剤を、
完全に防ぐことはできませんが、それでも、しっかりとやっておくに、
越したことはありません。

プジョー106

さて、もう一方の我が家のクルマ、ヨメのプジョー106ですが、
こちらは、つい先日、ちょっとした問題を起こしてくれました。

先週の金曜、実家に行っていたヨメが、
(ヨメの実家は同じ岐阜県の南西部にあり、クルマで3時間半の距離です)
この106に乗って、我が家へと向かっていたのですが、
そのさい、下呂温泉付近で、マフラーからの騒音が、大きくなったというのです。
というわけで、クルマを止めて車体の下を覗き込むと、
触媒からサイレンサーへと伸びるパイプが、ポッキリと折れていたそうです。

といっても、エンジンを含む機関系には何も異常はないわけで、
走行には問題ないはずなのですが、このとき、ヨメの心も折れてしまったらしく、
あと一時間弱で帰り着けるというのに、この場で、運転を断念。
そのままクルマを放置するのも不用心ということで、下呂警察署に、
事情を説明して、クルマを署内駐車場に置かせていただくことになりました。

時刻は、夜七時過ぎ。
ヨメからのエマージェンシーコールを受けて、MINIで、
下呂までヨメを迎えにいくこととなりました。

このときは、プジョーの故障程度が、
いまひとつよくわかっていなかった私ですが、いざ、下呂についてみると、
「この程度ならぜんぜん自走できるじゃん」と、思ったものでした。

でも、ヨメは、すでに夜遅いし、
こんなに騒々しい音がするクルマで家に帰ると、
近所迷惑だし、という気持ちらしく、結局、この日は、
警察書の方に事情を説明して、プジョーを置いて、MINIで帰ることにしました。

テンサンは下呂で

その後、日曜の午前中になって、もう一度MINIで下呂まで向かい、
そこから、ヨメがプジョーを自走させて、
いつもお世話になっている修理業者さんのところまで、運ぶこととなりました。

で、実際、走ってみたわけですが、
たしかに、ブロロロロっと勇ましい音がしますが、人が振り返るほどうるさくはなく、
警察署のみなさんからもおとがめはなく、とりたてて問題はなさそうです。

マフラーが…

ただ、サイレンサーがだらりと下にさがっており、
この点が、気がかりではありました。
(写真では、いまいちその様子がわかりにくいかもしれませんが)
が、サイレンサーの固定はかなり強固になされており、
50km程度の走行なら、なんとかなりそうです。

無事、自走完了

というわけで、無事、運び終えました。
ただ、代車は出払っているため、用意できないとのことで、
しばらくは、ヨメはクルマなしの生活を余儀なくされることとなりました。

また、プジョーが戻ってきたら、
どこかに行ってみたいです。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/415-2c03667a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)