ポーランドポスター展

いよいよ12月も下旬となり、
2012年も、ほんとうにあとわずかとなってきました。
すでに本ブログで何度も申し上げていることですが、
今年はほんとうにいそがしく、お休みがとれないこともあったのですが、
なんとか、去年と同じように、この年末も、
クリスマスイブに名古屋に行くことができました。

とはいえ、去年同様、クリスマス寒波に見舞われ、
雪国であるこちらでは、道路状況が危ぶまれることとなったのですが、
思いのほか、天候もよく、難無く、出発することができました。
今回の出動車はヨメのプジョーで、運転もヨメです。

また、今年は、クリスマスイブは三連休の最終日にかかっていて、
名古屋はなおのこと賑やかそうです。
というわけで、朝10時半少し前に自宅を出発。
時折、青空の覗く空のもと、スムースに名古屋に入ることができました。
今回は、翌日の25日に名古屋で所用があるので、
市の中心部である栄にあるホテルに泊まることにしました。

名古屋栄

今回の名古屋での目的のひとつは、ロフト名古屋で開かれている、
ポーランドポスター展にいってみることでした。

このポスター展は、
第二次大戦後の1950年代から60年代に制作された作品を集めたもので、
年代的には、アンジェイ・ワイダ監督の「灰とダイヤモンド」と重なるものがあり、
個人的には、とても興味深いものです。
(もっとも、灰とダイヤモンドの舞台設定は、終戦直後と思われるので、
 正確には、1950〜60年代という時代区分には入らないかもしれませんが…)

展示会場は、ロフトの4階にあるコレクションギャラリーです。
もっとも、会場には、今回のポスター展とは関係のない常設展示らしきものがあり、
アールデコデザインの電化製品や、
未来の乗り物の模型などが展示されていました。

巨大水上機

ドルニエの水上機を彷彿とさせるような巨大飛行機や、
南満州鉄道のあじあ号のような、パシナ型蒸気機関車の模型が展示されていました。
どれも、大好きな造形ラインですので、もう、写真を撮りまくりです。
レトロフューチャー系メカを生み出すさいの、格好の資料になりそうです。
(この模型もほしいです)

パーキングビル型展示ケース

が、この展示ケースは、パーキングビルのような巨大な構造部になっており、
個々の展示品を納めたケースが、モーターで駆動して、
次々に入れ替わるようになっています。
ですから、好みの展示品が降りてくるまで、じっと待っていなくてはならず、
ちょっともどかしいものでした。

ポーランドポスター1

さて、こちらが肝心のポスター展なのですが、
社会主義リアリズム系の作品とでもいうのか、
独特の雰囲気とスタイルを持っています。

ポーランドは第二次大戦のさいに、ナチスとソ連から侵攻を受け、
国土のすべてを占領されてしまいました。
その後、シコルスキ将軍の亡命政府がロンドンに作られ、
1944年には国内の亡命政府支持者が蜂起を起こします。
が、この試みは結局ナチスによって鎮圧され、
シコルスキもイランで飛行機事故にあい、亡くなってしまいます。
その後、ソ連軍がナチスを駆逐してポーランドを解放しますが、
新たに作られた親ソ政権のもとでは、国民に真の自由は訪れませんでした。

灰とダイヤモンドもそうですが、近代ポーランドの文化は、
巨大な抑圧にあらがう力とでもいうべきものから、
発祥しているようにも思えます。

ポーランドポスター2

居並ぶポスターには、西側にはない独自のカラーとセンス、
ビジュアルに満ちています。
そのなかには、体制に対するそこはかとないメッセージや、
レイアウトの妙を垣間見ることができます。
ポーランド語のタイポグラフィも、いまの私たちにとっては、
ストイックな新鮮さを感じさせるものです。

作家たちのプロフィール

クリスマスイブのひととき、華やぐ喧噪の中で、思う存分、
これらの作品を堪能してきました。
ちなみにこのエキシビションは無料で、しかも、
フラッシュさえ炊かなければ、撮影もOKです。

Polish Poster '50/'60 ポーランドポスター展

会期は来年1月6日までというこなので、お近くの方は、
ぜひ、見に行っていただきたいと思っています。

さて、その後は、名古屋の街をブラブラ。
やっぱり都会のクリスマスは華やかで、気分も盛り上がります。

サンタ軍団

と、そのとき、路上からけたたましい爆音が…。
ふと、そちらに目をやると、バイクにまたがったサンタの軍団がいました。
新手の族の集会か、とも思ったのですが、みなさん陽気に、
歩道を行く人に手を振っていました。

それにこたえて、街行くカップルなどはカメラでサンタ軍団の姿を、
納めていました。
クリスマスイブらしい、なんとも微笑ましい光景でした。

テレビ塔前の公園

こちらは、去年も訪れたアカリナイトの会場です。
今年も多くの作品が展示されていました。
夜の久屋大通公園をぼんやりと照らす無数の灯り…。
いい雰囲気ですネ。

夜のテレビ塔

こうして、今年もクリスマスイブを大満喫してきました。
ただ、寒波のせいか、名古屋にしては、冷え込みはきびしく、
また、少し風もあったため、なおさら寒く感じられました。

とはいえ、雪が降ることもなく、終日おだやかな天候で、
とてもありがたかったです。

来年もまた、こうしてイブを過ごせたらいいなと、
まだ一年も先のことを、ふと思ってしまいました。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking

関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/417-126061c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)