イブの名古屋の街

早いもので、2012年も、あとわずかとなりました。
くどいようですが、今年は、ほんとうにとても忙しい年で、
そのためか、いつもの年より、ずっと時の経つのが早く感じられました。
この年末も、クリスマス後に、年をまたぐ新規の仕事が入り、
そのため、仕事納めの日が、今日までずれ込んでしまいました。

まあ、いってみれば、実りの多い年でもあったわけで、
たいへん充実していた、ともいえます。
きたるべき新しい年も、今年と変わらず順調にいってくれれば、と、
切に願うばかりです。
(あまりに忙しいのもちょっとつらいのですが…)

さて、当ブログでは恒例となっている一年の振り返りですが、
今年も、最後の締めくくりとして、行ってみたいと思います。
一口に一年といっても、じっくり遡って思い出すと、
いろいろなことがありました。
とはいっても、今年は、オデカケネタやドライブネタは、いつもの年よりも、
ずっと少なかったと思います。

善光寺山門

そんな状況だったにもかかわらず、春と秋に長野旅行に行けたのは、
とてもラッキーでした。
もっとも、春も秋も、仕事がかなり押していて、実際に行けるかどうか、
かなり不安だったのですが、なんとか時間をやりくりできました。

隧神門

こちらは、四月半ばの戸隠神社の様子です。
春とはいえかなりの積雪量で、この雪を踏みしめて、奥社まで向かいました。
雪景色の参道は独特の雰囲気で、いままで知らなかった、
まったく別の戸隠神社の姿を見る思いでした。

こうしていま改めて写真を見ていると、
ふたたびこの地に行きたいという気持ちが、
強く込み上げてきます。

夜の善光寺

また、秋の長野旅行のさいは、善光寺の十夜会(じゅうやえ)を、
見学することができました。
夜、本堂のなかで聞く読経の声は、昼間では味わえない荘厳さがあり、
また、ほんのりとしたろうそくの明かりは、
心を高揚させる魅惑的な力がありました。

翌日の早朝には「お朝事」にも行くことができ、
とても内容の濃い旅行となりました。

この春と夏の長野旅行が、今年いちばんの思い出かもしれません。

上田城到着

おでかけやドライブがいつもの年より少ない今年でしたが、
それでも、長野県には、比較的、よく行きました。
こちらは信州の上田城です。
このあと、軽井沢までちょっと足を伸ばしましたが、
その軽井沢では、ほんの十分程度滞在しただけ…。
(渋滞に巻き込まれて、大きく時間をロスしてしまいました)
次回は、もっと軽井沢を堪能したいです。

ちょっと休憩

また、ビーナスラインも行ってみました。
青空の下、高原を縫うように伸びる道を、MINIで走り抜けるのは、
最高の気分でした。
こちらも、また行きたいですネ。

夜のテレビ塔

そして、このクリスマスイブも、思いっきり楽しむことができました。
(このネタは、前回、書いたばかりですが)
いまでは、名古屋でイブを過ごすのが、我が家の恒例行事として、
定着しつつあります。

筋肉の名前としくみ事典

お仕事のうえでは、メディカルイラストを大量に描きました。
こちらは、筋肉の名前としくみ事典のイラストです。
思えば、このお仕事が、多忙なこの一年の幕開けのようなものでした。

人体のしくみと病気がわかる

そして、この年末に発売された人体のしくみと病気がわかる事典にも、
多数のイラストを描かせていただきました。
(そのぶん、3DCGのお仕事の度合いは、いくらか減ったかもしれません。
 ですが、3DCGのお仕事のほうが、経済的に得るものが大きかったと思います)

MINIのオイル交換

ちなみに、今年は少し出番が少なかった我が家のMINIですが、
この年末に、オイル&エレメント交換をしました。
(オイルは、バルボリンの鉱物油10w-40にしました)
いまは冬ということもあって、なおさら出番は少ないのですが、
来年も、またどこか遠くへ、MINIで行きたいと思っています。

そんなわけで、繰り返しになりますが、
今年は、昨年にも増して、とても充実したよい年でした。
来年もできればよい年になればと、いまから、願うばかりです。

また、当ブログをご覧くださっているみなさま、
今年も、お付き合いをいただき、ありがとうございました。
新しい年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。




コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking



関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/418-b8081ba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)