伊良湖岬灯台

さて、三河を巡るドライブの第二回です。
明けて翌日、この日の目的地は、渥美半島の突端にある伊良湖岬となりました。
というわけで、ふたたびプジョーに乗り出発。
空には、最初のうちこそ、
どんよりとした鈍色の雲がいくつか垂れ込めていましたが、
走るにつれて、次第に晴れてゆき、
やがては、すっきりとした青空が広がるようになりました。

ただ、前日に引き続き、風だけはとても強く、
わずかでも車外に出ると、震え上がるほどの強烈な寒さに襲われます。

私たちが住む飛騨高山は、この時期、マイナス10度以下になることもあり、
冷え込みの度合いは、三河地方とは桁違いといってもいいくらいです。
ですが飛騨では、冬場に風が吹くことはほとんどなく、こうした強風による冷えは、
寒さには慣れっこのはずの私にも、まさに耐え難いものでした。
それでも、青空の下のドライブは気持ちのいいものです。

伊良湖のプジョー208

折しも、海が見える絶好の場所があり、
プジョーを止め、車体に出てみたのですが、このときの風の強さは、
もはやハンパないもので、吹き飛ばされそうになりました。
しかも、砂浜からは砂が吹き付け、口のなかはシャリシャリする状態に。
写真をほんの数枚撮って、一目散に退散しました。

その後、道の駅「クリスタルボルト」に到着したのですが、
ここでも強烈な風は変わることなく、もはや、
外にいるのは苦痛以外のなにものでもありません。
とはいえ、意外と多くの人で賑わっていました。

そんなわけで、もはや長居は無用と判断し、
今度は、渥美半島の南側を走ってみようと、国道42号線に乗り入れたのですが、
その直後、海側に続く横道を発見し、急遽、そちらに入ってみることにしました。

伊良湖岬

こちらにも駐車場があり、その向こうには、岬を巡る遊歩道が続いています。

青い空、青い海、絵に描いたような美しい光景ですが、
とにかく、風が強い…、ものすごく風が強いです。
それでも、ここまで来たからには、伊良湖岬灯台まで行ってみよう、
ということになりました。

伊良湖岬遊歩道

こうして、大強風のなか、ジリジリと歩を進め、
なんとか、灯台まで辿り着きました。

こうして見ると、とてもいい眺めですが、当時は、
身を縮めながら、そして寒さと風で涙目になりながら、
やっとの思いでこの写真を撮りました。

強風の吹き荒れる砂浜

砂浜にはカップルの姿もありました。
若いってすばらしいですね。
愛する二人には、この強烈な寒風も気にならないようです。

こうして、這々の体で伊良湖見物を終え、
次に目指すのは静岡県の浜松です。
国道42号線を東に向かって走り、その後、国道1号線に入り、
浜名湖を越え、ひたすらに走ります。

国道1号線

静岡県側に入った直後の国道1号線は、まるで高速道路のようで、
遠く砂浜を見渡すことができ、まさに、胸のすく思いでした。

浜松市

浜松には、今回はじめてやってきましたが、
意外と都会なので、驚いてしまいました。
(ただ、国道1号腺を降りて浜松市の中心にやってくるまで、
 またしても、道に迷ってしまいました)

ここ浜松での目的は、ジオラマ作家である山田卓治さんの作品を展示した、
ジオラマファクトリーに行ってみることでした。

ジオラマ作品1

こちらがそのジオラマファクトリーの展示作品です。
順路の最初の一角は、昭和の雰囲気が漂うジオラマ作品が並べられていました。
TVチャンピオンという番組で放映された作品も展示されていました。

ジオラマ作品2

ガンダムや宇宙戦艦ヤマトのジオラマもありましたが、
やっぱり、ジオラマといえば、ミリタリーモノですネ。
とくにこのパリ開放のジオラマは、雰囲気満点でした。

というわけで、思う存分ジオラマファクトリーを楽しんできました。

ちなみに、この浜松でも風の強さは相変わらずで、
この日は、終日、寒さとの戦いに明け暮れた、という感じです。
前回も書きましたが、
今度は、もっと暖かい時期に、もう一度、三河、浜松を訪れたいものです。





コチラをクリックしてくださるとうれしく思います。
FC2 Blog Ranking


関連記事
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nobayashi.blog66.fc2.com/tb.php/425-3e70bdce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)